■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最後は関西へ
1回分残した18きっぷは利用期間最終日の9月10日(土)に使用して関西へ行ってきました。
今まで最終日まで残したことはなく、最終日に出かけるのは初めてでした。

●9月10日(土)
この日は土日ダイヤのため、下りの始発列車で出ても、乗り継ぎがあまりよくないため、2番列車で出発しました。
西岐阜6時43分発の普通列車大垣行きは平日だと8両編成ですが、土日は4両編成。しっかりと混雑していました。
大垣へは6時52分に5番線へ到着、大半の人は2番線から発車する6時55分発の普通列車加古川行きに乗車するため、所謂、大垣ダッシュが発生です。
この加古川行きは7月から223系と225系の共通運用になったため、225系が来ないかと期待しましたが、この日は223系でした。
DSCN04014.gif

米原へは7時32分に2番線に到着。下車して、同じホームから7時47分に発車する新快速網干行きを待ちます。
加古川行きが発車後、しばらくして入線。前8両は225系、後ろ4両は223系の編成でした。
DSCN04015.gif

DSCN04018.gif

新快速網干行きは何事もなく順調に走行、山科の辺りで睡魔に襲われ高槻の辺りまで寝ていました。
無線もずっと静かで、尼崎の辺りで一時的に電源を切って、灘の辺りで電源を入れると大騒ぎ。どうやら西明石で信号トラブルが起きたとのことした。
DSCN04022.gif

その煽りでいつの間にかこちらも少しずつ遅れ始め、神戸は約4分遅れて発車。
神戸からは本来は走らない線路を走行(要は普通と快速が走る線路です、車内放送ではこのようにアナウンスしていました)、しかも普通列車のすぐ後ろを走っていたため、明石までずっとノロノロ運転で明石には約15分遅れて到着。
大阪より西では一番走れそうな区間なのに残念でした。
明石、西明石と停車した後もノロノロ運転は続き、加古川にはさらに遅れ拡大して、約23分遅れで到着、姫路には約22分遅れて10時39分頃に到着しました。

姫路到着後は、今回の旅の目的の1つでもある「駅そば」を食べました。春以来、久しぶりの訪問です。
DSCN04024.gif

今回も天ぷらそばを食べました。相変わらずそばなのか、ラーメンなのか、よく分からないものですが、美味しかったです。
DSCN04025.gif

DSCN04027.gif

食べた後は、姫路11時12分発、新快速湖西線経由敦賀行きに乗車して大阪へと向かいます。
今度は223系の12両編成。225系に乗った後だったので、すごく狭く感じました。でも個人的にはやはり新快速=223系です。
DSCN04029.gif

姫路を定刻に発車し、順調に西明石までは来ましたが、まだ西明石で信号トラブルので快速が新快速が走行する線路を走行しているため、須磨辺りからノロノロ運転開始。
結局、神戸までノロノロ運転が続き、神戸には約12分遅れて到着。その後、一旦は回復したものの、芦屋や尼崎手前で信号減速したりしたため、再び遅れは拡大し、結局、大阪へは約15分遅れて12時28分頃に9番線に到着となりました。
DSCN04039.gif

DSCN04037.gif

大阪到着後は旭屋書店本店をちらっと覗いてきました。どうやら立て替えのため、12月で一時閉鎖するとのことです。
その後は地下鉄の一日乗車券を購入して、地下鉄の乗りつぶし開始です。
東梅田から大阪の地下鉄で一番長い路線である谷町線から手を付けました。まずは大日へと向かいます。
DSCN04042.gif

最後まで地下を走行し、東梅田から20分ほどで大日へ到着。
外へ出ると、大阪モノレールの駅やバス乗り場、イオンなどがありました。
DSCN04043.gif

暑かったので、すぐに地下へ戻り、大日からは八尾南行きに乗車して、大阪市内を縦断し、反対側の終点である八尾南まで向かいました。

約50分ほどで終点の八尾南へ到着。最後の1区間で地上へ出てきました。
DSCN04045.gif

八尾南は谷町線の車庫が駅のすぐ横にあり、間近に地下鉄車両を見ることができました。
DSCN04044.gif

線路の北側は広い空き地となっており、駅から少し歩くと八尾空港もあるようです。
DSCN04046.gif

八尾南からは谷町九丁目まで戻り、千日前線に乗り換えました。
このまま千日前線を乗りつぶそうかと思いましたが、お腹が空いてきたので、前々から気になっていたラーメン屋へ行くため小路へ。
DSCN04052.gif

