■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
青春18きっぷ消化旅行(3)
喜多方ラーメンを食べた後は列車で会津若松へ戻るため、喜多方駅へと歩いていると、会津バス喜多方営業所というものが気になり、ちょっと寄り道を。
CIMG3304-2.gif

ここから会津若松へ行くバスが出ていることを前回来た時に知りましたが、前回は時間が合わなかったのと、仮に時間が合ったとしてもバスに乗ってしまうと、喜多方-会津若松が未乗となってしまうので、パスしました。
しかし、今回はその心配は無用です。時間に余裕もあったので、会津若松へ行くバスがあるか聞いてみると、15分ほど待てばあるとのことで、単純に列車で戻っても仕方がないですし、乗ってみることにしました。
CIMG3309-2.gif

「生活交通路線」ということで、やはりお年寄りの姿が目立ちました。が、それは喜多方の市街地だけで後半はずっと自分1人だけでした。
それにしても沿線はホントにラーメン屋が多かったです。

喜多方営業所から約40分で会津若松駅に到着しました。運賃は890円、所要時間も列車に比べると20分以上余分にかかりました。
CIMG3311-2.gif

駅前には白虎隊士像があります。
CIMG3313-2.gif

駅構内にはマスコットキャラクターの「あかべぇ」がいます。「あっかんべぇ」ではないです(笑)。
CIMG3314-2.gif

会津若松からはこれまた今回の旅の目的の1つでもある583系使用の快速あいづライナーに乗車しました。
通常、あいづライナーは専用の車両1編成で運用されていますが、検査時などは仙台の583系が代走で走ります。
某月刊情報誌を見ていたら、7日~11日がこの代走期間と分かり、これに乗れるように計画を練りました。
583系自体、もう全国にはほとんど残っていませんから貴重です。
ちなみに沿線で撮り鉄というのも考えたのですが、本数が少なく、効率も悪いことなどもあって却下しました。
留置線からの入れ替えは早くからしていたのですが、なかなかホームにつけてくれず、このような状態で撮れたのはもう発車まで7、8分というところでした。
CIMG3320-2.gif

CIMG3322-2.gif

CIMG3336-2.gif

あいづライナーは6両編成で会津若松側の2両は指定席となっています。以前この区間を乗ったとき、結構混んでいたような記憶があったので一応指定席を取りました。
自由席は結構埋まっていましたが、指定席は1両はそれなりに乗っていましたが、もう1両は1人か2人しか乗っていませんでした。
私自身、583系を見たことはこれまでにも何度かあったのですが、乗るのは初めてでワクワクしました。同じように583系目的で乗っている方もちらほら見かけました。

車内はこのように4人掛けのボックス席となっています。
CIMG3333-2.gif

昼行と夜行を兼ねて使うことができる車両ということで、昼行列車で使う際はこのように座席車となっていますが、夜行列車で使う際は寝台に転換できるそうです。
これを見ただけではイメージがつきません。
CIMG3334-2.gif

1時間ほどでしたが、583系を満喫し、郡山での折り返し時間にも少し撮影をした後は東北本線を南下します。
郡山からの黒磯行きワンマン列車は701系の2両編成。この車両を見ると、ああ東北へ来たなぁという感じになります。それもそのはずで東北の普通列車は色は違えど大半がこの車両です。
個人的にそんなに嫌いな車両ではありませんが、オールロングシートいうことで、地元の利用者の方、旅行者にもかなり不評のようです。盛岡地区では登場した時、地元の利用者による反対運動も起きたようです。
CIMG3363-2.gif

やはり平日です。郡山からは高校生の下校ラッシュにはまり、車内は賑わっていました。
平日に乗り鉄をすると、同業者は比較的少なくていいのですが、このような通勤通学のラッシュはありますので、これはもう割り切るしかないです。
まあこの中高生の通学時のマナーも地域によって良いところと悪いところもあるので、これを見るのもなかなか楽しいです。

黒磯まで来ると、見慣れた車両の宇都宮行きに乗り換え、この日の宿泊地、宇都宮まではあと約50分です。
CIMG3366-2.gif

宇都宮到着後は一旦ホテルに荷物を置きに行き、夕飯に名物の宇都宮餃子を食べます。
宇都宮は餃子が有名な街として早くから力を入れてきたこともあったようで知名度は高いです。市内には約200店舗あるそうです。
中でもこの「みんみん」は有名店でいつも行列ができています。
本店は恐ろしいほど行列ができていてビックリしたことがあったので、それ以来、行ったことはなく、いつも駅ビルにある店です。
CIMG3373-2.gif

この日も約30分並んで餃子にあり付くことができました。
焼餃子(1人前)+水餃子(1人前)+ライスのセットを注文してみます。これで580円は安いです。
まず焼餃子です。皮がパリパリで個人的には好みです。中は食べると汁がジュワっと出てきます。
CIMG3369-2.gif

水餃子は注文を受けてから作るそうで少々遅れて出てきます。水餃子はつるんとしていて、スープみたいな感じでこちらもなかなかいけます。
ちなみに本店へ行くと、揚げ餃子もあるそうですが、こちらはまだ一度も食べたことはありません。
CIMG3371-2.gif

(翌日へつづく)

※リンクを1件追加しました。いつもお世話になっているMITISATOさんのHPです。
スポンサーサイト


2010年春以前 鉄道旅行 | 22:31:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。