■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最長片道切符の旅 通算10日目
●2月14日(日)
仙台~【東北新幹線】~福島~岩沼~原ノ町~いわき~郡山~会津若松


稚内を出て通算で10日目、この日は南東北を縦断するようなコースを取りました。
まずは仙台から切符のルートに沿い、いきなり東北新幹線に乗車です。
通常、新幹線と並行する在来線は同じ路線として扱いますが、東北新幹線の仙台から福島の間にある白石蔵王のように、在来線にはない駅がある場合、在来線とは別線として扱われます。そのため、仙台から東北新幹線で白石蔵王を経由して福島まで行き、福島から東北本線で岩沼まで戻ることができます。

どうせなら、白石蔵王に停まる新幹線に乗った方がいいので、ちょっと早起きして敢えて白石蔵王に停まる、やまびこ206号の自由席に乗車しました。
朝、慌てなくてもいいようにと、前日のうちに自由席特急券は購入したので、例の切符と自由席特急券を有人改札で見せ、ホームへ向かいます。
DSCN3552.gif

車両はE2系とE3系16両編成。
DSCN3553.gif

どちらに乗ろうかと思いましたが、E2系はこの数日前に小牛田で中断して岐阜へ帰る際に乗ったので、この日はE3系側の自由席に乗車しました。が、乗車した号車とその前の号車と誰も座っていませんでした。
DSCN3555.gif

白石蔵王で誰か乗ってくるかと思いきや、誰も乗ってこず、1両丸々貸切状態で福島まで来てしまいました。
日曜日の朝とはいえちょっと想定外でした。
DSCN3556.gif

在来線の乗り換え口で自由席特急券に無効印を押してもらい、例の切符に下車印を押してもらいました。
改札には年配の駅員さんがおり、例の切符に下車印を押すと、切符の意味が分かったのか、「頑張って下さい」と言って下さいました。

少々時間があったので東口へ出ます。
またまた例の切符を見せ、「途中下車です」と言うと、若い駅員さんは「下車印は?」と聞いてきたので、下車印を指しながら、「乗り換え口で押してもらいました」と言うと、「はい、ありがとうございます」と言われ通してもらいました。
この日、7時半現在の福島の気温は氷点下1.9℃でした。

福島からは東北本線で仙台方面へ逆戻りです。黒磯から来た東北本線下り普通列車の仙台行きに乗車しました。
DSCN3557.gif

8両編成と書いてあったので何が来るかと思いきや、やってきたのは719系2両×4両の8両編成でした。後ろの方は分かりませんでしたが、前の方はガラガラでした。
DSCN3562.gif

福島から仙台は高速バスとの競争が激しいようで、JRも快速仙台シティラビットなどを走らせたりしています。
東京をムーンライトながらからの接続の列車で出て、北上すると、この快速に乗り継ぐことになるためため、福島から仙台方面へ普通列車で向かったのはこの時が初めてでした。

それにしても何とも不思議な感じです。先程、通ってきた東北新幹線の線路を見ながら、またまた宮城県へ戻ります。
東京から北上していると、ちょっと疲れてしまい、いつも寝てしまう区間ですが、この日は運転席後ろの席でしっかりかぶりついていました。

岩沼で常磐線に乗り換えます。岩沼は常磐線の始発駅ですが、全ての列車が仙台始発か仙台以北始発です。
DSCN3564.gif

DSCN3565.gif

常磐線には何度か乗ったことはありますが、岩沼で降りたのは初めてでした。
約40分の待ち時間は駅の待合室に張り出されていた意見箱に対する回答を読んでいたりしました。読んでいると、なるほど、こういう意見もあるのかと思ったりするものもありました。
DSCN3566.gif

岩沼からは常磐線普通列車の原ノ町行きに乗車しました。 やってきたのは東北地方の新しい顔、E721系4両編成でした。
天気は快晴になり、山がきれいに見えました。
主に田園地帯を走ること1時間程で原ノ町に到着です。

原ノ町での乗り換えはスムーズ過ぎて慌しいです。この時も7分の乗り換えで、普通列車のいわき行きに乗り換えです。7分という時間で写真を撮って下車印を押してと大変でした。
いわき行きは過去に乗った時の記憶で415系の4両辺りを予想していたら、やってきたのはワンマンではない701系2両編成でした。
2両=座れないかと思いましたが、意外と空席がありました。
やはり青春18きっぷシーズンとは違います。
DSCN3567.gif

これで完全に宮城県ともさよならし、朝に続き2回目の福島県へ入ります。
富岡を過ぎると車窓に海が見え、トンネルも連続していくつかありました。
この辺りまで来ると、ホームの発車メロディーが関東地方でよく耳にするものも多くなり、だんだん関東地方が近づいてきた気がしてきました。