小路4番出口を出てしばらく歩くと、すぐにありました。「麺屋7.5Hz」。非常にインパクトある名前の店です。
DSCN04058.gif

中華そば並。値段は450円と非常にリーズナブルでした。
とにかく太い麺と、少し辛いくらいの濃い醤油が特徴です。15時半過ぎていましたが、5人くらいお客さんが入っており、お土産を頼む人もいたりと、人気店ということが感じ取れました。
DSCN04055.gif

DSCN04056.gif

食べた後は千日前線で鶴橋まで戻り、千日前通を5分ほど歩き、6月にオープンしたばかりの「天然温泉 延羽の湯」へ行ってきました。
歩道を歩いていると、いろんな店があって面白かったです。
温泉は通りから1本入ったところに立地していました。内風呂、露天風呂とも、いろいろな種類のお風呂があり、露天風呂からは近鉄電車の音が時折、聞こえたりと、なかなかよい環境でした。
DSCN04066.gif

サッパリした後は、来た道を歩いて鶴橋まで戻り、鶴橋からは大和路快速奈良・高田行きに乗車して大阪へと向かいました。
大阪到着後は夕食です。阪急三番街の「ぼてぢゅう」へ行きました。
「ぼてぢゅう」といえば、お好み焼きですが、以前訪れた時、焼きそばも美味しそうに見えたので、今回は焼きそばを注文してみました。定番の豚肉入り焼きそばです。
ソースがよく絡んでいて、見た目どおり、美味しかったです。
DSCN04068.gif

〆には新梅田食堂街のはなだこのたこ焼き、この日は土曜日でいつもより少々安くなっていました。少し待った分、アツアツで美味しかったです。
DSCN04069.gif

食べた後は大阪駅へと向かい、帰途に就きました。
下り列車は急病人が出たとかで10分程遅れている列車がありましたが、昼間の遅れはすでに解消していました。
DSCN04070.gif

大阪からは20時00分発、新快速米原方面長浜行きに乗車しました。
15分前の野洲行きは同じ12両でもガラガラでしたが、こちらは12両でもしっかりと混雑していました。
DSCN04073.gif

DSCN04072.gif

帰りは何事もなく順調に走り、米原には21時25分、7番乗り場に到着。
米原では3分の乗り換えで、21時28分発、快速豊橋行きに乗り換えました。
こちらも8両なのに、やはり18きっぷ最終日とあってか、しっかりと混雑しており、最後部車両で何とか空席を見つけ着席しました。
DSCN04074.gif

4人掛けの座席でしたが、途中駅からの乗車はなし。ゆったりと座って来れました。
西岐阜へは22時17分、定刻通りに到着。色々ありましたが、これで2011年夏の青春18きっぷの旅は終了となりました。

この夏、使用した青春18きっぷです。何だかんだで3枚使い切ってしまいました。
DSCN04223.gif

(2011年夏 青春18きっぷ旅行紀 終わり)


スポンサーサイト
2011年7月-9月 鉄道旅行 | 20:53:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京モノレール
●9月4日(日)
目が覚めると5時30分でした。
しばらく起きていると、何やらガタガタッと音がしたので、地震か?と思ったら、東京23区で震度3でした。4階でしたが、それほど揺れは感じませんでした。
それから6時45分頃まで起きていたのですが、その後、二度寝してしまい、気がつくと8時30分。スッキリしました。

この日は11時頃まで乗りつぶしをして帰るだけでしたが、あと2時間ほどで乗りつぶせそうなところがないか、路線図と睨めっこです。
すると、浜松町から出る東京モノレールに乗ったことがないことに気づき、慌てて準備をし、チェック10分くらい前にホテルを出て京浜東北線で浜松町へ。
DSCN03985.gif

