■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
阪急乗りつぶし
大阪到着後はほとんどノープラン状態、どこへ行こうかと思いましたが、これまで全く手を付けたことのない阪急の乗りつぶしをすることにしました。
阪急梅田へ行き、阪急と阪神が全線乗れる「阪急阪神1dayパス」(¥1,200)を購入しました。
三ノ宮、宝塚、京都、どこへ行こうか迷いましたが、とりあえず一番先に発車しそうだった各駅停車の雲雀丘花屋敷行きに乗車しました。
DSCN00591.gif

雲雀丘花屋敷到着後は後から来た急行宝塚行きで宝塚へ、お腹が空いたので、到着後は昼食を摂りました。

昼食後、駅前を見渡していると、「宝塚温泉」なるものを発見。ちょうどどこかで温泉に入りたいと思っていたので、迷わず行ってみました。ナチュールスパ宝塚です。
裸浴はぬるめの銀宝泉と熱めの金宝泉の2種類あり、交互に入るとよいと書いてあったので、その通りにしてじっくりお湯に浸かりました。
DSCN00595.gif

サッパリした後は駅へ戻りました。雨がぱらついていました。
DSCN00596.gif

宝塚からは各駅停車の西宮北口行きに乗車しました。
10分前に行ったばかりなのですが、入線後、あっという間に席が埋まり、さらに宝塚線の急行が着いて、立ち席も少々出て発車しました。
実はこの路線、中学の修学旅行で乗ったので、全く初めてではないです。運転席後ろでかぶり付きをしていると、かすかに覚えがあるところが何箇所かありました。
DSCN00598.gif

西宮北口からは同じ今津線に乗り換え、今津まで往復してきました。今津線同士なのに西宮北口は端から端まで移動でした。
DSCN00599.gif

今津まで往復した後はまだちょっと早かったので、神戸本線で三宮まで行きました。乗車した普通三宮行きは新しい車両でした。
DSCN00601.gif

三宮から特急大阪梅田行きに乗車しました。これで一気に大阪梅田まで戻りました。
大阪梅田までの所要時間は27分、本数も10分に1本とJRの新快速より多いですが、車内は混雑しており、運転席後ろでかぶり付きをしました。
JRの新快速のようには飛ばしませんが、直線が多く、100キロ前後をほぼ維持していました。

十三からは京都線、宝塚線の線路が並走、終点の大阪梅田は10面9線という構造、頭端式なので、ずらーっと並んで車両はなかなかのものでした。
DSCN00602.gif

あまり切符の元が取れていない気がしますが、この日の乗りつぶしはここまで、まだまだ阪急は路線が多いので、少しずつ乗りつぶしていきたいと思います。

ちょっと小腹が空いたので、新梅田食堂街の「はなだこ」へ行きました。おろしポンズのたこ焼きを食べてみました。サッパリしていて美味しかったです。
DSCN00603.gif

223系に乗ってみたかったので、大阪から新快速京都方面野洲行きに乗車し新大阪まで、地下鉄に乗り換えてなんばへ移動しました。

この日は気分を変えて近鉄特急で帰ることにしました。特急券窓口は長い行列ができていましたが、買わないと乗れないので並びます。15分ほど並んでようやく買えました。
そして大阪難波からは17時00分発、名古屋行きノンストップ特急アーバンライナーに乗車しました。久々のアーバンライナー乗車でした。
DSCN00612.gif

時間的に混んでいるかと思いきや隣はおらず、大阪上本町、鶴橋と停車しても、それほど乗ってくる客はおらず、少々空席もありました。
鶴橋を出ると、次は終点の名古屋です。隣は来なかったので、一先ずは難波で買った住吉だんごなるものを食べました。
列車は年末に普通列車で乗りつぶした区間を通り抜けていきます。
大和八木を通過してから寝入ってしまい、気が付いたら、もう三重県に入っており、久居の手前でした。よく寝ていました。

終点の名古屋には2分程遅れて19時09頃到着、JR乗り場へ移動して、特別快速大垣行きに乗車しました。
6両編成でしたが、休日とあってか、立ち席は少ししか出ていませんでした。
特別快速大垣行きは定刻通り岐阜へ到着、これにて今回の旅行は終了です。
今回は悪天候で予定通りには行かないだろうとある程度の覚悟をしていましたが、思いの外、天候もよく、スムーズに行くことができてよかったです。

