■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最長片道切符の旅 通算9日目
最長片道切符の旅の旅行記ですが、途切れ途切れになり、大変申し訳ありません。少しずつ暇をみて、書いていきますので、気長にお付き合いいただければと思います。
まだ30回前後続きます。

●2月13日(土) (仙台~)小牛田~一ノ関~気仙沼~前谷地~石巻~仙台
夜行高速バスで仙台駅前へ到着後、徒歩で仙台駅へ向かう前にちょっとコンビニへ寄ろうと思いましたが、なかなか見つかりません。
何とか見つけて用事を済ませ、仙台駅へと思ったら、どちらから来たか分からなくなってしまいました。方向音痴病が出てしまいました。
歩けば歩くほど分からなくなり、時間も迫って来るため焦ってきます。地図を見ようか、誰かに道を尋ねようかとした時、仙台市営地下鉄の広瀬通駅の看板を発見。迷わず、地下鉄で仙台駅へ向かいました。
おかげで予定の列車には余裕で間に合いました。
DSCN3456-2.gif

この日はまず仙台から最長片道切符の旅、中断地点の小牛田までは別途購入した普通乗車券を使用、小牛田から最長片道切符の使用を再開です。
仙台8時01発の東北本線下り、普通列車の一ノ関行きは石越からの岩沼行きの小牛田寄り2両がなりました。
つまり石越からの列車が到着する7時50発から岩沼行きが発車する7時58発までは同一ホームに岩沼行きと一ノ関行きが停まっていることになります。誤乗防止のため、案内が繰り返し行なわれていました。
DSCN3461.gif

たいてい一ノ関行きは小牛田までは4両か6両、小牛田から2両というパターンが多いようですが、この便は一ノ関まで全区間2両です。
数年前にこの便にギリギリに来て乗ろうとした時、混雑が激しく、諦めた経験から、早めに来たのですが、列もできておらず余裕で座ることができました。
発車直前に部活の遠征か高校生が乗り込んできて、1両目の前半分は埋め尽くしていました。
DSCN3463.gif

仙台-一ノ関は乗りつぶしをしていた頃に青春18きっぷで何度も通り、その際、何度か運転席後ろで「かぶりつき」などもしたので、景色も結構記憶に残っています。
仙台を出ると、車両基地などを横目にしばらく走り、塩釜あたりまで来ると、仙石線が右手に見えてきます。結構仙石線と近いところを走ります。
仙石線と別れるとトンネルが続きます。この辺りはトンネルに入る際、警笛を鳴らすようになっているようです。北から南まで乗り歩いていると、地域によっていろいろと異なることに気がつきます。

一ノ関行きはほとんど乗客は入れ替わらないまま、小牛田に到着しました。
小牛田では3分の停車後、ワンマンカーとなって発車、最長片道切符の旅、再開です。
相変わらず、先程の高校生と、同じく仙台からパンフレットを手にした旅行者風の人が乗っていました。
小牛田からは田園風景が続きます。石越でほとんどの乗客は入れ替わりました。
石越を過ぎると、再び岩手県に戻り、列車は青空が広がっている一ノ関に到着です。一ノ関ももう何度となく来ています。
DSCN3472.gif

京浜東北線を引退した209系が停まっていました。
DSCN3470.gif

一ノ関からは進路は東よりに変わり、大船渡線に乗り換えです。
DSCN3468.gif

乗車した大船渡線の盛行きワンマンカーは2両編成、車内は旅行者の姿が非常に目立ちました。
DSCN3474.gif

DSCN3476.gif

大船渡線に一ノ関から乗るのは3度目。1度目は日没後、2度目は日の出前と全区間に渡って明るい時間に乗るのは初めてでした。

旅行者の大半は猊鼻渓で降りましたが、残りは気仙沼まで乗り通しでした。
DSCN3483.gif

気仙沼からはキハ48系2両編成の気仙沼線小牛田行きワンマンカーに乗車しました。
DSCN3486.gif

DSCN3488.gif

気仙沼線に乗るのは2度目、前回は乗りつぶしを始めたばかりの頃、南三陸という列車名に釣られ、快速列車で通ってしまい、ずっと普通列車で乗り直したいと思っていました。
前回は南三陸に乗ったことくらいしか記憶に残っていなかったので、まるで初めて乗った路線のような感じがしました。

