■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最終日は三浦半島へ
●9月7日(火)
3連休なんてのはあっという間、もう最終日でした。
この日は昼過ぎまで乗りつぶしをして、昼過ぎからは東海道線を下って岐阜へ帰るとだけ考えていましたが、どこを乗りつぶすかはきちんど決めていませんでした。
例によって前日の晩、東京時刻表とにらめっこ、結局、品川へ来た時から気になっていた京急線の三浦半島方面を乗りつぶすことにしました。
前日はゆっくりと出たので、この日は6時台に出発、まだ人はまばらでした。
DSCN8143.gif

改札で乗りつぶしに適したフリーきっぷのようなのがないか聞いてみたら、「三浦半島1DAYきっぷ」なるものを案内してもらい購入です。
京急品川から京急蒲田、京急川崎、横浜方面、普通新逗子行きに乗車しました。
DSCN8146.gif

横浜の辺りでは立ち席も出ていましたが、ラッシュとは逆方向のためか、全体的には空いていました。
京急品川から運転席後ろで前面展望を楽しむこと、約1時間半、終点の新逗子に到着です。
DSCN8147.gif

新逗子からは普通金沢文庫行きに乗車しました。さっきの列車は6両でしたが、今度は4両です。
来た道を金沢文庫まで戻りました。
DSCN8151.gif

金沢文庫からは浦賀へと向かいました。ペリー来航の地として有名な浦賀です。
DSCN8152.gif

浦賀から堀ノ内乗り換えで三崎口へ向かいました。三崎口は観光客が多く、駅前のバス乗り場は混雑していました。
DSCN8154.gif

これで三浦半島1DAYきっぷのフリー区間である金沢文庫より先の区間は全て制覇です。品川-金沢文庫は途中下車できないので、このまま戻ります。
三崎口からは品川、日本橋、浅草方面、快特高砂行きに乗車しました。これで来た道を一気に品川まで戻りました。
気持ちいいくらいに走ってくれました。
DSCN8155.gif

品川へ戻ってきて、少し早めの昼食を食べました。前日の夜、下見をした「せたが屋」へ。東京ではかなり有名な店のようです。
人気ランキング1位のせたが屋らーめんを食べてみました。
チャーシュー3枚、四万十川あおさのり、半熟味付け玉子などの具がしっかり入っているためか、1,000円とちょっと高めでしたが、これまたコクがある魚介風のスープで、一度食べただけで気に入ってしまいました。美味しかったです。
DSCN8157.gif

ラーメンを食べた後は18きっぷ5回目欄に日付を入れてもらい、岐阜へ向けてゆっくりと帰宅の途に就きました。
タッチの差で熱海行きを逃がしてしまい、熱海行きはしばらくなかったので、仕方がなく、10分後の小田原行きに乗車しました。
しかし、小田原行きでは仕方ないので、小田原で5分後に追っかけてきた、快速アクティー熱海行きに乗り換えました。
小田原行きは最新鋭のE233系、一方で、小田原から乗車した快速アクティーは211系とこの差は一体何なんだと思いました。

最終日はどこかで温泉に入りたいと思っていました。
どうせ熱海を通るならと思い、熱海で降りた後、観光案内所で日帰り入浴ができるところを教えてもらい、駅近くの「しほみや旅館」で日帰りを入浴してきました。いい湯だったので、ついつい長居し過ぎてしまいました。

熱海からは修行です。オールロングシートの211系3両編成、東海道線下り普通列車浜松行きに乗車しました。
意外にも立ち客はおらず全員着席で定刻通りに熱海を発車です。
どうしようかと思いましたが、浜松行きを静岡で乗り捨て、わずか5分の乗り換え時間で乗車券、自由席特急券を購入の上、東海道新幹線こだま667号新大阪行きに乗車しました。
自由席は2列シート、3列シートともほぼ誰か1人は座っておりなかなかの乗車率でした。車両は久々の乗車となる300系でした。

こだま号は在来線だと1時間10分かかる浜松-静岡をわずか25分で走り抜けてくれました。
小腹が空いたので補給し、浜松からは117系4両編成の下り普通列車の豊橋行きに乗車しました。
帰宅時間帯と重なり、どの車両も満席で立ち席も多数出ていました。乗客は途中で入れ替わりながらも、混雑したまま豊橋到着でした。

豊橋からは今シーズン、18きっぷで乗る最後の列車となる313系5000番台6両編成の新快速大垣行きに乗車しました。
こちらも2人掛けの座席はどちらか片側は埋まっており、自分も相席させてもらっていました。
新快速大垣行きは定刻通りに岐阜へ到着、これでこの夏の18きっぷの旅は終了、自宅へと帰りました。
今シーズンは就職してから最初の18期間でしたが、ほぼ毎回、休みの日には乗りつぶしに出かけ、3枚全て使いきることができました。
DSCN8167.gif

※2010年夏 青春18きっぷ旅行記 完結※

長いシリーズをお読みいただいた方、ありがとうございました。
次回からは「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」の旅行記を書いていきたいと思います。
スポンサーサイト


2010年夏 鉄道旅行 | 21:31:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。