(おわり)


スポンサーサイト
2011年2月 鉄道旅行 | 21:28:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
ありがとう特急雷鳥号
臨時急行能登で定刻通りに金沢へ到着した後は、改札内の特設ブースへ行き、特急券を提示し、雷鳥のピンバッジをもらいました。
DSCN00565.gif

ボンネット型、非貫通型、パノラマ型の3種類あり、ボンネットか非貫通型かで迷いましたが、自分にとって雷鳥のイメージが強い非貫通型にしました。
提示した特急券には雷鳥をイメージした判子が押されました。
DSCN00619.gif

もらった後は改札を出て、コンコースで行なわれている雷鳥引退記念のパネル展を見てきました。
そしていよいよ7時10分発、特急雷鳥8号に乗車です。
DSCN00576.gif

入線から発車まで5分程しかなく、少々慌しかったです。
ホーム端には撮影者が15人程集まっており、駅員さんや警備員さんが警戒にあたっていました。
DSCN00586.gif

DSCN00588.gif

8分前に特急サンダーバードが出て行きましたが、こちらは小松、福井、京都、新大阪のみにしか停まりませんが、雷鳥8号は小松、加賀温泉、芦原温泉、福井、鯖江、武生、敦賀、近江今津、京都、新大阪と主要駅に停まっていきます。
ダイヤ改正後はどちらもサンダーバードを名乗ることになりますが、停車駅が異なるサンダバードとなりそうです。

直前にみどりの券売機で見たところ、指定席は窓側はほとんど埋まっていましたが、金沢発車時点ではまだ半分も座席は埋まっていませんでした。
発車後、早々に検札実施。みやこ列車区の客室乗務員さんが行なっていました。
雷鳥8号は先行のサンダーバードが停まらない駅に細々と停まって行くので、福井まで来ると、直前にみどりの券売機で見た通り、窓側はほとんど埋まっていました。
各駅到着の際、見ていると、自由席に結構列ができていたので、自由席は満席になっていたかもしれません。

この日の北陸地方は数日前の予報に反して、晴れ間が広がっており、各駅のホームや沿線ではカメラを向ける人の姿が多く見受けられ、廃止が近いことを感じさせました。

武生を発車後、しばらくして、緊急停止。どうやら先の踏切で非常ボタンが一時的に取り扱われたため緊急停車したようです。
現場に5分程停車、安全確認後、運転再開しました。
この後、1月末に大雪が降った今庄付近を通過、まだまだしっかりと雪が残っていました。今庄には朝、直江津で先に道を譲ってもらった日本海が停車していました。
時間的にもう湖西線にいなければならない時間なので、50分近く遅れていたようです。

北陸トンネルを通過し、敦賀を約6分遅れて発車、ループ線を通り抜けると、新疋田で、やはりここにも20人ほどが集まっているのが確認できました。
近江塩津から湖西線へ。遅れていたので、結構スピードを出していました。
しかし、6分の遅れはそう簡単には回復しません。やはりそのまま遅れを関西へ持ち込み、約5分遅れて終点の大阪へ到着しました。
京都で同じみやこ列車区の車掌さんと交替したのですが、大阪到着時には丁寧に客室乗務員さんに送り出してもらいました。

大阪到着後はすぐさま普通列車に乗り換え、 隣の塚本で乗ってきた雷鳥を撮影しました。
DSC_3890-2.gif

(つづく)


2011年2月 鉄道旅行 | 21:38:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京経由で金沢へ
●2月11日(金)~12日(土)
岐阜からは20時12分発、普通列車の岡崎行きに乗車しました。
311系4両編成、先頭車両に乗車しました。稲沢付近で車掌が巡回に来たのですが、なんか見たことある人だと思ったらなんと同級生でした。びっくりでした。
名古屋到着前、最後部車両まで行き、もう一度見てみると、やはり間違いなさそう、名古屋で交代のようなので、ホームで引き継ぎが終わるのを待ち、声を掛けると、本人でした。
DSCN00513.gif

名古屋からはのぞみ58号東京行きに乗車しました。
乗車券、特急券などは全てこの日の夕方に購入したのですが、指定した列車は全て窓側の席が取れ、どの列車も余裕があったようです。
この乗車したのぞみ58号は2人掛け窓側はほぼ満席でしたが、3人掛けはガラガラでした。
DSCN00518.gif

