■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
記事追加しました
中途半端になっていた2012年春の青春18きっぷ旅行紀ですが、一応、書き切りました。なお、追加した分については、記事の順番上、投稿日は全て4月10日で統一してあります。

カテゴリーの2012年3月-4月 鉄道旅行からでも、以下の題名部分をクリックしてでもリンクすることができますので、ご興味のお有りの方は是非ご覧下さい。

★3月17日(土) 
 ・能勢電鉄乗りつぶし
 ・汐の湯温泉

★3月20日(祝 火) 
 ・SLが見える温泉へ

★3月24日(土)~25日(日) 
 ・ながらで東京へ
 ・富士急行乗りつぶし
 ・中央線経由で岐阜へ

★3月31日(土)~4月1日(日) 
 ・城崎温泉へ
 ・大阪へ
 ・
大阪発のひだで岐阜へ

★4月7日(土)~4月8(日) 
 ・小田原へ
 ・小田急乗りつぶし
 ・伊豆へ
 ・帰りは天城峠経由で

あと1週間で夏の青春18きっぷ発売ですね。

スポンサーサイト
2012年3月-4月 鉄道旅行 | 21:23:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
帰りは天城峠経由で
昼食後は、伊豆急下田から12時44分発、普通列車の熱海行きに乗車しました。
DSCN08050.gif

といっても、熱海まで戻るわけではなく、1つめの駅、蓮台寺で下車です。伊豆急行線はフリー切符のようなものがないので高くつきます。
DSCN08054.gif

下車後は5分ほど歩いたところにある、「千人風呂 金谷旅館」へ。
たまたま伊豆の温泉を調べていたら、ここがヒットして、なかなかよさそうだったので、行ってみることにしました。
伊豆一の木造大浴場、千人風呂がある一軒宿です。
DSCN08058.gif

DSCN08059.gif

名物の千人風呂は混浴で、パンフレット等によると、大正14年に造られ、長さ15メートル、幅は5メートルあるとのこと。
浴槽はとにかく広く、場所によって熱いところと温いところ、深いところ、浅いところがあり、端から端まで歩くだけでも結構な運動になりました。
混浴風呂で、女性も入っていましたが、結構、まわりに溶け込んでいて、それほど違和感を感じることはなかったです。

蓮台寺からは14時44分発の熱海行きの列車に乗車しました。
今度はリゾート21を使用した豪華な普通列車で、一瞬、熱海まで乗って行こうかと思いましたが、2つ隣の河津まで行き下車。
DSCN08066.gif

河津駅からは乗りバスで、15時00分発、中伊豆東海バス、河津七滝、天城峠経由、修善寺駅行きに乗車しました。
踊り子が辿ったルートを辿りながら修善寺駅まで行きます。以前に修善寺側から辿ったことがあるので、今度は河津側から乗ってみることにしました。
DSCN08067.gif

河津駅からは私の他、地元のおじさんが1人乗っただけで、おじさんも10分もしないうちに降りてしまい、早速誰もいなくなりました。

バスは河津七滝のループ橋を進んでいきます。
DSCN08068.gif

DSCN08071.gif

DSCN08075.gif

河津七滝からは観光の外国人が2人乗車、さらにその先、天城峠辺りでドサッと乗ってきたので座席はほぼ満席となりました。

うとうとしているうちにバスは修善寺の近くまで来ており、ほぼ定刻通りの16時30分に終点の修善寺駅へ到着です。

修善寺からは16時51分発、伊豆箱根鉄道、伊豆長岡方面、三島行きに乗車しました。これも以前、三島から片道だけ乗ったきりです。
DSCN08077.gif

三島からは17時37分発、東海道線下り普通列車の沼津行きに乗車し、沼津へ。東京からの直通列車だったので、E231系がやってきました。
DSCN08085.gif

沼津では食料調達して、沼津18時32分発のホームライナー浜松3号浜松行きに乗車しました。
DSCN08086.gif

3月改正で誕生した沼津発、浜松行きのホームライナー。310円払えば、長い静岡を一気に通り抜けることができ、3月号の時刻表を手にした時から目を付けていました。
列車は沼津を出ると、富士、清水、静岡、藤枝、島田、菊川、掛川、袋井、磐田にしか停まりません。
DSCN08089.gif

