■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
七釜温泉へ
前回、「つづく」と書いてから1週間近くが経ってしまいました。続きです。

昼食を済ませ、駅へ戻り、福知山からは12時11分発の豊岡行きのワンマンカーに乗車しました。今度は113系の2両編成、福知山より先ではまだまだ走っているようです。
DSCN04461.gif

福知山から先の区間は明るい時間に乗るのは久しぶりでした。駅といい沿線といい、福知山までとは随分ローカル色が濃いように感じました。
車内もそれほど混んでおらず、お腹もいっぱいになり、途中、少しうとうと。終点の豊岡には定刻通り13時31分に到着しました。
DSCN04463.gif

豊岡からは14時09分発の臨時快速山陰海岸ジオライナー号に乗車しました。この列車、今年の春頃から兵庫県と鳥取県の交流を目的に運行を開始したそうです。
DSCN04476.gif

1日2往復で、キハ126系とキハ47系を使用しています。
キハ126系については浜坂より東での定期運用はなく、この列車がキハ126系の浜坂より東での最初の運用列車だそうです。
DSCN04467.gif

DSCN04472.gif

特急きのさきが約22分遅れ、その後の普通列車が約9分遅れで発車していきましたが、山陰海岸ジオライナー号は定刻通りに発車しました。
停車駅は城崎温泉、竹野、香住、餘部、浜坂、岩美、終点の鳥取ですが、実際にはそれ以外にも行き違いなどでの運転停車でほとんどの駅に停まっていきます。
DSCN04475.gif

遅れて行った列車と行き違う列車が遅れてきたためか、こちらも1分、2分のわずかな遅れが少しずつ発生していました。
城崎温泉発車後、検札。鳥取鉄道部の車掌さんでしたが、1人1人、丁寧に低姿勢な態度で検札を行なっていき、なかなか感じがよかったです。
乗車人員の調査もしているようでしたが、見た感じ、2両合わせても20人いるかいないか。ほとんどが乗車目的の人でした。

餘部橋梁もコンクリート橋になってから初めて渡りました。橋の入口は曲線になっていました。
DSCN04481.gif

DSCN04482.gif

橋は変わってしまいましたが、橋からの景色は変わらずでした。
DSCN04483.gif

浜坂へは1分ほど遅れて15時30分頃に到着。鳥取まで乗って行きたいところでしたが、予定通り浜坂で下車します。
DSCN04488.gif

浜坂駅からは15時45分発の新温泉町の町営バスの湯村温泉行きに乗車し、「七釜温泉 ゆ~らく館」の最寄りバス停、栃谷七釜温泉口まで行きました。
DSCN04497.gif

バスは全但バスのようで、運賃は150円、所要時間は8分ほどでした。
バスには旅行者らしき人が10人ほどが乗っていましたが、栃谷七釜温泉口で降りたのは私と地元の方と思しき方の1人のみでした。
DSCN04498.gif

予めだいたい地図は頭に入れておきましたが、バス停のすぐそばに「七釜温泉 ゆ~らく館」の看板が出ており、一安心。
橋を渡り、七釜温泉へと入っていきます。
DSCN04503.gif

バス停からはパンフレット等にも書いてある通り、5分ほどで到達しました。
ここのお湯は100%源泉掛け流しの湯だそうです。
思っていたよりもこじんまりとしたところでガラガラ。露天風呂にいたっては、一時、私1人しかいない時もあったほどでゆったりできました。
DSCN04512.gif

DSCN04508.gif

バス停は「栃谷七釜温泉口」の他、「七釜温泉」というバス停も温泉から3分のところにあるとのこと。
しかし、「七釜温泉」のバス停は、イマイチ場所が分からず、帰りも「栃谷七釜温泉口」から乗れるバスがいい時間にあったので、そちらを利用することにしました。
浜坂駅へ向かう側のバス停は小屋付きでした。
DSCN04519.gif

17時25分のバスで浜坂駅へと戻ります。行きのバスと見た目は同じでしたが、大きく「新温泉町民バス」と書かれていました。
DSCN04523.gif

DSCN04494.gif

DSCN04495.gif

駅へ戻ると、窓口の営業時間である17時30分を過ぎており、無人駅状態になっていました。
すでに日も暮れかけており、駅のそばの商店を覗いたり、暗い駅のホームで、18時17分発の鳥取行きを待ちます。
DSCN04526.gif

鳥取行きワンマンカーは18時02分着の列車が折り返し。5人くらいの人が降りてきました。
この日初めてとなるキハ47の2両編成。京都から221系、223系、113系、キハ126系、そしてこのキハ47と実にバランスよく色んな車両に乗ることができました。
DSCN04529.gif

真っ暗な中を走ること45分ほど、列車は定刻通り19時03分に終点の鳥取に到着しました。
DSCN04530.gif

この日の宿は鳥取、特別何かあるわけではないようでしたが、数字前にホテルを予約しようとすると、あちこちで満室ばかりでした。
いつもは東横インばかりですが、この日は久しぶりにアルファーワンに泊まりました。

駅を出て夕飯をと思いましたが、駅周辺は居酒屋ばかりで気軽に入れるような店はなく、歩いているうちにホテルへ到着。
ホテルにチェックイン後、もう一度、駅まで戻り、夕食。どこででも食べれそうなものを食べて終わりました。
この日ははや21時半頃には眠りに就きました。

(翌日へ続く)


スポンサーサイト
2011年10月-11月 鉄道旅行 | 21:17:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。