■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
冬の中国・山陰地方乗りつぶし(2)
途中、どうなるかと思いましたが、何とか予定通り、上郡まで来ることができました。
上郡からは智頭急行線の智頭行きワンマンカーに乗車しました。智頭急行線の普通列車の乗り場は西の端にあります。
DSCN2012.gif

智頭急行線は乗りつぶしを始めた頃に特急で通ったことがありますが、今回は改札で智頭線満喫普通列車1日乗り放題きっぷ(¥1,000)を購入し、普通列車で智頭まで乗車しました。
この乗り放題切符はJRの青春18きっぷの時期に合わせて売られているようで、全線乗ると、普通乗車券を買うより260円安くなります。
乗り放題きっぷ表面です。
DSCN2344.gif

乗り放題きっぷ裏面です。裏面は注意事項、利用料金割引施設一覧が書かれており、下には目盛りが付いているので定規としても使えます。長さは17センチほどあります。
DSCN2345.gif

車両はHOT3500形。
HOTとは、が兵庫、が岡山、は鳥取と経由する県名のアルファベットをとっているそうです。
DSCN2013.gif

智頭急行線もJR線だと思っている人もちらほらいるようで、18きっぷで乗れると思い、改札で駅員に止められている人が何人かいました。
そういう人が多いのか、あちこちでこのような注意書きの掲示を見かけました。
DSCN2016.gif

この路線、道路でいうとバイパス道路であるため、主として高架か盛土区間を走り、トンネルもいくか連続して続きます。
上郡を発車すると、列車はすぐに高架へ上がり、そのまま山の方へと進んでいき、川沿いに走っていきます。

バイパス路線とは言いながらも単線であるため、列車行き違いのための停車は何度かあります。
DSCN2019.gif

JR姫新線との接続駅である佐用(さよ)へ近づくと、一旦、高架から盛土区間になりました。
佐用はすぐの発車、次の平福では上下の特急列車通過待ちのため約16分停車しました。
DSCN2021.gif

この平福は宮本武蔵初決闘の地で、第4回近畿の駅百選にも選定されているようです。
DSCN2022.gif

DSCN2023.gif

DSCN2025.gif

JR線から乗り入れている特急はそのまんま遅れを持ち込み、しかもその連鎖反応で反対の列車も遅れてくるため、実際には20分ほど停車しました。
行き違いとなる鳥取からの特急スーパーいなば岡山行きも少々遅れてきました。この辺りでは2両の特急は当たり前です。
DSCN2030.gif

平福を発車し、石井を過ぎると、列車は岡山県へと入ります。
そして宮本武蔵というこれ駅名か?と思うような駅を通り過ぎると、車両基地などもある大原に到着です。
DSCN2034.gif

大原で少し乗客が増えましたが、西粟倉、あわくら温泉と降りていき、県境を越え、鳥取県に入ります。
鳥取県に入ると、少し雪が残っているところもありました。
そうこうしているうちに、JR因美線との接続駅、終点の智頭に到着、約4分遅れての到着でした。
DSCN2038.gif

智頭へ来るのは3度目です。しかし、時間がなく、素通りばかりでした。
駅前で昼食を食べるところを探していると、「生湯葉らーめん」なる看板を見つけたので入ってみました。
DSCN2044.gif

黒豆の豆腐がサービスで出てきました。
DSCN2039.gif

ランチです。見た目通り、あっさりとしたラーメンで美味しかったです。湯葉も久しぶりに食べました。
DSCN2041.gif

ちなみにこの店の代金は先程の智頭線満喫普通列車1日乗り放題きっぷ提示で100円割り引いてもらいました。

(つづく)
スポンサーサイト


2010年春以前 鉄道旅行 | 21:28:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。