DSCN08090.gif

清水の手前辺りでは前がつかえていたのか、ノロノロと走っていたせいで、約4分遅れて静岡を発車。

静岡では結構乗ってきましたが、幸いにも隣は来ず、もうこの先で来ることはないだろうと確信し、沼津で買った弁当をいただきました。

駅ビルの中華料理店で買った若鶏の唐揚げ弁当。定価680円のところ400円で売られていました。味も美味しく、これははまりそうです。
DSCN08091.gif

ホームライナーは約4分の遅れは回復できることなく終点の浜松へ到着。意外と余裕がないダイヤのようです。実に快適な1時間40分でした

浜松からは所定、2分接続の20時13分発、下り普通列車の豊橋行きに乗車しました。
ホームライナーから接続を取ってくれたので、慌しく約3分遅れて浜松を発車。乗ったと思ったらすぐに発車でした。
DSCN08093.gif

終点の豊橋へは少々遅れて到着。

ダイヤ改正前は豊橋からの20時51分発、特別快速大垣行きは向かい側のホームから発車でしたが、ホーム変わって5番線からの発車となりました。
これが向かい側のホームから発車だったらもう完璧な乗り継ぎなのですが、そううまくはいきません。

岐阜へは定刻通り22時05分に到着、これにてこの春の18きっぷ旅は終了です。
DSCN09096.gif

*****

以下、メモ

大井町6:52(京浜東北線各駅停車大宮行き)→東京7:06

東京7:24(東海道線普通伊東行き)→伊東9:49
伊東10:06(伊豆急行線普通伊豆急下田行き)→伊豆急下田11:20

山麓11:45(下田ロープウェイ)→山頂11:48
山頂12:00(下田ロープウェイ)→山麓12:03

伊豆急下田12:44(伊豆急行線普通熱海行き)→蓮台寺12:48

蓮台寺14:44(伊豆急行線普通熱海行き)→河津14:53

河津駅15:00(中伊豆東海バス 天城峠経由、修善寺駅行き)→修善寺駅16:30

修善寺16:51(伊豆箱根鉄道普通三島行き)→三島17:27

三島17:37(東海道線普通沼津行き)→沼津17:42

沼津18:32(ホームライナー浜松3号浜松行き)→浜松20:11
浜松20:13(普通豊橋行き)→豊橋20:45
豊橋20:51(特別快速大垣行き)→岐阜22:05

(2012年春 青春18きっぷ旅行紀 終了)

※2012年6月24日更新※


2012年3月-4月 鉄道旅行 | 12:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
伊豆へ
●4月8日(日)
前日は早々に寝たのでよく寝れました。
ホテル出発し、大井町からは6時52分発、京浜東北線各駅停車大宮行きに乗車して、まずは東京へと向かいました。

東京へは7時06分に到着。

この日は乗りつぶしはやめて伊豆方面へ行くことにし、急いで朝食とグリーン券を購入して、東京からは7時24分発、東海道線普通電車の伊東行きに乗車しました。
東京7時24分発の伊東行きは185系を使用する普通列車として有名で、前々から一度乗ってみたいと思っていた列車です。
DSCN07988.gif

DSCN07989.gif

車内放送や駅の放送では、「この列車は特急型車両を使用していますが、普通列車として運転いたします普通乗車券、定期券、回数券などでご利用頂けます」と案内がされていました。
DSCN07990.gif

普通列車と同じく51キロ以上であれば750円払えばグリーン車に乗れます。
ただ、他の普通列車と違うのはグリーンアテンダントの乗務はなしで、普通の車掌さんが終点の伊東まで乗務して、車内改札等を行なっていました。
DSCN07993.gif

グリーン車はガラガラでしたが、普通車はかなり混雑していたようで、「本日は大変多くのお客様にご利用頂いているため混雑しており、ご迷惑をおかけいたしております」などとお詫び放送がありました。

特急型車両だけあって座席と座席の間がいつもの2階建てグリーン車に比べてメチャクチャ広く快適でした。
DSCN07994.gif

DSCN08010.gif

品川や横浜といった主要駅を発車したところで朝食。東京駅を歩いていたら、カツサンドが目に付き、結構買っている人もいたので購入しました。
DSCN07996.gif

DSCN08000.gif

途中、根府川では特急列車の通過待ちのため小休止。
が、東海道線平塚駅構内にて、お客様が線路に立ち入ったため、通過待ちの特急列車にも遅れが発生したとのことで、約9分遅れて根府川を発車です。
DSCN08008.gif

そのまま約9分遅れたまま熱海へ到着し、運転士さんは交代して伊東線へ。
伊東線の列車も少しずつ遅れてきて、結局、終点の伊東へは8分ほど遅れて9時57分頃の到着となりました。
DSCN08012.gif

