■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
乗り継いで岐阜へ
●8月16日(火)~17日(水)
秋田到着後は、土産と食料を購入。携帯も少し充電できました。
あとは帰るだけ、帰りは18きっぷを使い、乗り継いで岐阜へと帰りました。まず目指すは新潟。羽越線を進んでいきます。
秋田からは16時38分発、羽越線上り、羽後牛島、新屋、羽後本荘方面、普通列車の酒田行きに乗車しました。
列車は車掌乗務ありの2両編成、発車15分程前に行きましたが、すでに座席はほとんど埋まっており、何とか壁ぎわから2つめの席を確保。
最終的に満席となり、立ち席も出して秋田を発車しました。
DSCN03499.gif

この日は、あつみ温泉-鶴岡で、大雨のため、昼間3時間ほど運転を見合わせていたようです。
そのためか、道川で行き違いとなった普通列車が約7分遅れでこちらも約6分延発しましたが、羽後本荘の6分お停車時間を削り回復。
この日は花火大会が象潟であったようで、羽後本荘や仁賀保などからは浴衣姿の人がぞろぞろと乗ってきて車内は賑やかになりましたが、象潟でドサッと大勢降りていった後は車内は一気にシーンとしました。

続いて、本来、停車しない女鹿に約9分程、臨時停車。ここでは遅れていた貨物列車と行き違いました。ドアが開かないのは残念でしたが、停車する列車が少ない女鹿駅停車が体験できました。
DSCN03501.gif

終点の酒田へは約10分遅れて18時54分頃、到着しました。
DSCN03502.gif

駅の外へ出ると、新潟方面からの特急代行バスがちょうど到着したところで、窓口には払い戻しの長い列ができていました。
酒田からは19時39分発、羽越線上り、余目、鶴岡、あつみ温泉方面、普通列車の村上行きに乗車しました。
列車は3両編成でしたが、何と真ん中の1両以外はロングシートという編成。迷うことなく、真ん中の車両へ乗車、余裕でボックスを確保しました。
DSCN03507.gif

DSCN03505.gif

が、発車時刻になっても発車する気配がなく、どうしたものだと思ったら、酒田から先行となる貨物列車が遅れているとのこと。
当初は10分ほど遅れるとのことでしたが、接近はしているというものの、待てど暮らせど来ず、結局、約25分遅れて発車しました。
村上では21分の乗り換え時間がありましたが、酒田駅発車後の放送で、このままの遅れであれば接続はするとの案内があり一安心。

お腹も空いたので、秋田で購入した、「いいとこ鶏弁当」をいただきます。秋田駅では売り上げ第3位だそうです。
これで3位までの弁当は全部、一度は食べましたが、やはり個人的には1位の鶏めしが一番美味しいです。
DSCN03497.gif

DSCN03512.gif

酒田を約25分遅れて発車した村上行きはみるみるうちに遅れを回復させていき、あつみ温泉には約17分送れて到着。
途中、羽前大山-羽前水沢では酒田運輸区の車掌さんによる検札がありました。
あつみ温泉ではしばらく停車するとの案内があり、普通列車とトワイライトエクスプレス号と行き違い、再び遅れ拡大し約26分遅れて発車しました。
なお、村上から先の新潟行きは予定通り接続するとあつみ温泉発車後に再度放送ありました。

結局、終点の村上には約20分遅れて到着。
村上からは前よりに停車していた、22時21分発、坂町、中条、新発田方面、白新線経由、普通列車新潟行きに乗車しました。
列車は5両編成、前の方へ行けば行く程、空いている感じでした。
接続を受け、約2分遅れて発車しました。もうここまで来れば新潟はすぐ目の前です。
DSCN03515.gif

終点の新潟には23時30分に到着。
DSCN03517.gif

休む間もなく、この日の宿、23時36分発、全席座席指定、快速ムーンライトえちご号新宿行きに乗車しました。
DSCN03518.gif

えちご号はしばらく乗る機会がなく約2年ぶりの乗車、この2年の間に485系から183系に変わり、183系のえちごは初めてでした。
この日は国鉄色6両編成、表示は前、横とも臨時でした。
DSCN03520.gif

車内は見たところ、窓側がほとんど埋まっているくらいの入り、隣は来ていませんでした。
新津を出てしばらくは起きていましたが、いつの間にか眠りに就き、気がつくと、長岡停車中、次に目が覚めたときは高崎でした。

快速ムーンライトえちご号は定刻通り、5時10分に新宿へ到着。
まだまだ関東でしたが、あぁ、戻ってきてしまったなぁって感じがします。
日付を入れてもらっていなかったので、えちごの車掌さんに入れてもらいました。長岡運輸区の日付印でした。

この日は夕方頃までに岐阜へ帰る予定でしたが、当初から全くのノープラン状態。 とりあえず中央線各駅停車の東京行きに乗車し、東京へ向かいました。

どうしようかと思いましたが、東京からはそのまま5時46分発、東海道線普通電車の沼津行きに乗車しました。
このまま素直に乗り継いで行けば、昼に岐阜へ帰れますが、それではちょっと勿体ないよう気がして、小田原で降りようかなどと考えているうちに寝てしまい、結局、終点の沼津まで来ました。
DSCN03522.gif

終点の沼津には8時05分に到着、沼津からは流れに従って、8時09分発、東海道線下り、富士、静岡方面、普通列車の浜松行きに乗車しました。
列車は211系と313系の6両編成、東京からの乗り換え客を受け、満席で発車。自分も座れませんでしたが、すぐに壁から2番目の席に着席。
DSCN03524.gif

静岡で壁際の席に座れた後はウトウトしていると、あっという間に10時16分、浜松へ到着。
実は貸切の際、せんぱいさんに舘山寺温泉か弁天島温泉を教えていただき、浜松からバスに乗り換えて行こうかギリギリまで考えていましたが、疲れていたので、今回はパス。岐阜まで一気に帰ることに決めました。
というわけで、浜松からはそのまま流れに沿い、向かい側に停車中だった10時20分発、下り普通列車の豊橋行きに乗り換えました。
DSCN03525.gif

この時間帯に東海道を下るのは初めてでしたがが、トントン拍子で繋がっているような感じがして、いつもより所要時間が短く感じました。
列車は313系の3両編成。先程の列車からの乗り換え客も多く、しかも6両から3両への乗り換えのため、立ち席多数でした。

豊橋へは10時54分到着。豊橋からは今回の旅、最後の列車、11時03分発、岡崎、名古屋方面、快速大垣行きに乗車しました。
沼津も浜松も乗り換え時間は4分しかありませんでしたが、豊橋では9分あり、余裕がありました。
列車は6両編成、余裕で窓側を確保できました。
DSCN03526.gif

旅行中の色々な出来事を思い返しているうちに、快速大垣行きは12時22分に定刻通り西岐阜へ到着。就職してから4日間に渡る旅行は初めてでしたが、あっという間の4日間でした。

私自身、東北地方はなんか好きで、学生時代からよく足を踏み入れていました。
しかし、正直なところ、東日本大震災後、東北地方へ行くのは敬遠してしまっており、最初、せんぱいさんから内陸線での貸切運転会のお誘いをいただいた時は、行きたいという気持ちの裏で、地震は大丈夫かな・・・というのがありました。
実際問題、お金を落としてくることくらいしかできないかったですが、結果的に行ってよかったと思える旅行になりました。
今回、東北へ行くきっかけを作って下さった、せんぱいさん、ありがとうございました。

今回の自宅用お土産です。
DSCN03527.gif

(東北旅行紀 おわり)


スポンサーサイト
2011年7月-9月 鉄道旅行 | 22:39:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。