■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冬の東北地方乗りつぶし(4)
山形到着後、小休憩を挟んだ後は、残っていたJR線3線のうちの1線であった、フルーツライン左沢(あてらざわ)線に乗車しました。
これ、最初、「左沢」は「さざわ」と読むと思っていました。「あてらざわ」と読みます。
DSCN1180.gif

駅の外へ行ったりしていたら、すっかり体が冷えてしまったので、ホームの立ち食いそばを食べて暖まりました。
ホームへ行くと、2両編成の列車がすでに停まっていましたが、そばを食べていると、どうやらこの前にもう2両を連結するような感じがしました。予想は的中、4両編成になりました。
最初からいた2両はほとんど座席が埋まっているようでしたが、あとから連結した2両は見事にガラガラでした。
DSCN1182.gif

実はこの路線、2年前の春に雨の中、途中の羽前山辺までは乗ったことがあるのですが、その際、羽前山辺で行き違い予定の列車が強風のため大幅に遅れてくるとの案内が運転士からありました。
このまま終点まで乗って行っても折り返しが遅れれば、折り返し時間は短くなるし、さらには後の予定にも影響が出るだろうし、迷った結果、行き違いとなる列車で引き返しました。
その後、乗り直しに行く計画を3回は立てたものの実行には至らず、最後まで残してしまいました。
車内に掲示してあった路線図です。
DSCN1187.gif

山形を発車すると、次の北山形までは山形線と並行して走ります。左沢線は正式には北山形からの路線ですが、前列車が山形始発です。
車内には北山形から左沢線内の回数券、定期券などで、山形まで行き、改札を出ずに折り返しに乗った場合は相当運賃をいただくとの掲示がありました。掲示があるということはそれだけよくあるということなのでしょうか・・・?
北山形を出て山形線と分かれ、住宅地を少し走ると、田んぼが広がってきましたが、これらの広大な田んぼは見事に雪化粧していました。
そして最上川を渡ると、寒河江(さがえ)市に入ります。前回はこの最上川に掛かる鉄橋付近で強風のため徐行運転をしていたようです。
線内主要駅であるある寒河江(さがえ)ではどさっと人が降り、もともと空いていた車内はさらに空いてきました。大半の列車は寒河江で終点、この先は所要時間にして7分ほどの区間ですが、本数は激減します。これがこの路線に乗る上でのネックでした。
列車は比較的、平坦なところを走ってきましたが、終点に近づくにつれ少し高いところを走るようになり、トンネルがあったりし、最後は左側に最上川を見降ろしながら終点の左沢に到着しました。
DSCN1188.gif

左沢の駅舎です。
DSCN1190.gif

左沢駅の駅名の由来です。これにはいろんな説があるようですが、どれも納得できます。
DSCN1192.gif

DSCN1195.gif

折り返しの列車で山形へ戻りました。
だんだんと暗くなり、山形へ着いた頃にはもう辺りは真っ暗でした。
DSCN1197.gif

左沢線に乗ったことにより、JR線の未乗線はついに2路線となりました。
その後はその2路線のうちの1路線に乗るため、翌日に備えて、山形線の普通列車新庄行きに乗車し、この日の宿泊先であった新庄へ移動しました。
過去の経験から折り返し運転だろうと思ったので、入線前にホームへ行くと、すでに並んでいる人が多数おり、到着後、清掃、点検を終え、開放されると、瞬く間に座席は埋まっていきました。
DSCN1199.gif

この日は祝日でしたが、車内は平日並みに下校の高校生が多かったです。
天童、村山、大石田などといった主要駅で大量下車があり、最後はガラガラの状態で新庄に到着しました。
DSCN1202.gif

新庄到着後、お目当ての「急行食堂」へ行ってみると何とお休み。
まわりを見渡しても開いていそうな店はなし。まだ19時をちょっと過ぎたばかりでしたが、こんな状況とは・・・。
それしか考えていなかったので、とりあえず荷物を置きがてらホテルへ行きました。しかし、ホテルへ移動しようとすると、歩道に雪が何十センチも積もっており、とてもその雪の上を歩いていけるような状態でなかったので、仕方なく大幅に遠回りする羽目になりました。
少し後に通ったら、誰かがどけてくれたのか、見事になくなっていました。感謝です。

ホテルで開いている店がないか聞いてみると、事前に調べていた通り、鳥もつラーメンがオススメとのこと。
それで鳥もつラーメンの店を教えてもらいましたが、1軒目は営業終了、念のためにと教えてもらった2軒目はまだ営業しており、入ることができました。危うく夕飯を食べ損ねるところでした。

その鳥もつラーメンです。個人的には一度食べればいいと思いました(ちょっとイマイチでした)。
DSCN1203.gif

(翌日へつづく)

※なお、このシリーズは明日(1月1日)はお休みします。年明け後もこのシリーズは続きます。
スポンサーサイト


2010年春以前 鉄道旅行 | 19:41:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。