伊東からは10時06分発、伊豆急行線、普通列車の伊豆急下田行きに乗車して南下していきます。こちらはほぼ定刻通りでした。
DSCN08016.gif

この日は天気もよく車窓からは海がきれいに見えました。
終点の伊豆急下田へは11時20分に到着、東京から近そうですが、普通列車ばかりを乗り継いで4時間かかりました。
DSCN08021.gif

そのまますんなり戻るのもつまらなかったので、この後は下田ロープウェイで寝姿山へ行ってみることにしました。
パンフレット等によると、この寝姿山とは、下田市内から見上げた時に、その山の形がまるで女性が仰向けに横たわっているかのように見えることから、名づけられたそうです。
駅を出てすぐのところにロープウェイ乗り場はありました。
DSCN08024.gif

山頂駅(寝姿山駅)までの所要時間は約3分、運賃は往復で1,000円、ロープウェイは15分おきに出ており、途中ですれ違う仕組みになっています。
11時45分発のロープウェイで山頂駅へと行ってみました。
DSCN08025.gif

約3分で山頂駅へ到着。ここから少し歩いて「寝姿展望台」まで行ってきました。
DSCN08035.gif

DSCN08029.gif

帰りは12時00分発のロープウェイで山麓駅(新下田駅)へと戻ります。帰りのロープウェイからは下田市内を見下ろすことができました。
DSCN08036.gif

DSCN08038.gif

下田の駅へ戻ってからは昼食。「しらす丼」というものを食べてみましたが、私には今ひとつといった感じでした。

(つづく)

※2012年6月23日更新※

2012年3月-4月 鉄道旅行 | 11:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
小田急乗りつぶし
小田原からはこれまで全く手を付けていなかった小田急の乗りつぶしを開始、13時13分発、各駅停車新松田行きに乗車しました。
私鉄の乗りつぶしもJR同様に、各駅停車の列車で最初は乗りつぶしたいところですが、見たところ小田原線では全線通しの各駅停車のような列車はないので、何度か乗り換えながら行くことになります。
DSCN07952.gif

終点の新松田へは13時28分に到着。新松田ではすぐの乗り換えで13時34分発、急行新宿行きに乗車しました。
急行とはいえ、本厚木までは各駅停車なので問題ないです。
DSCN07953.gif

4つめの鶴巻温泉で下車。一応、少し前に下調べしておいた鶴巻温泉に浸かってきました。
最初は陣屋へ行こうかとも思ったのですが、何やら着物を着た人が大勢集まっており、何とも敷居が高そうだったので、その手前の「鶴巻温泉 弘法の里湯」へ行くことにしました。
DSCN07957.gif

2時間1,000円。館内はかなり混雑しており、脱衣所の入口では何人か待っており、5分くらい並んでようやく脱衣所へ。
混雑していたのは近くで桜まつりをやっているためとのことでした。

館内放送や掲示にもありましたが、この鶴巻温泉はカルシウムがたくさん含まれているようで、体がすぐに温まりました。
DSCN07962.gif

温泉でサッパリした後は、乗りつぶしを再開。鶴巻温泉からは15時22分発、急行新宿行きに乗車しました。
DSCN07965.gif

本厚木までは各駅停車ですが、そこから急行運転になるので、本厚木で各駅停車に乗り換えます。
DSCN07966.gif

乗り換えたと思ったら2つめの相模大野で下車。
相模大野からは15時56分発、江ノ島線、大和、藤沢方面、各駅停車片瀬江ノ島行きに乗車しました。小田原線の列車遅れの影響で約4分遅れ。
DSCN07967.gif

車内は混雑しており、運転席後ろでかぶり付きながら片瀬江ノ島を目指します。途中、藤沢では進行方向が変わりました。

相模大野から約50分、16時45分に終点の片瀬江ノ島へ到着、長かったです。
DSCN07973.gif

せっかくなので駅の辺りを少し歩いてみました。いい天気でしたが、風が強くちょっと寒いくらいでした。
DSCN07971.gif

DSCN07970.gif

片瀬江ノ島からは17時06分発、急行相模大野行きに乗車しました。行きは各駅停車で来たので、帰りは急行で戻ります。
DSCN07976.gif

相変わらず少しずつ少しずつ遅れているようで、乗車した列車も遅れて到着したようで、すぐ発車でした。
急行は、鵠沼海岸、本鵠沼、藤沢、湘南台、長後、大和、南林間、中央林間にしか停まらないので速かったです。

