■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最長片道切符の旅 通算20日目
●3月1日(月)
松阪~多気~新宮~和歌山~【和歌山線経由】~高田~【桜井線経由】~奈良

3月に入り、18きっぷも解禁になりました。
前日、津波の影響で足止めされた分を取り返すため、この日の朝はこれまでで最も早い松阪5時22分発の列車での出発となりました。
松阪始発の紀勢線、多気、三瀬谷方面、各駅停車の新宮行きワンマン列車です。
DSCN4608.gif

こんな早い時間に誰も乗ってこないだろうと思っていたら、松阪発車時は自分の他に3名、次の徳和でも数人の乗車があり、ちょっと驚きました。

多気では13分の停車。見た感じ、乗降はありませんでした。
時刻表によれば、多気からは列車番号の末尾がCからDになっているため、車掌が乗務すると予想できます。
やはり前に車両を2両増結し、4両編成となり、やはり車掌も乗務しました。
松阪や徳和から乗っている人は皆、後ろ2両の車両に乗っているため、敢えて多気から連結した前2両の車両に移動したら貸切状態でした。
DSCN4612.gif

途中、すれ違った列車は6時台前半でも完全に通学列車化していました、
こちらは意外と遅く滝原からようやく1人乗車、紀伊長島からは完全に通学列車化してきました。
そして前日、運転を見合わせていた大内山より先の区間へ入ると、海が見えてきました。結構、海に近いところを走るのでやはり危なさそうです。
尾鷲では少々、混雑は解消しましたが、またもや後ろの車両の乗車口には20人以上の高校生が待っていました。
この日は3月1日、高校は卒業式でしょうか、車内では記念写真を撮る姿や髪など身だしなみを整えたりする姿が見受けられました。

熊野市へ近づくにつれ、また少しずつ高校生が増えていき、熊野市で通学列車状態はほぼ解消しました。4両編成の列車はガラッガラッになってしまいました。

そして列車は松坂から約3時間半で終点の和歌山県は新宮まで来ました。これよりJR東海区間を一旦離れ、JR西日本区間へと入ります。
DSCN4622.gif

東海区間などでは3番線などと言いますが、西日本区間へ入った途端に3番乗り場と言い方が変わります。
名物のさんま寿司はまだ入荷してないとのことだったので、代わりにめはり寿司を購入して、新宮からは105系2両編成のきのくに線、紀伊田辺行きワンマンカーに乗車しました。
DSCN4633.gif

乗車した105系はオールロングシート。新宮から紀伊田辺の間を走る普通列車はこの車両ばかりのようです。
車内は地元の方ばかり20名ほど、皆、昨日の津波の話をしていらっしゃいました。
駅にはこのようなお詫びの掲示がありました。
DSCN4630.gif

左側には引き続き海が見えます。トンネルが多く、トンネルをくぐる度に少しずつ景色が変わり、退屈しませんでした。
本州最南端の駅、串本を通りました。
DSCN4639.gif

乗客は2両合わせても多いときでも20人くらい、ほとんどは10人以下で走っていました。
11時を過ぎたので、早めの昼食ということで、めはり寿司を食べてみました。しかし、高菜が苦手なのもあってか、個人的にはイマイチでした。やはりさんま寿司のがいいです。
DSCN4647.gif

紀伊田辺からは普通列車の御坊行きに乗車しました。113系4両編成の車内は高校生が目立ちました。
この車両を見ると、関西が近づいてきたんだと実感しました。
DSCN4649.gif

御坊から先はは何度か普通列車で通ったことがあるので、迷った末に、自由席特急券を支払い、特急スーパーくろしお16号新大阪行きの自由席に乗車しました。
よく考えたら381系に乗るのは10年ほど前に乗った中央線のしなの以来で、和歌山までしばしの間、特急を味わいました。
やはり疲れてきたのか、前々日、中津川からワープした時に続き、またもワープをかましてしまいました。
DSCN4652.gif

普通だと1時間20分ほどかかるこの区間、特急は海南に停車しただけで、わずか40分ほどで和歌山へ到着しました。
特急に乗った分、和歌山での滞在時間を30分程余分に確保できました。
DSCN4663.gif

和歌山到着後は有名な井出商店へ和歌山ラーメンを食べに行ってきました。14時近かったので、すんなり入店できました。
DSCN4654.gif

ラーメンを食べて駅へ戻ってくると今にも雨が降り出しそうな天気になってきました。
和歌山からは14時50分発の和歌山線、岩出、粉河、橋本、五条、吉野口、高田方面、王寺行きワンマンカーに乗車しました。
当初考えていた新宮出発の予定より2時間遅い列車になりました。
前日、新宮で泊まっていれば、和歌山から最長片道切符のルートをそのまま通ってくれる和歌山線、桜井線経由の奈良行きという列車に乗れそうだったのですが、残念ながら、この時間帯は王寺行きだったので、高田で王寺から来た桜井線経由の奈良行きに乗り換えなければなりません。

和歌山線もまたもやオールロングシートの105系でした。
きのくに線で乗ったときは気にならなかったですが、和歌山線で乗ると、105系はよく揺れました。
DSCN4665.gif

岩出の手前辺りからついに小雨が降り始め、笠田からは卒業証書や花束などを手にした高校生が大勢乗ってきました。
橋本で少々乗客が入れ代わり、近くの席では高校生が卒業アルバムを見て盛り上がっており、季節を感じさせる光景が見られました。

和歌山線は長かったです。2時間ほどかけ、ようやく奈良県は高田へ到着しました。雨は降った跡はありましたが、すでに止んでいました。
DSCN4672.gif

高田からは桜井、三輪、天理方面、桜井線経由の奈良行きワンマンカーに乗車しました。反対列車が遅れたため、約5分遅れで発車していました。
DSCN4676.gif

車内は満席で立ち席も出ている程の混み様で運転席後ろに立っていましたが、辺りはすでに暗くなっており、前方の景色はほとんど見えない状態でした。
遅れていたせいか、行き違い駅の手前で信号停車待ちがありました。
車内は奈良へ近づくにつれ、ますます混雑は激しくなり、満員で奈良へ到着です。いつの間にか遅れは回復していました。
奈良へ着くと、小雨が降っていましたが、幸い、駅前のホテルであったため、さほど濡れずに済みました。

この日は朝早かったため、夕飯を済ませ、大浴場に浸かった後は早々に寝てしまいました。
日付が変わる頃、火災報知機が鳴ったようですが、報知器の音には気がつかず、その後の館内放送で一瞬、目が覚めましたが、異常がないことが頭の中で分かるとまた寝入ってしまいました。

<下車印押印駅>
新宮、串本、紀伊田辺、御坊、和歌山、高田、奈良
計7駅、通算115駅


※翌日へ続く
スポンサーサイト


2010年2月-3月 JR最長片道切符の旅 | 21:32:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。