東京モノレールはモノレールにしては珍しく、普通から区間快速、快速と走っており、行きは普通、帰りは快速に乗って往復することにしました。
次から次へとモノレールはやってきます。普通は途中の昭和島で快速を退避しました。
同じ羽田空港へ向かう京浜急行線とは違い、ほとんどの区間が高架の上を走ります。運河沿いに走ったり、整備場の横を走行したりと、なかなか車窓はよかったです。
DSCN03984.gif

東京モノレールを往復した後は、快速運転中の京浜東北線で東京へ。
定番になりつつある東京ラーメンストリート、今回は「麺や 七彩」へ行ってみました。
ラーメンは喜多方ラーメン。麺は平打ち麺、スープは濃い目ながらも喜多方ラーメンらしくあっさりとしたものでした。
DSCN03988.gif

DSCN03989.gif

ラーメンを食べ、東京駅の改札へ入ると、東海道新幹線は静岡-掛川で大雨のため運転見合わせとのアナウンスが流れており、これから東海道線を下ろうとしている者にとっては何とも不吉なものでした。
東京駅構内では土産を購入、前から気になっていた「東京ポテト」にしました。下がタルトになったスイートポテト、甘いかとそれほど甘くなく、ちょっと期待外れでしたが、美味しかったです。
DSCN03991.gif

東京からは12時22分発の東海道線普通電車の熱海行きに乗車して西進を開始。前週に続き、東海道線は数少ないE217系に当たりました。
DSCN03993.gif

いつもながらグリーン車は快適で、横浜を過ぎた頃から寝入ってしまい、気がつくと国府津の辺りでした。
終点の熱海には定刻通り14時25分に到着。
熱海到着前の放送で、東海道線のこの先は一時運転を見合わせていたため大雨のためダイヤが乱れているとのことでしたが、見たところほぼ定刻通りに動いている感じでした。

熱海に降りると外は雨でした。日帰り入浴をするため、駅から徒歩2分のところにある「志ほみや旅館」へと向かいます。
この日も結構賑わっており、自分と同じように18きっぷで東海道を乗り継いでいるのか、脱衣カゴの周辺に時刻表を置いている人もいました。
ここの温泉はとても気持ちよく、いつまででも入っていられる感じのところですっかり気になっています。湯上りはポカポカするので、夏場は暑くて仕方ないですが、これからの時期、特に寒い冬場はよさそうです。
DSCN03995.gif

DSCN03996.gif

温泉でサッパリした後は、熱海から16時17分発の浜松行きに乗るため、駅へと戻ります。
が、改札の発車案内を見てビックリ。乗ろうとしていた16時17分発の表示はなく、出ているのは15時57分発と16時38分発のみ。
改札で聞いてみると、16時17分発は運休とのことで、15時57分発はすでに時間を過ぎていますが、まだ到着したばかりなので静岡方面へ行かれるなら乗って下さいとのことでした。
DSCN03999.gif

急いでホームへ行き乗車するも、出る気配はなし。しばらくすると、東京からと伊東からの列車からの接続を取り16時15分頃に発車するとの放送。
しかし、その時間を過ぎても出る気配はなく、しばらく運転を見合わせますと放送。
結局、16時25分頃になって、16時38分頃に運転を再開すると放送が入り、結局41分遅れで熱海を発車しました。

順調に進みましたが、途中、富士川と興津での間は大雨のため40キロ以下で徐行運転するとのことで、さらに遅れは拡大。見たところ、雨は小ぶりになっていました。
終点の静岡には約48分程遅れて18時05分頃に到着。
到着後は、前に3両連結し、そのまま静岡始発18時12分発の浜松行きになるとのことで、連結した前3両の車両に引っ越しした上で引き続き乗車しました。
DSCN04000.gif

先行列車遅れのため、約4分遅れて静岡を発車、回復することはなく、約4分遅れたまま19時27分頃に終点の浜松へ到着。
当初の予定では18時53分到着予定でしたので、40分程の遅れです。
もうここまで来れば一安心。お腹も空いたので、駅前で夕食後、移動再開です。
DSCN04003.gif