終点の相模大野へは17時45分に到着、相模大野からは17時53分発、各駅停車新宿行きに乗車、これでタラタラと終点の新宿まで行きました。
実はここから新宿までは長かったです。
DSCN07977.gif

だんだんと日が暮れて行き、新百合ヶ丘を過ぎると、もう車窓を見るのは難しくなりました。

相模大野から約1時間、終点の新宿には18時56分に到着。
DSCN07979.gif

この日の乗りつぶしはここまで、小田急の小田原線と江ノ島線を制覇することができました。小田急は小田原線、多摩線、江ノ島線の3路線しかないので、残りは多摩線だけです。
多摩線はまたの機会にでも乗りつぶしたいと思います。

新宿からは19時06分発、中央線快速東京行きに乗車して東京へ。

東京で夕飯にしようと思いきや、お目当ての店が改装工事か何かで営業しておらず、予定変更。
ラーメン屋はどこも行列、お目当ての店以外、考えておらず、どうしようかと思っていたら、東京駅で東北地方の駅弁を並べてタイムサービス全品200円引きで売っていたので、弁当を買ってホテルで食べることにしました。

「米沢牛炭火焼 特上カルビ弁当」です。肉は柔らかく、いかにも炭火焼って感じで美味しかったです。
DSCN07981.gif

DSCN07985.gif

*****

以下、メモ

岐阜6:53(東海道線新快速浜松行き)→浜松8:42
浜松9:10(普通興津行き)→島田9:53
島田10:03(普通熱海行き)→熱海11:59
熱海12:27(普通東京行き)→小田原12:48

小田原13:13(小田原線各駅停車新松田行き)→新松田13:28
新松田13:34(急行新宿行き)→鶴巻温泉13:50

鶴巻温泉15:22(急行新宿行き)→本厚木15:32
本厚木15:37(各駅停車新宿行き)→相模大野15:53

相模大野15:56(江ノ島線各駅停車片瀬江ノ島行き)→片瀬江ノ島16:42
片瀬江ノ島17:06(急行相模大野行き)→相模大野17:45
相模大野17:53(小田原線各駅停車新宿行き)→新宿18:56

新宿19:06(中央線快速東京行き)→東京19:19

東京(京浜東北線)→大井町

(翌日へ続く)

※2012年6月22日更新※


2012年3月-4月 鉄道旅行 | 10:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
小田原へ
●4月7日(土)
春の青春18きっぷ最後の週末、4月7日(土)、8日(日)は関東へ行きました。

前日は職場の送別会で、帰宅したのは日付が変わる30分くらい前でした。
当初の予定では7日(土)は岐阜5時20分発の豊橋行きでスタートして東へ向かおうかと思っていたのですが、これは無理だろうと判断。
ここは出かける準備だけして、詳細な予定は立てずに起きた時点で出発することにしました。

目が覚めると、6時10分を過ぎたところで、早速、時刻表を開いて予定を立てます。
その結果、岐阜6時53分発の新快速浜松行きに乗れば、その後、割ときれいにつながることが分かり、急いで準備をして駅へと向かいました。気温は4℃。
DSCN07940.gif

何とか間に合い、岐阜から6時53分発、新快速浜松行きに乗車できました。
3分程遅れて発車。車内放送によれば、米原駅で遅れていた貨物列車の通過待ちをしていたとのこと。遅れはすぐに解消し、順調に東へ向かって走っていきます。
DSCN07941.gif

終点の浜松へは定刻通り8時42分に到着。
遅めの朝食を調達して、浜松からは9時10分発、上り普通列車の興津行きに乗車しました。
DSCN07943.gif

これで途中の島田まで行き、島田からは10時03分発、島田始発、上り普通列車の熱海行きに乗車しました。
島田で降りて島田始発の列車に乗るのは初めてでしたが、見ていると、20~30人ほど、同じようなことをしている人がいました。
DSCN07945.gif

終点の熱海へは11時59分に到着。ちょうどお昼になったので、ホームのそば屋さんで昼食としました。
DSCN07946.gif

DSCN07947.gif

熱海からは12時27分発、東海道線普通電車の東京行きに乗車しました。まだまだ新車の臭いが漂うE233系でした。
DSCN07950.gif

小田原へは12時48分に到着。

このまま東京まで行っても着くのは14時過ぎとなり、移動時間が勿体無いだけなので、この後はこれまで全く手を付けていなかった小田急の乗りつぶしにかかりました。

(つづく)

※2012年6月21日更新※

2012年3月-4月 鉄道旅行 | 09:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。