■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最長片道切符の旅 通算23日目
●3月4日(木)
金沢~敦賀~東舞鶴~綾部~京都

この日の朝も廃止となる夜行急行能登の到着を見るため、少し早めにホテルを出ました。
意外と人出は少なく、朝は多く見て30人くらいと思っていたより平和でした。
それに関してはすでにこちらにUPしてありますので、ご覧下さい。

当初は金沢6時55分発の普通福井行きで福井まで行くつもりでしたが、予定変更。
ダイヤ改正で1日1往復となる金沢7時11分発の特急雷鳥8号に乗り、福井まで行くことにしました。雷鳥は一度だけ18きっぷで旅行した時、ワープで乗っただけでした。
せっかくなので、指定席を取りました。乗車率は自由席、指定席とも号車によりまちまち、全体的には空いていました。
DSCN4885.gif

DSCN4887.gif

485系の特急に揺られるのは久しぶりのことでした。
発車してしばらくすると検札がありました。指定席券にスタンプを押した後、例の乗車券を見て車掌さんは「こちらにも押しておきましょうか?」と。大阪車掌区のスタンプを押していただきました。

特急雷鳥は当初乗る予定だった普通を美川で追い抜き、金沢から約50分程で福井に着きました。
予定より早く福井へ着いたので、雨がポツポツしてきた中、岐阜から嫁入りした電車を見てきました。

改札を入ると、女性の駅員さんが立っており、例のきっぷを見て困惑気味の表情。
経由地が書いてあるところを示すと、
「あー、北陸線ありました。今はここですね」
しかし、指したところは確かに北陸線であったのですが、1回目の北陸線だったので、
「いや、ここですよ」と教えると、
「あれっ?、北陸線、3つも書いてありますね」
と、少々驚きながらも納得されたようでした。
確かに北陸線は直江津-糸魚川、近江塩津-米原、富山-敦賀と3回に分けて乗っていますので、3つ書いてあります。

福井からは予定通り、8時39分発の鯖江、武生、今庄方面、普通敦賀行きに乗車しました。3両編成でしたが、どの車両も満席、最後尾車両でようやく1ボックス空きを見つけて着席です。
先行の特急列車が少々遅れて発車したため、福井を約2分遅れて発車しました。
DSCN4901.gif

南今庄を過ぎ、北陸トンネルに入ると、車掌さんが前の方へ歩いてきました。この区間では高い確率で検札があります。
しかし、待てど暮らせど戻ってこず、そうこうしているうちにもう敦賀到着3分ほど前になってしまいました。
もう来ないだろうと思っているところに我が最後尾車両の検札開始。

例のきっぷを見せると、若い車掌さんは最初、少々、困惑気味でしたが、経由地などをしっかりチェックした後、スタンプを押し、「まだ先、長いんで気をつけて下さい」とのお言葉までいただきました。

敦賀では1時間程待ち、小浜線、美浜、三方、小浜方面、東舞鶴行きワンマンカーに乗車しました。125系かと思いきや521系が来ました。
早くから入線しており、ガラガラでしたが、発車直前になり、階段に近い2両目はほぼ満席になりました。
DSCN4906.gif

小浜線は敦賀を出てしばらくは山の中をを進みますが、三方手前で三方湖が姿を見せたりと、車窓は変化していきます。
敦賀から1時間程で小浜に到着、ここでは約17分の停車があったので、例によって、下車印を押して貰いに改札へ行くと、年配の駅員さんは切符を見るなり、苦笑いをしながら「これ何ですか?」と。どうやらこのきっぷのことを知っているような感じでした。
それで私が「切符ですよー」と冗談混じりに言うと、「コピーさせてもうていいですかー?」と聞いてきたのでもちろんOKしました。身延駅に続き2度目でした。
雨がポツポツとしていました。
DSCN4919.gif