名古屋発車後の放送で、降雪の影響により、新横浜-品川で速度を落とすため、品川、東京到着が4分前後、遅れると予告がありましたが、特に速度は落としていた素振りはなく、終点の東京には22時33分に定刻通り到着しました。
DSCN00519.gif

東京からは山手線内回りで今夜の宿の始発駅、上野へ向かいました。なぜか山手線は5分ほど遅れており、山手線にしては珍しく待つ羽目になりました。
DSCN00521.gif

まだ少々時間があったので、上野では翌日の食料を調達。高崎線は23時台でも遠くまで行く列車があります。
DSCN00524.gif

能登の入線の5分ほど前にホームへ行くと、すでにホーム端には能登の入線を待つカメラを持った人で賑わっていました。
入線を見届け、ホームへと入ります。これまで上野着の夜行列車には何度か乗車したことありましたが、上野発の夜行列車に乗車するのは初めてでした。
この日の宿、臨時急行能登金沢行き、ムーンライトえちごで使われていた上沼垂の485系です。
DSCN00538.gif

なぜかしら3号車の方向幕は直江津、2号車の方向幕もムーンライトえちご新宿行きとなっていましたが、他はしっかりと急行能登金沢を表示していました。
一通り撮影した後、車内へと入ります。全体的にはガラガラ、車内はカメラや時刻表を手にした人がちらほら乗っていました。
DSCN00536.gif

上野を出ると、大宮に停車、ここでも乗車がありましたが、やはり満席にはならず、空席が目立ちました。
大宮発車後、いつの間にか寝てしまい、次の熊谷発車後にあった、おやすみ放送はかすかに覚えている程度でした。
気が着くと、2時を過ぎており、ふと窓の外を見ると、雪がしっかりと積んでありました。時間的に越後湯沢とかその辺りだと思います。

またまた寝てしまい、気が着くと、3時を過ぎており、どこかの駅に停車中。
見たことのある風景、長岡かな・・・?そんなことを考えているうちにまた寝入ってしまいました。
しばらくして目が覚めると、なんか変だな、後ろ向きに走ってるぞ・・・??やはり先程、停まっていたのは長岡、で、今、走っているのは信越線だと納得しました。

多分、時間的に定刻通りと勝手に判断し、また眠りにつきました。
また目が覚めると、今度は直江津に停車中、隣のホームには日本海が停まっていました。あれっ??おかしいぞ。日本海は能登より先に出ているはずなのに・・・。
と思っていると、当方の能登が発車。定刻通りに出たようです。日本海の車掌さんがうらめしそうにこちらを見ていました。

直江津を出ると、この先は糸魚川、泊、入善、黒部、魚津、滑川と急行らしく細かく停まっていきます。

「皆様、おはようございます。今日は2月12日土曜日です。列車は時刻表通りの運転を行なっております。あと10分程のご乗車で富山に着きます」
時刻表通りの運転をしていることは知っていましたが、この放送を聞いてホッとしました。何とか予定通り、雷鳥に間に合いそうです。
乗車している車両の顔ぶれは上野、大宮発車時と変化はなく、10人くらいしか乗っていませんでした。

富山、石川県境付近は結構雪が残っていましたが、金沢の街へと近づくにつれて、徐々に減っていきました。
外はだいぶ明るくなり、臨時急行能登は定刻通り6時37分に終点の金沢へ到着しました。
DSCN00554.gif

(つづく)


2011年2月 鉄道旅行 | 20:46:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
485系三昧の旅へ
またまた急な旅行となりましたが、2月11日(金)~12日(土)にかけて、臨時急行能登と3月のダイヤ改正で廃止となる特急雷鳥に乗りに行ってきました。

当初は2月中の休みの前に、仕事終了後、最終のしらさぎで金沢入りをして、翌日、金沢から雷鳥8号に乗って大阪へ行くつもりでした。
が、どこかのサイトを見ていたら、臨時急行能登が動く日であれば、金沢で特急雷鳥8号に乗り継げるので、上野から大阪まで485系三昧の旅ができるというようなことが書かれており、調べてみるとその通りでした。
ただ、臨時急行能登は金曜か土曜しか動かないので、土曜か日曜が休みでなければなりません。2月は12日しか土曜、日曜休みはなかったため、11日に出発することにしました。

