■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
濃飛バス、2203番が岐阜へ
世間では今日からゴールデンウィークですが、私は特に関係なく、土日のみ休みです。

さて、今日の夕方、岐阜高山線に濃飛バスの新車2203番が入っていると聞いて、仕事の帰りにちょっと見てきました。
DSCN02045.gif

DSCN02046.gif

DSCN02048.gif

DSCN02051.gif

この新車、他のバスのように飛騨の観光地の広告が入っていないせいか、非常にシンプルな印象を受けました。

スポンサーサイト
その他、バス | 20:48:54 | トラックバック(0) | コメント(4)
川合車庫の今
1つ下の記事と関連しています。

上之保温泉ほほえみの湯を出た後、久しぶりに岐阜バス川合車庫を訪ねてみました。
DSCN7009.gif

DSCN7010.gif

もう今では泊まり勤務こそはありませんが、川合車庫始まり川合車庫終わりの勤務はまだ存在しているようです。
DSCN7011.gif

自主運行バス関上之保線が到着しました。
2008年10月の改正で岐阜上之保線は岐阜関線、関上之保線に分断され、中型車ばかりしか来ないようになってしまいました。
DSCN7012.gif

DSCN7013.gif

船山行きの巡回バスが到着です。
DSCN7015.gif

DSCN7016.gif

撮っていたら明ヶ島行きの巡回バスも到着しました。
DSCN7017.gif

あっという間に2台とも出発していきました。
DSCN7019.gif

2009年3月までは岐阜バスがメロディーバスを使って運転されていた船山行きや明ヶ島行きのバスはすっかり様変わりしていました。鳥屋市行きは見れませんでしたが、おそらく同じような感じだと思います。


その他、バス | 22:06:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
関市乗り合いタクシー
今年の10月から関市で初めて採用されたデマンドバス。4路線で運行を開始しました。
運行当初から興味があり、一度乗ってみたいと思っていました。
これは各便の始発バス停発車時刻の1時間前までに電話にて予約を受けた場合のみに運行するシステムとなっています。
4路線のうち2路線は片循環ですが、時刻表にも注意書きが書いてあるように、途中のバス停で乗降の予約がなければ、各停留所間を最短距離で結ぶ運行になるので、通常の路線バスのように1周して、乗ったバス停で降りるということは、何よりも予約の際に、は?ってことになってしまい、ちょっと難しいだろうと思っていました。
となれば、やはりどこか目的地を決めなければならないです。
そこで目的地を決め、乗車バス停までは友人に折り入ってお願いをし、車に乗せてもらい、乗ってみることにしました。
DSCN0495.gif

時間が近づき、バス停で待っていると、バス停とは反対側にワゴン車が到着。これは違うバスかな~?と思っていたら、運転士が降りてきて、○○さん(←私の名前)ですか?と。
あれ、乗り場は反対側ですか・・・。
DSCN0501.gif

私の他には1人利用がありました。
マーゴ前を出ると、時刻表に書いてあるルートは通らず、この方の目的地を最短距離で向かい、続いて、私の目的地と、時刻表では20分ちょっとかかるところをわずか10分足らずで到着しました。
これで運賃は100円。距離にして約5キロほど。タクシーだと、信号など引っ掛かったりすれば、1000円近くはかかるんではないでしょうか・・・?同じ距離を普通の乗合バスで乗っても、300円くらいはするんではないでしょうか…?
そう考えればずいぶん安いです。

高齢社会が進む一方で、路線バスの統廃合も進んでいる中、このようなデマンドバス、今後、ますます増えてきそうな気がします。

その他、バス | 23:46:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
再び谷合へ
今日はほぼ1日中、雨が降り続いていました。
そんな中、今日は水曜日・・・ということで、先日の乾線のバスを見るため、再び谷合まで行ってきました。
普通に谷合まで行っても面白くないなぁと思っていたところ、先日、家族がうすずみ温泉へ行った帰り、国道418号の尾並坂峠を越え、山県市塩後へ抜けたとの話を聞いたので、、そのルートを辿ってみることにしました。
このルートは地図上で見ていて以前から知っていましたが、実際に通ったのは初めてでした。