が、食事を終えて駅へ戻るとまたまた問題発生。乗車予定の20時13分発の浜松始発の豊橋行きは約15分遅れの表示が出ていました。
改札で状況を尋ねてみると、何でも19時33分に熱海から到着した列車が20時13分発の浜松始発の豊橋行きになるとのことで、その19時33分に到着する列車が1時間程遅れるのことでした。
何とも複雑な運用になっているようです。
DSCN04004.gif

結局、所定、19時33分到着の列車は約1時間7分遅れて到着。運転士さんは通し乗務のようで、まるで直通列車みたいにすぐ発車、約29分遅れで発車となりました。
ホームにはかなりの数の人が待っていましたが、所定、19時33分到着の列車が到着する直前に静岡からのホームライナーが到着。
この日は一旦引き上げることなく、そのまま20時45分発の豊橋行きになるとのことで、そちらに乗った人も結構おり、それほど激しい混雑になることはありませんでした。
DSCN04010.gif

回復することなく、終点の豊橋には約29分遅れて21時14分頃に到着。
豊橋からは到着したホームの向かい側8番線に停車中の21時18分発の新快速へと乗り継ぎ。最近では少なくなった311系8両編成の新快速でした。
DSCN04011.gif

もうこの先は遅れはなく、順調に進み、岐阜には22時34分、定刻通りの到着。当初の予定より1時間15分程の遅れでした。

今回は行きの「ながら」の大遅延といい、帰りの東海道線のダイヤ乱れと、トラブル続きでしたが、何とか無事に行って帰ってくることができよかったです。

(おわり)


2011年7月-9月 鉄道旅行 | 22:49:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
東武鉄道支線乗りつぶし
●9月3日(土)
この日は天気もあまりよくなさそうだったので、定時に東京へ着いたら早朝から地下鉄の乗りつぶしでもしようかと考えていたくらいでした。
しかし、予想に反して東京へ近づくにつれ天気がよくなったので、前々から行ってみたかったところを東京時刻表や記憶を頼りにして回ることにしました。

宿泊先のホテルに荷物を預けた後は、山手線で渋谷へ。
渋谷からは以前、少し手を付けた東京メトロ銀座線で浅草へと向かいます。渋谷駅は地下ではなく、高架駅でした。
DSCN03945.gif

浅草到着後、地下街を歩いていると、「文殊そば」という店があり、結構人が入っていたので入店。軽く何か食べたいと思っていたのでちょうどよかったです。
立ち食い式の店でしたが、ここは週刊誌にも載ったことがあるほどの有名店だそうです。
暑かったので冷やしたぬきそばを注文。細めのそばはしっかり冷えており食感もよく、また、出汁よく効いており美味しかったです。
DSCN03946.gif

DSCN03947.gif

食べた後は外へ出て、浅草駅周辺を散策。雷門や、今話題の東京スカイツリーを遠くから見てきました。
DSCN03949.gif

DSCN03951.gif

天気もよくなり、暑いくらいになってきたので、地下鉄乗りつぶしはやめて、東武鉄道の支線の乗りつぶしをすることにしました。
浅草からは12時21分発の各駅停車北千住行きに乗車して、2つめの駅、曳舟へ。
相変わらず浅草の駅のホーム端はカーブになっており、怖いくらいでした。
DSCN03953.gif

DSCN03954.gif

曳舟からは亀戸線の亀戸行きに乗車しました。東京都内を走っているのにワンマン運転です。
あっという間に終点の亀戸に到着。隣はJR総武線が走っていました。
DSCN03958.gif

亀戸に来たら食べてみたいものがありました。前にネットで見たことのある「亀戸餃子」です。
うろ覚えで来たため駅から反対方向に行ってしまいました。
一旦、駅へ戻り、地図をもらい、再度見てみると、駅の本当にすぐ近くの1本路地を入ったところにあり、ロスタイムしてしまいました。
DSCN03960.gif

DSCN03961.gif

店に入り、席に座るとすぐにまず餃子とカラシが1人前出てきました。
残り2個くらいになると、何も言わなくてももう1人前出てきて、1皿目に残っていた2個は、まるで手品のように、慣れた手付きであっという間に2皿目に移してくれました。