が、天気予報を見ていると、どうやら11日(金)からの3連休期間中は、特に12日(土)は日本海側は大雪になるとのことで、臨時急行能登の運転は怪しいと思い、半ば諦めムードでした。
しかし、当日、11日(金)の昼休み、ダメ元で運行情報を見ると、夜行列車の運休情報は一切なし。決行することにしました。

諦めムードとは言えども、ある程度の準備はしていましたが、きっぷの購入はしておらず、11日(金)の仕事終了後、岐阜駅へ直行してきっぷを購入しました。

申込用紙に
①2月11日、名古屋20時53分発、のぞみ58号(名古屋-東京)
②2月11日、上野23時33分発、急行能登号(上野-金沢)
③2月12日、金沢7時10分発、特急雷鳥8号(金沢-大阪)
と書いて、この3つが乗れるように岐阜から大阪までの乗車券を作って下さいと窓口でお願いしました。

どんな反応をされるか、ドキドキでしたが、極めて普通の反応で、淡々と端末と向き合い、あっという間に作ってくれました。
それがこのきっぷ、岐阜から東海道、名古屋、新幹線、東京、東北、高崎線、上越、信越、北陸、湖西、東海道経由、大阪です。
DSCN00617.gif

このルートで運賃は13,440円、これに3つの列車の特急券(急行券)を合わせて、22,720円。意外と安く済みました。
これだと前日にしらさぎで金沢入りして泊まってなどとするのとさほど変わりないです。

(つづく)


2011年2月 鉄道旅行 | 22:25:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
さらば九州
●2月4日(金) 最終日
『最終日は撮り鉄』の記事と合わせてご覧下さい※

前日、泊まったホテルの部屋はなんと22階でした。部屋からは熊本駅が見下ろせました。
DSCN00438.gif

最終日のこの日は熊本7時25分発、玉名、大牟田方面、普通列車の鳥栖行きでスタートしました。ようやく外は明るくなりましたが、どんよりとした曇り空でした。
前日までの2日間は特急ばかりに乗っていたので、この列車が今回、九州へ来てから乗った初めての普通列車でした。
通学の学生たちで車内は混んでいましたが、1つめの駅、上熊本でドサッと降りていきました。
DSCN00441.gif

木葉で降り、駅撮りしました。陽は差していましたが、外は寒く、すっかり冷えてしまいました。
撮影後は鳥栖行き2両運転のワンマン列車で大牟田まで移動、大牟田から博多行きの特急リレーつばめ34号に乗り換えました。
これが実質、最後のリレーつばめ号乗車となりました。ダイヤ改正後はこの乗り場案内の札も有明のみとなります。
DSCN00442.gif

その後は吉塚と原田で駅撮りしました。
お腹が空いてきたので、原田での撮影を一時中断して、鳥栖へ行き、美味しいと噂の5、6番乗り場の店舗でいつものかしわうどんを食べました。
DSCN00444.gif

DSCN00445.gif

かしわうどんを食べた後は、まだ少し時間があったので、再度、原田で撮影をして、二日市へ。

最終日は歴史ある二日市温泉「博多湯」へ行ってきました。たまたまよその温泉を調べていたら、この二日市温泉のことを知りました。
事前に調べたところ、温泉の目の前で停まるバスが二日市の駅から1時間に1本出ているとのことで、それに合わせることにしました。
街中にある銭湯みたいな感じのところでした。
DSCN00447.gif

入口へ入ると、硫黄臭が漂っていました。浴槽は大きな岩風呂の内風呂が1つあるのみ、鉄分が強いらしく、お湯が出てくるところは赤く染まっていました。
清潔を保った源泉掛け流し温泉ということにこだわっているようで、細かな注意書きがたくさんあるのが目立ちました。
こじんまりとしたところでしたが、落ち着いた雰囲気の温泉で、結構気に入りました。

