■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スルッとKANSAI 2dayチケットで乗りつぶし(1)
8月は後半に2連休が2回ありました。
1回目の2連休は8月21日(土)、22日(日)。関東ばかり行っていたので、たまには関西へと思いました。関西の大手私鉄は1日乗り放題の切符はだいたい出ていますが、営業距離の比較的長い南海電鉄は出ていませんでした。
色々調べていると、スルッとKANSAI 2dayチケットという、関西圏の約40社局の交通機関が2日間乗り放題で3,800円というものを発見しました。ただこれは関西圏では売っておらず、クーポン券と現地で引き換えという形の販売のようでした。

●8月21日(土)
この日も西へ行くときの定番、岐阜6時14分発の下り一番列車の普通列車大垣行きで大垣、大垣から221系4両編成の普通列車の姫路行きに乗り換えて西へ目指します。
平日ダイヤだと米原で新快速に乗り換えると大阪へは30分以上早く着きますが、休日ダイヤは平日ダイヤと異なり、米原での新快速との乗り継ぎが悪く、乗り換えてもあまり差が開かないので、最初の目的地、新大阪まで乗り通しました。
大垣発車時点では後ろの方の車両は座席がほぼ埋まる程度ですが、前の方の車両は立ち席も出ていました。京都までの各駅には先着ということもあってか、米原で乗り換える人は少なかったような気がします。
米原からは後ろに8両をつなぎ12両編成となって発車です。せっかくなので、後ろにつないだ車両に乗り換えましたが、大垣始発の車両に比べ車内はガラッガラでした。

途中、何度かウトウトしているうちに、列車は定刻通りに新大阪到着しました。
地下鉄乗り場へ行き、前日に旅行会社で手にした「スルッとKANSAI 2dayチケット」のクーポン券をチケットに引き換え、早速乗りつぶし開始です。
新大阪から地下鉄御堂筋線天王寺行きに乗車し、なんばへと向かいます。

なんば到着後、特別急行券を購入して、難波から特急こうやりんかん高野山極楽橋行きに乗車しました。前4両がこうや号で極楽橋行き、後ろ4両はりんかん号で橋本行きです。
DSCN7733.gif

DSCN7735.gif

窓口氏曰く、結構混んでいるとのことでしたが、窓側を取れました。
難波を出たときにはガラガラでしたが、新今宮、天下茶屋と停車し、ほとんど席は埋まり、隣にも人が座ってきました。
橋本を出ると、急カーブの連続、どんどん標高を上って行き、標高538メートルの極楽橋へ到着です。
DSCN7736.gif

極楽橋からはケーブルカーで高野山まで行きます。
特急からの乗り換え客などで満員。運転席の横で立って見ていました。極楽橋行きとすれ違います。
DSCN7740.gif

約5分、大阪難波から約1時間30分で標高867メートルの高野山へ到着しました。やはり標高が高い分、涼しかったです。
DSCN7744.gif

本来ならここからバスに乗り換え、高野山観光をしたかったところですが、今回は乗りつぶしメインのため、とんぼ返りです。
DSCN7745.gif

高野山からは行きとは対照的にガラッガラのケーブルカーで極楽橋まで戻ってきました。帰りは下りなためちょっと怖かったです。
車内はこんな感じです。
DSCN7749.gif

極楽橋からは各駅停車橋本行きに乗車、帰りは行きに特急で通ったところを各駅停車で戻っていきます。
DSCN7752.gif

各駅停車でしたが、高野下辺りまではほとんど乗ってきませんでした。山を下り、約40分で橋本へ到着、昼食としました。
橋本は初めて降りましたが、思っていたより静かな駅前でした。

橋本から急行難波行きに乗車しました。途中の河内長野から急行運転になってしまうので、河内長野まで乗車しました。
車内は冷房が効いて涼しかったですが、外はとにかく暑かったです。
DSCN7756.gif

河内長野からは始発の各駅停車難波行きに乗車しました。
行きは特急で1時間20分くらいで通ってきたところを帰りは倍以上の時間をかけて各駅停車で進んでいます。 普通列車だけとなると、どうしても乗り継ぎが悪かったりして時間がかかります。

途中の天下茶屋まで行き、ここからは南海本線の普通車和歌山市行きに乗り換えて羽衣へ向かいます。本線では普通列車のことを普通車というようです。なんか聞き慣れない表現です。
羽衣からは高師浜線の高師浜行きに乗車し、終点の高師浜まで往復しました。
DSCN7758.gif