ちなみに樽見まで自分の車で行ったのも初めてでした。
樽見から国道418号線を山県市方面へと向かいましたが、峠道に差し掛かるまでの道幅は広く、峠もそんなに険しいものではありませんでした。
DSCN0396.gif

峠を越え、2、3キロほど走ると、岐阜バス岐北線の終点、塩後のバス停が見えてきました。
結構ゆっくり目に走って、樽見から15分くらいと意外に近かったです。
DSCN0397.gif

この辺りはこんなバス停があります。
DSCN0400.gif

CIMG2706.gif

谷合まで降りて来て、まず待機場を覗いてみると、乾線のバスがいました。
米野というバス停は山県市役所の近くにもあり、それと間違われないようにか、柿野経由、米野行きというような書き方になっていました。
DSCN0401.gif

そして谷合のバス停まで来ると、ちょうど神崎線の神崎行きのバスが発車待ちしていました。
神崎線の方向幕ですが、「谷合⇔神崎」の幕しか見たことはなく、「神崎」単独の幕は初めて見ました。
DSCN0406.gif

なんとか目的は達成したので、この後は高富方面へ向かいました。


その他、バス | 21:35:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
山県市自主運行バス乾線
月末にとある発表をすることになり、このところその打ち合わせ等でバタバタとしており、その合間を縫ってあちこちをうろうろしています。

今日も13時からその打ち合わせで、それまでは自由だったので、某掲示板で話題となっており、なおかつ先日から気になっていた、11月から運行を開始した山県市の自主運行バス乾(いぬい)線沿線を車で回ってきました。
なぜ車か?というのも、時刻表を見ると、運行日は月水金の週3日。ここまではまあ問題ないですが、よくよく見てみると、午前中に米野から谷合まで3本、午後に谷合から米野まで3本というダイヤで、折り返し乗車ができないのです。
なので、車でその沿線を見てくることにしました。

まずは谷合へ行き、待機中の神崎線のバスに挨拶です。
DSCN0329.gif

谷合にはここからもう少し南へ行ったところに待機場があり、ついでに覗いてきました。
ちょうど岐阜からのバスが谷合へ到着、待機場へと来ました。
DSCN0331.gif

11月からは循環線ハーバスも谷合発着となり、ここで待機するようになったようです。
DSCN0332.gif

乾線のバスは美山支所がある谷合から発車します。
DSCN0337.gif

谷合を出ると、まずは国道418号線を南下し、途中から旧道に入ります。
そこからしばらく行くと、岐北線の徳永バス停があり、ここから左折して、県道196号線で洞戸方面へ行きます。
DSCN0338.gif

最初はこのような狭い道を走っていきます。
DSCN0343.gif

2キロほど走ると、次第に道が広くなります。
DSCN0349.gif

そして、国道256号線との交差点へ出ます。これを左折します。
DSCN0350.gif

この交差点の全体です。乾線は左から来て、柿野方面へ進みます。以前からこの先の道は気になっていました。
DSCN0368.gif

真っすぐ進むと、乾公民館や乾小学校などがあり、地区の中心になっているようです。
DSCN0351.gif

しばらく走ると、気味悪そうな山道へ入っていきます。
DSCN0357.gif

路線も終盤に差し掛かると、左側に某掲示板で話題になっていた、バスの廃車体がありました。
DSCN0359.gif

そして終点の米野に到着です。バスはおそらく右側の空き地でUターンするものと思われます。
DSCN0361.gif

ちなみにこの先は行き止まりのようで、バス停の手前にこのような注意書きがありました。
DSCN0365.gif

何とも狭い道が連続しており、狭盤路線が好きなものにはたまらないです。ですが、個人的には神崎線の方が狭いかな・・・?と思いましたが。

なお、今回は時間の都合で肝心の乾線のバスは高富営業所への回送とすれ違っただけで見れませんでしたが、1枚目に載せたものと同じタイプのバスが使われていました。
バスはまた都合をつけて見てきたいと思います。


その他、バス | 22:16:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。