■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最長片道切符の旅 通算25日目(2)
最長片道切符の旅 通算25日目(1)の続きです※

麒麟獅子バスで鳥取駅へ戻った後は、最長片道切符の旅を再開、ここからは一旦、山陰地方を離れます。

当初の予定では鳥取12時03分発の因美線の智頭行きに乗る予定でしたが、これだと智頭で3分しかありません。
乗れないと思いましたが、1本前の鳥取11時05分発の因美線の大原行きワンマンカーに間に合いそうだったので、これで一足早く智頭へと向かうことにしました。
車両は智頭急行の車両の1両編成でした。
DSCN5089.gif

近代的な高架駅の鳥取を出ると、すぐに郊外の景色へと変わり、だんだんとローカル色が濃くなっていきます。
鳥取を出たときは2人掛け席はどちらか1席は埋まっている程度でしたが、智頭へ着いた頃には乗客は10人も乗っていませんでした。
途中、少々遅れていたものの智頭には定刻通りに到着、お腹も空いたので、昼食としました。
DSCN5098.gif

智頭へ来ると雨は止んでいましたが、風が冷たく寒かったです。
昼食は冬に来た時、一度行ったラーメン屋さんにしました。休みだったらどうしようかと思いましたが、営業していたのでよかったです。
DSCN5094.gif

生湯葉らーめんです。
名前の通り、生湯葉が入ったあっさりとしたラーメンでした。
DSCN5091.gif

智頭駅の発車案内。まだこんなものが使われていました。
DSCN5101.gif

智頭からはこの日の予定を立てる上で一番のネックとなった、智頭12時51分発の因美線の津山行きワンマン列車に乗車しました。
青春18きっぷ利用者と思われる鳥取からの乗り換え乗ばかり10名程を載せて智頭を発車、山沿いを進んでいきます。
DSCN5105.gif

JR西日本のローカル線ではこのように25キロの徐行区間があちこちにあります。因美線の智頭から東津山の間にも何箇所かありました。
DSCN5112.gif

最長片道切符のルートはこの後、東津山から佐用、姫路ですが、東津山で降りると40分近く待たなければならないので、区間外となる東津山-津山の運賃を支払い、一旦、終点の津山まで行きました。
DSCN5120.gif

乗客の顔ぶれはほとんど変わらないまま1時間10分ほどで終点の津山へ到着です。
改札で例の切符を示し、区間外となる東津山-津山の運賃を払おうとすると、切符を見て、駅員さんは少々困惑気味。経由地を示しながら現在地を説明すると納得していただき140円支払い、無事改札を出ることができました。

津山からは隣の東津山までの乗車券を購入して、姫新線の佐用行きワンマン列車に乗車しました。
1両編成の列車はほぼ満席、特にボックス席は人気のため当然座れず、ロングシートの部分に座り、後ろ展望を楽しむことにしました。
DSCN5128.gif

同じような景色が続いており、途中、いつの間にか寝てしまいました。
林野辺りで若干、乗客は増えましたが、ほとんど津山から顔ぶれは変わらず佐用には15時29分定刻通りに到着です。
佐用から先は平日、休日で時間が違うのですが、平日にやると思って作っていた予定表をそのまま持ってきたため、佐用へ来て、播磨新宮行きは16時10分発ではなく、この日は日曜日だったので15時44分発ということに気付き少々焦りました。
16時10分発なのにかなり早くから入線しているなぁと思い、時刻表を見たら、えっ??て感じでした。

佐用からは播磨新宮行きワンマンカーに乗車しました。新型のキハ122系に初乗車しました。
新快速などで使われている223系とどこかよく似ているなぁというのが印象でした。
ほとんどが先程の列車からの乗客で席は埋まっていたので、運転席後ろでかぶり付くことにしました。
DSCN5136.gif

播磨新宮からは8分の乗り換えで姫路行きワンマンカーに乗車しました。車両はやはりキハ122系でしたが、今度は2両編成でした。
2両ではあるものの先程の列車からの乗客に加え、部活帰りの高校生で座席は埋め尽くされており、佐用から姫路までずっと立ち席でかぶりついてました。
DSCN5142.gif

高架駅の終点の姫路には17時02分に到着、平日ダイヤより30分早く姫路へ着きました。
DSCN5145.gif

この後、切符のルートは姫路から山陽本線で岡山ですが、このまま岡山まで行くか、翌日の朝一番で出れば、1日早くゴールすることも可能でしたが、そうなると、翌日は乗り継ぎがスムーズ過ぎるのと、夜遅くまで乗り続ければならなくなったりするので却下し、この日は姫路で泊まりました。

一旦、ホテルへ入り、荷物を置き、観光案内所へ行き、姫路の名物は何かを尋ねてみました。姫路は何度か来ていますが、名物というと、姫路のえきそばくらいしか思いつかないです。
観光案内所の人から帰ってきた答えは「おでん」。えっ??おでん??
何でも姫路のおでんは生姜醤油で食べるのが特徴だそうです。パンフレットをいただきましたが、生姜醤油で食べるのは世界中を探しても姫路だけだそうです。
しかし、それだけでは夕飯のおかずにはならないので、他には何かないか尋ねてみると、それならお好み焼きはどうか?とのことで店を教えていただきました。

教えていただいた「きゃべつ」へ。後から調べてみると、結構有名な店のようです。店内は地元の常連さん方で賑わっていました。
DSCN5150.gif

お好み焼きは目の前で焼いてくれ、アツアツを食べることができました。
DSCN5147.gif

メニューを見ていると、おでんもやっていたので、追加で注文。やはり出てきたのは生姜醤油に付けて食べるスタイルでした。
DSCN5148.gif

<下車印押印駅>
豊岡、浜坂、鳥取、智頭、佐用、姫路
計6駅、通算145駅


(翌日へ続く)
スポンサーサイト


2010年2月-3月 JR最長片道切符の旅 | 21:38:27 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
お好み焼き美味そうww
2010-11-15 月 01:22:32 | URL | 岐阜バス大好き [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。