■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
三連休パスで新幹線乗りつぶし(3)
●10月11日(日) 三連休パス2日目
朝は5時45分に起床しました。
この日は福島からスタートです。前日に引き続き東北新幹線の乗りつぶしをしました。
CIMG4216.gif

まずは白石蔵王停車の新幹線に乗るため、福島から普通車全車自由席のやまびこ291号で仙台まで行きました。 この日最初に乗車した新幹線は200系でした。
東京からの列車でないこともあってか車内はガラッガラでした。
福島を出たときは快晴でしたが、仙台へ向かうにつれてだんだんと天気が悪くなってきました。

仙台からは終点の盛岡まで各駅に停車する、東北新幹線やまびこ41号盛岡行きに乗車しました。
CIMG4225.gif

自由席の乗車口は結構並んでいましたが、東京からの始発の新幹線ということもあって、仙台では大勢の人が降り、通路側ではあったものの着席することはできました。 すぐに相席させてもらっていた方が次の停車駅、古川で降りたので窓側が空きました。
一ノ関辺りまで来るとまた天気もよくなってきました。この辺りも在来線で何度か通っていますが、やはり新幹線は速いです。

仙台からわずか約1時間15分で終点の盛岡に到着しました。
CIMG4234.gif

盛岡からは仙台発車時には30分以上差が開いていた、はやて・こまち1号のこまち1号に乗車しました。はやて号は八戸へ、こまち号は秋田新幹線に入り秋田へ、盛岡からは分かれての運転となります。
こまち号に乗車して秋田へと向かいます。
CIMG4242.gif

仙台で指定席の空席状況を見ていたら△となっていましたが、やはりほぼ満席の状態となっていました。
こまち号は全車指定席なのですが、盛岡-秋田間は特例として特定特急券を買うことにより空いている座席に座ることができます。三連休パス使用の場合はそのまま乗ることができます。
盛岡ー秋田も前日の山形新幹線と同じで在来線としては乗車済みですが、秋田新幹線で乗車するのは初めてでした。福島同様、盛岡も新幹線ホームから発車し、しばらく走ると、在来線の線路に合流します。

盛岡からデッキに立っていましたが、途中、田沢湖、角館で大量下車で空席が出たので着席しました。
田沢湖の辺りは雨が降っていました。もう辺りは木々が色付き始めていました。
秋田まで乗り通すか、大曲で普通列車に乗り換えるかで迷っていましたが、乗り心地のよさに負け、結局秋田まで乗り通しました。
大曲からは列車の進行方向が変わりますが、もう30分足らずで終点となってしまうため、逆向きのまま秋田に到着でした。
CIMG4243.gif

秋田は晴れたり雨降ったりよく分からない天気でした。
最終的にこの日は青森が目的地で、秋田到着後、かもしかで青森へ向かうか、それとも盛岡、八戸経由で青森へ向かうかで迷っていましたが、前者を選択しました。 一応、前者のつもりで指定券は確保してありましたが。
この日の特急かもしか3号は普通車指定席、グリーン席とも満席とのことでしたが、秋田発車時はまだ空席ありでした。 何やら団体さんが乗っていたようです。
一昨日、どなたかのキャンセル?でゲットした指定席に乗り、三連休パス2回目の指定席で青森までで乗車しました。
秋田ー青森は何度か普通列車で乗っていますが、昼間に特急列車で通るのは初めてでした。
CIMG4264.gif

秋田を出てしばらくすると、稲刈りが終わった田んぼの中を走っていきます。何気なく撮ったのですが、気に入ってしまい、今、デスクトップにしています。
CIMG4256.gif

天気は相変わらず、雨が降ったり晴れたりよく分からない天気が続いていました。大館の辺りでは虹を見ることもできました。
指定席の顔ぶれは秋田発車時からさほど変化なし、弘前からは結構乗車がありました。ですが、売れていた隣はまたもや誰も来ませんでした。
このかもしかに乗るか、盛岡経由かで迷っていましたが、結果的に貴重な?485系の特急列車をマッタリと味わうことができたので、こちらを選んで正確でした。

かもしかは秋田から約2時間半で終点の青森に到着しました。やはり特急列車は速いです。
CIMG4261.gif

青森では少々時間があったので、東北本線のスーパー白鳥号で浅虫温泉まで行きました。JR北海道の車両に約15分だけお世話になりました。
CIMG4273.gif

浅虫温泉の駅前には「道の駅浅虫温泉」があり、ここの5階には陸奥湾が一望できる「ゆーさ浅虫」という展望浴場があります。この陸奥湾に沈んでいく夕陽もなかなかのものです。
駅のすぐ目の前で、ここまでなら青森からも比較的普通列車の本数も多いので、青春18きっぷで青森まで来て時間がある時にはよく立ち寄ります。今回は三連休パス使用ということで、特急列車も乗れたたため、スムーズに往復することができました。
入浴料は350円と比較的安いのですが、タオルや石鹸はないので、持参するか購入しなければならないですが・・・。(今回は入る予定があったので、持参しました)
CIMG4287.gif

さてサッパリして青森へ戻ってきた後はいよいよです。

(つづく)
スポンサーサイト


2010年春以前 鉄道旅行 | 11:17:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。