1人2人前(10個)は食べるのがルールで、多い人はビールを呑みながら1人で何皿も食べていました。
食べやすい大きさでパリッとした薄皮の餃子で、中身は野菜がぎっしり、いくらででも食べれそうな味で美味しかったです。
DSCN03963.gif

食べた後は、再び亀戸線に乗って曳舟へ。
曳舟からは伊勢崎線の急行で大師線に乗るため、西新井へと向かいました。
DSCN03967.gif

大師線はわずか1区間の支線で、しかも終点の大師前は無人駅のため、西新井の乗り換え改札で切符は回収されるようになっていました。
2分ほどで終点の大師前に到着。
高架駅となっており、西新井大師の参拝客で混むことを想定してか、ホームは片面1線しかないのに広めに作られていました。
DSCN03970.gif

外へ出ると、一時的にザーッと激しい雨が降ってきたので、すぐ駅舎内へ戻りました。
1本後の列車で西新井へと戻ります。
DSCN03971.gif

すぐの乗り換えで急行久喜行きに乗車して、終点の久喜まで向かいました。
少し時間があったので、久喜では外へ出ると、またまたザーッと激しい雨が降ってきました。薄日が差しているのに降ってくるというよく分からない天気でした。

久喜からはJR宇都宮線に乗り隣の東鷲宮へ。駅から少し歩き、もう定番になりつつある「百観音温泉」に到着です。
ここのお湯は少し熱めで、しかも源泉掛け流し。たっぷりと1時間程、温泉に浸かってきました。
DSCN03972.gif

DSCN03973.gif

東鷲宮からは久喜まで戻り、久喜からは再び東武鉄道に乗車です。
急行中央林間行きに乗車して、途中の東武動物公園まで行きました。この中央林間行きも通しで一度乗ってみたいものです。
東武動物公園からは17時20分発、東京メトロ日比谷線直通、各駅停車の中目黒行きに乗車しました。
DSCN03977.gif

北千住までの東武線区間は既乗なので、ほぼ寝て通し、北千住からの日比谷線は未乗なので起きていました。日比谷線内では聞いたことのある駅名がいくつかありました。

終点の中目黒へは19時12分に到着。
中目黒は東急電鉄の駅で、到着した向かいのホームからは横浜・中華街行きの列車が出ており、ホームは混雑していました。
DSCN03978.gif

この日の乗りつぶしはこれにて終了。日比谷線で1駅手前の恵比寿まで戻り、山手線で宿泊先のホテルがある品川へと向かいました。
夕食は品川の「麺達七人衆 品達」へ。入口の写真を見ていたら、美味しそうに見えたので入ってみましたが、食べてみると今ひとつな感じでした。

(翌日へ続く)


2011年7月-9月 鉄道旅行 | 22:15:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
大幅遅延のムーンライトながらで東京へ
残り3回分となっていた青春18きっぷ。
当初は9月2日(金)の夜のムーンライトながらで出発して、3日(土)、4日(日)、5日(月)と3連休を取り、3回分使い切る予定でした。
が、急遽、8月末に職場で1人、退職者が出て、その人の仕事を私が引き継ぐことになり、5日(月)は休むことは不可能な状態になったため、3日(土)、4日(日)の2日間と、最終日10日(土)と分けて使うことに変更。
さらに追い討ちを掛けるように、台風12号が日本列島に接近しており、2日(金)発のムーンライトながらは走るか走らないか危うい状況になっていました。走らなければ3日(土)の朝から出かけることも考えていました。

●9月2日(金)~3日(土)
仮に運休なら昼前後には発表されるはずと思いましたが、サンライズは運休の発表はされたもののムーンライトながらは発表なし。
夕方、運行情報を見ると、16時頃から西小坂井-豊橋で強風のため運転を見合わせているとのこと。1時間程で運転再開したものの、18時頃、岐阜駅へ行ってみると、下り列車に大幅な遅れが出ていました。

一旦帰宅し、準備をして22時半頃出発。マイカーは止めてタクシーで岐阜駅へ向かいました。風は強くなっていましたが、雨は降っていませんでした。
夕方の遅れはほぼ解消していましたが、「ながら」は先行列車に続いて少々遅れるとのことで、23時07頃、約8分遅れて岐阜を発車しました。
DSCN03918.gif

