■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シリーズ最終回 国道156号を南下
さて、予定より3時間ほど遅れて岐阜へ向けての帰路につきます。意味のない3時間となってしまいました。

この日は平日で1000円乗り放題は適用されないので、どうやって帰るか考えていました。
パンフレット類を見ていると、9時から17時までは100キロ以内の区間は2回まで3割引になるとのことだったので、それを使おうかとも思っていました。
でも、1回どこかで降りてまた乗るというのも方法も考えましたが面倒そうだったのと、夕方までは特に急ぐ用事もなかったので、とりあえずは一般道経由と考えていました。

一般道で帰る場合、考えられるルートは大きく分けて2つ
①国道41号線を美濃加茂までひたすら南下するか、高山から清見方面へ抜け、高速道路に乗る
②国道156号線をひたすら南下するか、途中から高速道路に乗る

たぶんナビは国道41号線の方へ誘導してくるだろうと推測し、とりあえず自宅を指定し誘導通りに走り出すと、どうやら41号とは反対方向へ誘導されている模様。あれれ?と思い、近くのコンビニで車を停め、ルート確認。
どうやらナビは国道156号線の方へ誘導していることが判明。

しばらく考えましたが、41号線は何か混んでいるイメージがあったのと、そういえば、156号線って、近所でいつもお世話になっているけれど、北の方はせいぜい荘川辺りまでしか知らないなぁと思い、ここは1つナビの誘導に従うことにしました。
ちなみに41号線をひたすら南下すると、1時間程、余分に時間がかかることが分かりました。

そしてナビの誘導に従い、国道359号線と県道2路線を経由し、国道156号線に進入して、しばらくすると、こんな看板を発見。
CIMG2008_convert_20090612223741.jpg

国道156号線はだいたいは川に沿っていました。きれいに整備されている区間もありましたが、まだまだ所々に未改良の区間も多々あり、通り難いところもありました。
もう少し時間が早ければ、世界遺産の白川郷などにも立ち寄ってみたかったのですが、今回は時間の関係で通り過ぎるだけとしました。

結局、休憩を挟み、あの看板の場所から100キロほど、国道156号線を2時間ほど南下し、高山市牧戸の158号線との交点に到達。この先は岐阜バスが走っており、乗ったこともあるので、これで自分の中で156号線が繋がりました。
なお、ここから先は時間の関係上、158号線を一旦高山方面へ行き、荘川インターから高速道路に入りました。

東海北陸道を各務原インターを降りる際、表示された料金を見て、あれっ?事前に調べていた料金よりもさらに安かったのです。
自宅でもう一度パンフレットを見直すと、すでに通勤割引(100キロ以内は5割引)が適用されいる時間でした。
最後の最後でETCのお得な点を実感しました。

家に到着して車の距離計を見ると、2日間の走行距離は800キロを越していました。
その後、3日間ほど車をお休みさせてあげました。


ひたすら文章を書いているうちに、全部で9回のシリーズとなってしまいましたが、読んでいただいた方、ありがとうございました。

(おわり)
スポンサーサイト


ドライブ | 20:43:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
遠征お疲れ様でした。
写真を拝見してたら、向こうにいた時に撮っておけばよかったと後悔してます・・・
帰路の国道156号は、一番走りにくい区間を通られましたね。狭いトンネルに急カーブ。トンネル対向で大型車が来ると、ぎりぎりですれ違いですね。現在は危険物積載以外の大型車は、ほとんどが自動車道経由ですから、随分走りやすくなったと思います。
旧荘川村や白川村にある狭いトンネル。大型車同士のすれ違いは不可でした。そのため、道路を知る大型車ドライバーは、トンネル手前でクラクションを鳴らし、見えない対向車に存在を知らせます。トンネル内にいる対向の大型車は、それを聞くとクラクションを鳴らし存在を知らせます。こうすると、トンネル手前で対向車を待つことができ、トンネル内でどん詰まることはありません。長距離トラック、路線バス、地元ダンプトラックがこれらを実践してましたね。
やっかいなのは観光バス。トンネルの状況を知らないため、突っ込んできて双方動けず・・・・ってことが多々ありました。そんなのに遭遇すると、仕事柄仕方がないので、車からにんじんを取り出し交通整理ですわ・・・ 
2009-06-18 木 19:32:28 | URL | 濃飛マニア [編集]
Re:
コメントいただきましてありがとうございました。
確かに白川郷から旧荘川村へ抜けるところは一番通りにくかったです。
あの辺りでは大型車はクラクションを鳴らして、対向車に存在を知らせるというルール?があるのですね。知りませんでした。
2009-06-19 金 21:07:35 | URL | ケン坊 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。