帰りはバスの時間がうまく合わなかったので、タクシーで駅まで戻りました。途中、踏切待ちでロスタイムをしましたが、何とかワンメーターで辿り着きました。

二日市からは博多行きの特急みどり・ハウステンボス16号、かもめ24号に乗車しました。博多まで10分足らずでしたが、しっかりと検札がありました。

博多到着後は前日、下見をした店で土産を買い、博多を離れました。
自宅にはいつもの定番、福砂屋さんのカステラと、職場には、前から気になっていた「博多通りもん」を買っていきましたが、これがまた他にはない味で美味しかったと大好評でした。

3日間、何度となく通った博多駅の改札ともこれでお別れです。
九州新幹線全線開業までのカウントダウンボードはあと35日と14時間58分24秒となっていました。
DSCN00459.gif

博多からは小倉まわりの大分行き特急ソニック35号に乗車しました。
3日間、特急に乗りまくりましたが、なぜか883系には乗る機会が全くありませんでした。白いソニックもいいですが、自分はこちらの方がソニックらしい感じがします。
実質、この列車が今回、九州内で乗る最後の特急列車となりました。
DSCN00462.gif

車内では二日市で買った太宰府名物の梅ヶ枝餅を食べました。初めて食べましたが、別に梅の味はせず、あんこが入った焼餅のような感じでした。
DSCN00465.gif

当初、新幹線には博多から乗るつもりでしたが、時間があれば寄ってみたいところがあったのと、午前中に起きた「事件」の処理に行きました。
その事件とは、この日、午前中、吉塚から原田へ向かう途中で置きました。
着替えや洗面道具が入っているなど、金目のものは入ってない、旅行カバンを網棚に置いたまま降りてしまったのです。2日間、ロッカーに入れっぱなしで身軽になっていたので、すっかり忘れました。
鳥栖行きの列車だったので、鳥栖へ問い合わせましたが、届いておらず、ならばと、折り返しの列車が終点に到着した頃、門司港へ問い合わせると、なんと門司港ではなく、小倉にあるとのことで、やはり行くことになりました。

荷物も無事、受け取り、寄ってみたかったところへも行け、予定は全て消化、思い残すこともなく、九州を離れることができました。
と思いましたが、新幹線の発車までまだ少々時間があったので、最後にこれまた美味しいと噂の7番、8番乗り場の店舗でかしわうどんを食べてみました。
久々に小倉で食べてみましたが、鳥栖とはまた違って美味しかったです。
DSCN00468.gif

小倉からは17時17分発、のぞみ56号東京行きに乗車しました。
DSCN00473.gif

DSCN00475.gif

指定券はこの日の昼頃、購入したのですが、十分空いてますよとのことでした。直前にも売れていないようで車内はガラガラでした。
すぐに関門トンネルをくぐり本州へ戻りました。

行きと所要時間は同じなのですが、なぜか帰りの方が速く感じました。
各停車駅で乗車があり、岡山を出た頃には乗っていた車両の窓側席はほぼ満席に、通路側もだいぶ埋まってきました。

この日の夕食は小倉で購入した「九州新幹線全線開業記念、折尾名物特製かしわめし」、一足早く九州新幹線全線開業祝いをしました。
DSCN00479.gif

のぞみ56号は新大阪からほぼ満席となり、隣もやってきました。名古屋には20時29分、定刻通りに到着しました。ついに戻ってきてしまいました。

今回の旅のシメは名古屋20時42分発、ホームライナー関ヶ原1号関ヶ原行きにしました。実はこれに乗れるよう、新幹線も調整しました。
DSCN00484.gif

久々のホームライナー乗車、683系しらさぎ編成も久しぶりでした。
DSCN00485.gif

先行列車が少々遅れていましたが、定刻通りに名古屋を発車しました。
どういう割り当てになっているのか、埋まっている区画と空いている区画の差が激しく、隣もいたりでちょっと窮屈でした。
ホームライナー関ヶ原1号関ヶ原行きは定刻通りに岐阜へ到着、めでたく全ての行程を終えました。

今回は九州新幹線全線開業を間近に控えた中での九州旅行となりましたが、何と言っても特急列車に十分乗れ、また、ダイヤ改正で廃止になったり、動きが起きる列車や車両にも乗れて、充実した3日間となりました。
九州新幹線全線開業後には今度は「さくら」か「みずほ」に乗ってまた九州を訪れたいと思います。

(2011年2月九州旅行記・完結 )


2011年2月 鉄道旅行 | 20:43:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。