DSCN03919.gif

満席とのことでしたが、岐阜を発車した時点では台風の影響か空席が目立ちました。
DSCN03920.gif

順調に進み、名古屋には23時26分頃到着。
この日はJR西日本管内も強風の影響でダイヤが大幅に乱れており、JR西日本管内からこの列車に乗り継がれるお客様が後続の快速列車で名古屋駅へ向かっているので、到着をを待って発車するとのこと。
発車見込みは0時頃のとのことで、ホームに出てみましたが、すごい強風で立っているのがやっとの状況ですぐに戻ってきました。
DSCN03921.gif

DSCN03923.gif

23時55分頃、後続の快速列車が到着。見ていると、結構乗り換えてくる人がいました。
そして0時00分頃、「ながら」は快速列車より先に約40分遅れて名古屋を発車。
名古屋を出て、笠寺辺りまでは順調に行きましたが、その後、急に速度を落としだし、ついには0時13分頃、共和に停車。
停車したものの動く気配はなし。
数分後、車内放送が入り。23時33分頃から強風のため西小坂井-豊橋で運転を見合わせているとのことでしばらく抑止になるとのことでした。
外は雨が時折激しく降っており、風も吹いて横殴りに降っていました。
DSCN03927.gif

DSCN03926.gif

1時28分頃、強風が少し収まったため徐行にて運転再開。「ながら」も1時36分頃、約1時間20分抑止した共和を発車しました。
が、発車してすぐの1時38分頃、強風のため再び運転見合わせとなり、「ながら」は2時03分頃、幸田に停車。
外は風が強く吹いており、木などが揺れていました。
強風は断続的に吹いており運転再開の見込みは立っていないと繰り返し放送がありました。3時頃まで繰り返し車内放送ありましたが、以後は豊橋到着前までありませんでした。
どうやら岡崎から西小坂井にかけて少なくとも8本の上り列車が抑止されていたようです。

いつの間にか寝入ってしまい、気がつくと4時30分を過ぎたところでした。外を見ると、まだ幸田に停まっていました。もう外は明るくなろうとしかけていました。
4時40分頃から順次運転を再開、「ながら」も4時59分頃、約3時間抑止していた幸田を発車。息を吹き返したように走り出しました。
問題の西小坂井-豊橋では45キロ以下の徐行運転で走行。この後、すぐに徐行運転は解除されたようです。

豊橋には約5時間10分遅れて5時24分頃に到着。もうすでに東京へ着いている時間です。
反対側のホームには下りの「ながら」が停車していました。こちらもこの時点で1時間半以上の遅れでしたが、ネットの情報によると、その先、岡崎付近で輸送障害があり、大垣には5時間近く遅れたようです。

東京行きの「ながら」にはこんなに大幅遅延にも関わらず、豊橋では大勢の人が乗り込んできましたが、満席にはならず、自分の隣も含め空席がちらほらとありました。
豊橋では乗務員交替し、3分程停車し、5時27分頃に発車。
いつもだと豊橋発車後におやすみ放送で、静岡県内は無言ですが、この日は昼間の列車と同じように車内放送がありました。

浜松には5時51分頃に到着。浜松では時間調整のため、6時05分頃まで15分程停車するとのことで、ホームに降りてみました。
もう前夜の名古屋駅のような強風は吹いていませんでした。
DSCN03933.gif

DSCN03937.gif

隣の4番線からは6時03分発の特別快速米原行きが定刻通り発車、3番線からは0時55分発の「ながら」が約5時間10分遅れで発車しました。
もうこの先はすでに始発列車は動いており、途中、愛野では6時22分頃に到着し、時間調整のため2分ほど停車。

うとうとしていると、西焼津辺りまで来ており、外は雨が降っていました。
静岡には7時09分頃に到着。諦めて静岡から新幹線にでも乗り換えた人もいたのか、結構な数の人が降りて行きました。
2分程停車し、7時11分頃に発車。距離的にはちょうど半分で、東京には10時頃から11時頃に到着かな・・・?という感じでした。

