■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最長片道切符の旅 切符の受け取り
切符を申し込んだ翌日の1月27日(水)、大学で友人にこの旅行をするということを話すと、やはり完全に呆れられました。
ちょうど、その話をしていた12時頃、電話が。番号を見ると、あれっ??
出てみると、
「JR岐阜駅の○○と申します、昨日、お申し込みをいただきました、一番長い切符ですが、経由地の確認作業が終わりまして、もう切符を発行できる準備が整いました。それで明日にはお渡しできますが、どうされますか?」
とのことでした。
「明日ですと、夕方なら取りに伺えると思います」
と答えると、
「了解いたしました、では明日の夕方までにお渡しできるようにご準備をしておきます」
とのことでした。

そして、その翌日、1月28日(木)、午前中は大学へ用事があり行ったのですが、9時頃、出かけようとすると、またJR岐阜駅から電話が掛かってきました。
前日と同じ方で、
「JR岐阜駅の○○と申します、先日、お申し込みをいただきました、一番長い切符ですが、もうお渡しできる準備が整いました。夕方はだいたい何時頃、ご来駅されますでしょうか?」

その時点ではまだその日の予定がはっきりしていなかったので、
「16時から遅くても18時頃には伺えると思います」
と答えると、
「了解いたしました、ではご準備をしておきますので宜しくお願いします」
とのことでした。

用事も意外と早く終わったので、15時半過ぎくらいには駅へ着いてしまい、北海道までの航空機のチケットなどを購入したりして時間を潰しましたが、なかなか16時にはなりません。
窓口を覗くと、2つある窓口のうち左側は点検のため締切中。右側では女性の窓口氏が1人いただけでしたが、特別混んでいなかったので、入っていきました。

すぐに順番が来て、
「すみません、先日、切符の申し込みをした○○と申しますが、受け取りに来ました」
というと、引き出しからすぐに切符を出してくれました。
特にその場で普通の切符のように経由地の確認などはしませんでした。

窓口氏は
「必要な切符も一緒に購入されるんですよね?」
と聞いてきましたが、
「まだ日程が分からないので、決まっている分だけ購入します」
と言い、稚内までの移動に使う乗車券、特急券を購入しました。

新千歳空港から稚内までの乗車券と札幌から稚内の特急券を購入したのですが、窓口氏は経由地がよく分からなかったようで、時刻表を広げて一生懸命調べていました。

総額10万円ちょっとしました。こんなにみどりの窓口で高い買い物をしたのは初めてでした。
しかし、申し込んだ時の男性窓口氏とは対象的にこの女性窓口氏は淡々としていて何とも愛想がない人でした。

お金を支払い、後ろを見ると、ずらーっと列ができていました。後ろの人、びっくりしていだろうなぁ・・・。

* * * * * * * * * *
翌日の夕方、車を運転していると、電話が。番号を見ると、あれっ?また岐阜駅??
何だろうと思い、車を停め、電話に出ると、昨日とは違う女性の声で、
「JR岐阜駅の○○と申します、昨日、切符をお買い求めいただきましたお客様ですよね?」
「はい、そうですが」
「実は昨日、お渡しした切符ですが、経由地が間違っていまして、大変申し訳ないのですが、交換に来ていただくということはできないでしょうか?」

切符は持ち歩いていましたが、その後はすぐ予定があったので、
「19時頃までに行けると思いますが、大丈夫ですか?」
と聞くと、
「ご出発される日までに来ていただければ大丈夫です」
とのことでした。

しかし、またあの混雑する窓口に並ばなければならないかと思いましたが、改札の方へお越し下さいとのことでした。それで予定を済ませ、18時半頃に改札へ行き、名前を告げると、すぐに新しいものと交換をしてくれました。最初のより気のせいか見やすくなっていました。

対応していただいた駅員氏に、
「間違っていたというのはどこが間違ったのでしょう?」
と聞くと、
「作った者に聞かないと分かりません」
との返事でした。


ついに手に入れた切符です。
この切符、最後にはすごいことになっていました(すごいことになっていく過程を撮ってありますので、また順次UPしていきます)。
DSCN2380.gif

別紙です。経由地がぎっしりと書いてあります。
DSCN2387.gif

とりあえず、これでこれから使う切符が揃い、一安心、あとは出発の日を待つのみとなりました。

(つづく)

※このシリーズ、次回からはいよいよ稚内へ向けて移動記、最長片道切符の旅、旅行記と流れていきます。
スポンサーサイト


2010年2月-3月 JR最長片道切符の旅 | 21:52:09 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
JR北海道ではどのあたりで検札があることが多いのでしょうか。
2010-04-03 土 13:38:33 | URL | 大阪人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。