■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
関東地方乗りつぶし(7)
わたらせ渓谷鐵道の車内ではアテンダントさんから記念に開業20周年記念「わ鐵のお守り」を購入しました。
中にはレールと車輪の間に撒く「砂」が入っているようで、これを人生のすべり止め用にと売られているようです。
袋にデザインされている車両が異なって4種類あるとのことだったので、ここは乗った車両のものを購入することにしました。
DSCN1104.gif

さて、間藤到着後は来た道を戻ることはせず、間藤駅前から日光市営バスに乗って日光へと抜けました。
合併で広くなり、同じ日光市内ではありますが、日光駅まではは20キロほど距離があります。
バスは1日6本。列車との接続は必ずしもよいとはいえませんが、あるサイトでこのバスの存在を知ってから、わたらせ渓谷鉄道を乗りつぶしに来た際には是非乗ってみようと思っていました。
DSCN0976.gif

バスは双愛病院から間藤駅前を通り、少し先の赤倉という集落まで行き、回転場で転回し、再び間藤駅前まで戻り、国道122号に入り、日光市内へと抜けます。つまり間藤駅前は2回通ります。
DSCN0977.gif

赤倉まで行って戻ってきても料金は変わらないとのことなので、1回目の間藤駅前から乗り込みました。
間藤駅前を出て少しすると、左側に途切れていたはずの線路と鉱山の建物が見えてきました。ここはかつて足尾本山の貨物駅だったところだそうです。
バスには私の3人の乗客が乗っていましたが、赤倉へ行く途中で2人は降りてしまい、1人は東武日光駅まで乗っていかれました。
2回目の間藤駅前を過ぎると、バスは国道122号線へと入りました。しばらく走ると、上り坂になり、長さ2.7キロの日足トンネルを超えると、あとは下り坂となり、日光東照宮の近くをかすめながら、日光の中心部へと入っていきました。
バスは定刻通りにJR日光駅に到着しました。2回目の間藤駅前からは30分ほどでした。
DSCN0981.gif

日光は昨年の秋に日光線を乗りつぶした際に来たので、今回が2回目でした。
駅の周辺は静かなものでした。
DSCN0979.gif

宇都宮行きに乗り込み、宇都宮まで乗りました。ほとんど寝ている間に宇都宮へ着いてしまった感じでした。
DSCN0984.gif

宇都宮では30分しか時間がなく、立ち食いそばにするか、またまた餃子にするか迷ったものの、もう1回、餃子が食べたくなり、前日行った宇味家(うまいや)へもう1度行ってきました。
この日は焼餃子を食べてみました。ここの焼餃子も皮はパリパリで美味しかったです。
DSCN0986.gif

何とか30分で食べてくることができました。
宇都宮からは完全な帰宅モードで、湘南新宿ライン横須賀線直通快速逗子行きに乗車しました。
今回も迷わずグリーン車を選択しました。熱海までグリーン券(950円)を購入すれば、約3時間半、ゆったりと座って行くことができます。
DSCN0989.gif

寝ようと思ったのですが、大宮あたりからは車窓に見入っているうちに寝れなくなってしまい、結局、戸塚までずっと起きていました。
車窓というのは線路がどこからどう分かれるかというのを見ていたのですが、線路が多すぎて訳分からなくなりました(笑)。

戸塚からは東海道線の快速アクティーに乗り換え、熱海まで行きました。東海道線では初めてE217系に乗りました。
だんだんと辺りは暗くなり、熱海へ着いた時にはもう真っ暗でした。
熱海では2分乗り換えで普通列車の浜松行きに乗車しました。いつもなら、熱海で1本見送るのですが、今回はそれをやると、乗り換えが多くなり、しかも食事の時間などを考えると、帰りが遅くなってしまうなどのデメリットばかりなので、あえて2分乗り換えをしました。
座れないかと思いましたが、結構余裕で座れちゃいました。ロングシートの電車に揺られること、約2時間半で終点の浜松に到着しました。

浜松では駅前で夕食を済ませ、春のダイヤ改正時から目を付けていた浜松20:15発の普通列車豊橋行きに乗車しました。
車両はこの春のダイヤ改正までムーンライトながらでも使われていた写真の373系を使う乗り得列車です。前回、この時間に通りそうだった時に計画に入れたのですが、その時は予定変更をしたため乗れずじまいでした。

この列車は静岡から浜松まではホームライナー浜松1号で来て、4分の休憩後、当該の普通列車豊橋行きになり、さらに一旦引き上げ、大垣行きのホームライナー大垣1号(休日は31号)になり、最終的には大垣まで行くようです。
浜松では追い出されないので、静岡から豊橋まで乗り通すこともできるようです。
200912142013000.gif

ながら以来、久しぶりにこの373系に乗り、モーター音も久しぶりに聞きました。
リクライニングもきく車内で快適に浜松-豊橋を過ごし、接続の特別快速に乗り換えて岐阜まで行き、バスで自宅へと帰りました。

(おわり)
スポンサーサイト


2010年春以前 鉄道旅行 | 22:37:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。