小浜では敦賀行きの125系と行き違い発車しました。
DSCN4916.gif

小浜での乗客の入れ替わりはあまりなく、車内は高校生や敦賀からの乗り通し客でほぼ満席の状態で発車しました。
地図を見てみると、小浜線は海沿いを走る路線のように思えるのですが、海岸沿いを走るのは小浜から数区間のみです。
混雑は若狭高浜までで解消したので、福井で買った焼さば寿しをいただきました。
DSCN4922.gif

鯖独特の臭みはなく、厚みがあり、焼き具合もよく、また、脂も適度にのっていて美味しかったです。
DSCN4925.gif

東舞鶴からは113系2両編成の舞鶴線、西舞鶴方面、綾部行きワンマンカーに乗車しました。
舞鶴線はその名の通り、綾部から西舞鶴、東舞鶴を結ぶ路線です。
これといった特徴がなく、乗りつぶしで乗った時にもそれほど印象に残っていません。今回もあっという間に通ってしまったような感じでした。
DSCN4931.gif

綾部からは最長片道切符のルートは山陰線で京都へ向かいます。
前日の夜、時刻表を見ていたら、綾部から園部まで特急に乗ると、京都へ約1時間早く着くことが判明したので、別途、自由席特急券を購入し、特急きのさき6号京都行きで次の停車駅、園部までワープしました。
自由席は旅行客などでほとんど席埋まっており、通路側に相席させてもらいました。大学生か、卒業旅行のような感じのグループ連れもありました。
DSCN4937.gif

山の中を走ること30分ほどで特急きのさき6号はあっという間に園部に到着です。
園部からは快速京都行きに乗車しました。221系4両編成、山陰線の京都口でこの車両に乗るのは初めてでした。
DSCN4941.gif

この頃、たまたま運行情報を見てみると、小浜線は強風のため、運転取り止めだとか。危ない危ない…。確かに小浜で降りたとき、風は強かったですが、運転取り止めになったとは驚きました。

嵐山、太秦といった京都の観光地を通り、だんだんと都会的な風景になり、終点の京都駅に到着です。
京都は33番乗り場へ到着、降車は34番乗り場からとなります。
DSCN4945.gif

●移動:京都~米原~岐阜
この後、最長片道切符のルートは京都から西へ向かいますが、翌日は就職の面接試験があったため、ここで一時中断し、普通乗車券を使って岐阜へと帰りました。
乗り場へ行くとたまたま普通列車米原行きが来るとのことだったので乗車しました。空いていたので、余裕で窓側に着席できました。
草津の辺りから天候は雨になりましたが、近江八幡辺りまで来ると止みました。
何を思ったか能登川過ぎてから寝てしまい、気が付いたら米原に到着しており、慌てて下車しました。

米原からは特別快速豊橋行きに乗車しました。途中、岐阜までは各駅に停車します。
京都方面からの新快速が着き、物凄い勢いで乗り換え客が走ってきて、一気に席が埋まりました。普通列車で来て正解でした。

特別快速豊橋行きは米原から乗客はあまり入れ替わらないまま、大垣を出ました。なぜか大垣入口でもたつき、2分遅れて到着しました。
米原を出た頃から再び雨が降り出し、大垣まで来ると、天候は完全に雨となっていました。

<下車印押印駅>
福井、敦賀、東舞鶴、綾部、園部、京都
計6駅、通算134駅


<通算23日目終了時点での切符>
この2枚目の余白も下車印でだいぶ埋め尽くされてきました。
DSCN4969.gif

(つづく)
スポンサーサイト


2010年2月-3月 JR最長片道切符の旅 | 21:00:50 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
焼きさば寿しは私も食べたことがありますが,美味しいですね(^^)v♪
2010-11-07 日 15:51:21 | URL | 岐阜バス大好き [編集]
Re:
>岐阜バス大好き様
焼さば寿し、召し上がられたことありますか。鯖の割りに臭みもなく、焼き加減もいいので美味しいですね。

岐阜バス記事についてはぼちぼち書きますので気長にお待ち下さい。
2010-11-08 月 21:50:20 | URL | ケン坊 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。