富士には7時43分に到着。所定だと27分ある停車時間を削り、7時46分頃に発車。
続いて停車した沼津には8時09分に到着。ここでも所定だと14分ある停車時間を削って、8時11分頃に発車。
熱海へは8時22分に到着、JR東日本の乗務員に交替し、2分程停車し、8時24分頃に発車。ようやくJR東日本区間へ突入、遅れは4時間45分にまで回復していました。

しかし、熱海からは普通列車のすぐ後ろについてしまったらしく、根府川の手前からノロノロ運転。せっかく回復した遅れがまた拡大してしまいました。
天気は東へ行けば行くほどよくなっていき、平塚辺りまで来ると晴れ間が見えていました。
横浜には9時42分頃、約5時間2分遅れて到着。
品川には9時57分頃、終点の東京には結局、約5時間2分遅れて10時07分頃に到着しました。前夜、岐阜を出てから実に11時間でした。
DSCN03943.gif

静岡県内で雨や風の予報が出ていたため、当初からある程度の遅れの覚悟はできていましたが、その手前の愛知県内で抑止を食らうとは思ってもおらず、5時間も遅れるとは想定外でした。
お盆に乗車した「あけぼの」の3時間5分遅れをさらに上回り、自身最長の5時間を越す遅れを経験しましたが、今回はあの時のように予定があったわけではなかったので、ヤキモキすることもなく、そこまで長くは感じませんでした。
DSCN03944.gif

東京到着後は山手線で品川まで戻り、宿泊先のホテルに荷物を預け行動開始です。

(つづく)


2011年7月-9月 鉄道旅行 | 22:29:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
真っ直ぐに岐阜へ
無事に箱根一周の旅を終えた後は、小田原から東海道乗り継ぎの旅です。
途中の静岡ではコインロッカーに荷物が預けてあり、時間的にホームライナー浜松1号に乗れそうだったので、ホームライナーなら着席も保障されるので、小田原で駅弁を購入。
小田原から乗車した快速アクティーはいつものE231系かと思ったら、東海道線では貴重なE217系で慌てて撮影。
E217系は久しぶりの乗車でしたが、東海道線ではあまり聞き慣れない走行音で少々違和感を感じました。
DSCN03893.gif

熱海からは17時09分発、東海道線下り、函南、三島、沼津、富士、静岡方面、普通列車の浜松行きに乗車しました。
211系と313系の6両編成、熱海では2分しかなく、熱海ダッシュは比較的穏やかで、余裕で壁側の座席を確保することができました。
DSCN03894.gif

温泉に入った後ということもあってか、途中、うとうとしていると、あっという間の下車駅の静岡でした。
静岡には18時分に到着。駅構内をうろうろとして、12時間ぶりに荷物と再会し、乗り場へと向かいます。
19時13分発のホームライナー浜松1号浜松行きは373系の6両編成。
発車10分ほど前に入線。休日だし、ガラガラかと思いましたが、家族連れや18切符利用と思しき人たちでそこそこ座席は埋まっていました。
DSCN03902.gif

DSCN03913.gif

静岡を発車してすぐに小田原で購入した「鯛めし」を開封。蓋を開けると、一面、鯛でご飯がどこにあるか分からないくらいでした。
DSCN03906.gif

DSCN03907.gif

終点の浜松へは20時11分に到着。やはりホームライナーは快適でした。
到着後は向かい側に停車中の20時13分発、東海道線下り、普通列車の豊橋行きに乗り継ぎました。
こちらも6両編成で、余裕で壁側の座席確保。以前、この便に乗ったときは結構混んでいたような気がしたのですが、この日は空席が目立ちました。

豊橋では5分の乗り継ぎで、20時50分発の岡崎、名古屋方面、特別快速大垣行きに乗車しました。
列車は6両編成、8番線から向かいの7番線への乗り換えで余裕で窓側確保。
あとは岐阜まで帰るだけ。途中、何事もなく順調に走り、定刻通り岐阜へ到着。今回はこれにて終了です。

18きっぷはこの時点で残りあと3回。この残り3回は色んな意味で波乱万丈でした。

(おわり)


2011年7月-9月 鉄道旅行 | 22:19:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。