隣のホームにこがねが到着し、入れ代わりに発車しました。

この日は週末、しかも休み方によっては三連休になるため、三連休パスなどのフリー切符を持った人か、時刻表などを手にした人の姿がありました。

大船渡線はどちらかといと山の中ばかりを走るのに対し、気仙沼線は海沿いを走ります。
DSCN3493.gif

景色もよくなってきたところで、一ノ関で買い込んだ「かにめし」を食べました。
この日、昼食を食べる時間がないことに気が付いたのは朝、仙台へ着いてからでした。仙台で探しましたが、気に入ったものがなかったのでパス。
一ノ関で再度見ると、この「かにめし」が美味しそうに見えたので購入しました。
DSCN3497.gif

食べた後はちょっと寝てしまい、気が着くと、下車駅の前谷地の数駅手前でした。柳津辺りからか、車掌さんが乗り込んできたようで、切符を販売していました。
前谷地では石巻線に乗り換えます。乗り換え駅というだけで、静かな駅でした。
DSCN3502.gif

DSCN3500.gif

DSCN3503.gif

約15分の待ち合わせで、石巻線の女川行きワンマンカーに乗車しました。
車両は先程と同じキハ48系の2両編成でした。
前谷地では停車時間わずかでしたが、石巻では30分近く停まっていたので撮れました。
DSCN3516.gif

DSCN3517.gif

DSCN3510.gif

石巻市は漫画家、石ノ森章太郎の出身地だそうです。
DSCN3507.gif

DSCN3509.gif

石巻からは仙石線普通列車の仙台方面、あおば通行きに乗車しました。
別にマンガが好きなわけではないですが、時刻表にマンガ列車と書いてあったので、ちょっと気になっていましたが、ラッピング列車でした。
あおば通からの列車が到着した際には乗車証明書を配っていました。
DSCN3524.gif

途中、雪が舞っていました。
松島海岸からは観光客が大勢乗り込んできて車内はほぼ満席になり、本塩釜辺りからは立ち席も出始めました。
翌日の予定上、この日は仙台で泊まっても福島で泊まっても、翌朝出る時間以外は変わらないため、計画段階で迷いましたが、仙台で泊まることにしました。
DSCN3530.gif

ちょっと小腹が空いたので、「杜」でから揚げそばをいただきました。
常磐線我孫子駅のから揚げそばも美味しいですが、ここのも美味しいです。個人的には仙台の方が好みだったりします。
DSCN3531.gif

DSCN3533.gif

時刻は16時少し前。一先ず宿泊先のホテルへ荷物を置きに行きました。
宮城交通バスです。
DSCN3535.gif

荷物を置きに行くつもりが1時間程、横になり、地下鉄乗りつぶしをするため再出発しました。
実は朝、広瀬通から地下鉄に乗った際に一日乗車券を買ったのですが、、駅の近くまで来たところでその一日乗車券をホテルに置いてきたことに気付きまた逆戻り…。

ようやく地下鉄乗り場へ来たところで、先に来た方から乗ろうと思ったら、泉中央行きが来たので、まずは泉中央側から乗りつぶすことにしました。
仙台の地下鉄は仙台を中心に1路線しかありません。
DSCN3537.gif

仙台→泉中央→富沢→仙台の順に乗り、仙台へ戻ってきました。地下ばかりだと思ったら両側とも終点近くでほんの少しだけ地上を走りました。
富沢到着をもって仙台市営地下鉄完乗と東北6県の普通鉄道完乗となりました。地下鉄は名古屋、札幌に続き、3市目の完乗達成です。
DSCN3540.gif

仙台の地下鉄はまた5年後に新たな路線ができるらしいですので、また防衛に来なければならなさそうです。
DSCN3541.gif

仙台といえば牛たん。この日は牛たん通りで牛たんを食べました。
牛たんは数年前、仙台で泊まった際に食べた以来で、もう一度食べたいと思っていました。これが仙台で泊まった理由の1つでもあります。
新幹線中央改札口近くには牛たんの店やすし屋が並んでいます。
DSCN3542.gif

仙台市内に何店舗かある「利休」に入店しました。肉が分厚くてなかなか食べ応えありました。
DSCN3545.gif

DSCN3547.gif

<下車印押印駅>
一ノ関、気仙沼、前谷地、石巻、仙台
計5駅、通算41駅


(翌日へつづく)
スポンサーサイト


2010年2月-3月 JR最長片道切符の旅 | 21:27:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。