高師浜から到着した列車は学生たちで満員でしたが、高師浜へ行く列車は2両合わせても15人くらいしか乗っていませんでした。
終点の高師浜は静かな住宅地の中にある駅でしたが、周辺に学校があるのか、帰りは学生ばかりでした。
DSCN7760.gif

高師浜線を往復した後は羽衣から再び南海本線の普通車関西空港行きに乗って貝塚へ移動です。
貝塚からは最近発売開始となった「鉄道1日フリー乗車券」を購入し、水間鉄道の水間観音行きに乗り込み、終点の水間観音まで往復してきました。
DSCN7764.gif

DSCN7765.gif

駅名の水間観音は駅から10分ほど歩いたところにあるそうです。
DSCN7768.gif

水間鉄道を往復した後は貝塚から普通車和歌山市行きで泉佐野まで移動です。
この頃になるとだいぶ涼しくなり、ホームで列車を待っていても苦にならなくなりました。
泉佐野からはこの日、最後の未乗路線である空港線の空港急行関西空港行きに乗車し、関西空港へと向かいます。
DSCN7775.gif

関西空港からの帰りは特急ラピートβ66号難波行きのレギュラーシートに乗車して一気に難波へと戻ります。すぐ横に停まっていたJRは満員でしたが、こちらはガラガラでした。
行きは普通で寄り道しながら何時間も掛けて来たところを、このラピートβはわずか38分で走り抜け、定刻通りに難波へ到着しました。
DSCN7778.gif

難波到着後は翌日使う特別急行券を購入し、地下鉄御堂筋線の千里中央行きで宿泊先の最寄り駅である新大阪へと向かいました。
この日の夕飯は「ぼてぢゅう」でネギ焼きモダンを食べました。牛すじとこんにゃくが入っています。
DSCN7779.gif

(翌日へ続く)
スポンサーサイト


2010年夏 鉄道旅行 | 22:49:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re:スルッとKANSAI 2dayチケットで乗りつぶし(1)
こんばんは。

懐かしい画像があったのでちょっとコメントします。
今から何年前だったかな、家族で旅行に行った時
この「こうや」号を利用したことがありました。
当時は「こうや」単体での運転で、一部が季節運転というダイヤでした。
現在は整備されていますが、当時は林間田園都市から単線で
今の倍の時間がかかったことを覚えています。
ちなみに、この特急券は旅行会社でも何とか予約できますが、
ほとんどは現地の窓口でしか買えないみたいです。

ケーブルカーも列車が到着してから約5~10後に発車して
駅前にあるバスとスムーズに連絡できるようなダイヤになっています。
駅前にもう1つ道路があったと思いますがそちらは車が通行でき、
途中で「有料道路」(山内の人はそう言っている)の分岐があり、
西の入り口「大門」に向かいます。
車窓から見え隠れした道路がこの「有料道路」になります。
ちなみに、ケーブルカーが山上へ向かうところに細い道があったと思いますが
覚えていますか?
実は、極楽橋からケーブルを使わずに徒歩で行くとバス道の出入り口にあたる
「女人堂」の近くに出れるのですよ。時間は倍かかりますが・・・

帰りは「各停」を利用されたのですね。昔の話ばかりで恐縮ですが、
当時は「河内長野までの各駅と金剛、北野田、堺東、新今宮」の停車駅でしたが、
「天下茶屋」の追加と利用者が少ないので2両の往復運転という方針に
なったみたいですね。これも時代かな?

高野線はほとんどトンネルばかりで紀見峠が県境になります。
河内長野や三日市町までは本数が多いのですが、それ以降は激変します。

まだまだありますが、このへんにしてきます。
2010-09-20 月 18:27:42 | URL | バス好き [編集]
Re:スルッとKANSAI 2dayチケットで乗りつぶし(1)
>バス好き様
こちらのカテゴリーでもコメントをいただきありがとうございます。
確かに列車からケーブルカーへの乗り継ぎは非常にスムーズでした。その分、極楽橋の駅の外に出たりする時間がなかったのが残念でしたが・・・。
極楽橋からケーブルを使わずに女人堂近くにたどり着くルートがあるんですね。細い道、ちょっと気が付きませんでした。
2010-09-21 火 19:53:29 | URL | ケン坊 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。