いわきでは1時間程、時間があったため、改札を出ました。
DSCN3578.gif

下車印を押してもらうため、改札で例の切符見せると、年配の駅員さんは「うわぁ、肥前山口までですか?」と言い、経由地は裏に書いてありますと言うと、「これ全部経由地ですか!?」と驚いていました。

いわき駅は工事中でした。
DSCN3575.gif

旅行前、携帯電話の電池パックを交換してもらい、しばらくは不自由しなかったのですが、またこの頃になって電池の減りが早くなってきました。
充電グッズは色々持っていましたが、やはり携帯ショップなどで充電してもらった方がいいです。いわきも前に降りたことがあるので、記憶を頼りに駅近くの携帯ショップへ行きました。
それから昼食を・・・と思ったのですが、なかなか適当な店が見つかりません。

歩いているとラーメン屋さんを見つけました。結構、人の出入りが激しかったので入ってみました。
DSCN3574.gif

店内では前日から始まったバンクーバーオリンピックのテレビ中継が流れていました。
まわりを見ると、味噌ラーメンを注文している人が多かったので食べてました。どうやら味噌ラーメンが専門のようです。
もやしがしっかり入っており、スープも熱々、なかなか美味しかったです。
DSCN3572.gif

いわきからは一旦、常磐線と別れて、磐越東西両線に乗り、新潟県を目指しました。
約1時間待ち、この日の予定を考える上では一番のネックだった磐越東線の普通列車郡山行きワンマンカーに乗車しました。
磐越東線はいわき発は6時45分発、8時43発の後は乗車した13時13発までありません。この磐越東線の乗車する列車を選ぶには前日や翌日の日程とだけでなく、前後数日間の予定にも影響してきたので苦労しました。
DSCN3580.gif

DSCN3581.gif

ガラガラだったので、ボックス席でもよかったのですが、寝てしまいそうだったので、一番前のロングシート席で前面展望を楽しんでいました。
磐越東線は全線、福島県を走るですが、小川郷-小野新町で峠越えをするため、その前後の小川郷や小野新町を境に人の流れが変わるようです。この日は全線乗り通しの人もちらほら見受けられました。
磐越東線に乗るのは2度目、前回は郡山側から乗ったので、これで両側からとも乗車しました。
DSCN3582.gif

郡山では約1時間あったので、外へ出てみました。
いつも西口ばかり出るなので、たまにはと、東口に出てみましたが、何もなく、結局、いつもの西口で時間を潰しました。
そして改札へ入ろうとすると、出たときとは違い、おばさんの駅員さんがいました。例の切符を見せると、「これ切符ですか?えーっ!?」と、発駅、着駅、有効期間など1つ1つ見て、「こんなの初めて見たー!!」と何やらすごく興奮していました。

約1時間待ち、郡山からは磐越西線の快速あいづライナー3号に乗車しました。
DSCN3583.gif

郡山-会津若松は快速列車ばかりで普通列車を狙うのが難しいくらいです。以前、普通列車には乗ったことがあるので、今回は素直に快速列車で通りました。
せっかくなので、指定席を取りましたが、ガラッガラッでした。
485系を使用します。
DSCN3600.gif

DSCN3606.gif

会津若松に向かうにつれ雪がまた増えてきました。
天気もよかったので、磐梯山や夕陽が綺麗に見え、退屈することはありませんでした。
DSCN3619.gif

DSCN3629.gif

会津若松到着後、宿泊先のホテルに荷物を置き、再度出発です。

せっかくここまで来たので、 喜多方ラーメンを食べに行きました。
喜多方は例の切符のルートに入っているので、例の切符を使うか、別途切符を購入するか迷いましたが、往復乗車券を購入して、喜多方へ向かいました。

会津若松始発の喜多方行きは719系2両編成、喜多方までの列車では数少ない電車使用の列車です。
DSCN3640.gif

途中、塩川のみに停車し、15分ほどで喜多方到着です。
DSCN3646.gif

喜多方到着後は前に一度行ったことのある坂内食堂へ行くも、早仕舞いで×。マップを見て、別の店へ行くも×。
通り道にあり、初めて喜多方へ来た時から気になっていた源来軒がやっていたので入ってみました。
DSCN3652.gif

DSCN3653.gif

基本のラーメンを注文してみました。
これが大当たりで、あっさりしていてコクもあり、美味しかったです。また喜多方へ行く機会があれば食べてみたいです。
DSCN3649.gif

駅へ戻るも、次の列車は1時間近く後でした。待合室で待ち、やっとのことで行き同様、塩川のみに停車する会津若松行きに乗車しました。
今度は新潟からの列車なので気動車使用、キハE120系2両とキハ110系を組み合わせた3両編成でした。

<下車印押印駅>
福島、岩沼、原ノ町、いわき、郡山、会津若松
計6駅、通算47駅


(翌日へつづく)
スポンサーサイト


2010年2月-3月 JR最長片道切符の旅 | 22:33:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。