■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最長片道切符の旅 通算31日目
●3月17日(水)
新山口~益田~長門市~厚狭~下関

この日のルートは乗り継ぎや宿泊先のことを考慮すると、一気に行ってしまった方がよさそうです。
しかし、明るい時間帯に回ろうとすると、新山口7時22分発か9時37発で出るしかありません。そのため、前日は移動を兼ねて新山口まで来ました。
新山口7時22分発の普通列車の益田行きはキハ40系の堂々5両編成でしたが、実際に益田まで行くのは前1両だけ、後ろ4両は山口までで切り離しです。
DSCN5535.gif

5両も繋いでいるので、前へ行けば行くほど空いている感じでした。
DSCN5542.gif

新山口を出てしばらくは住宅の中を走り、駅間も短かったです。2駅目くらいからは車内は通学列車になってしまいました。
山口では9分の停車、後ろ4両を切り離し、ここからは1両での運転、ワンマンカーとなりました。
通学ラッシュは宮野までで解消し、ボックス席も山口を過ぎてから徐々に空き、その後は乗客は10人~15人前後で維持していました。
席を移動した後は景色を見ながらゆつくり過ごしました。この日は晴れて気持ちのいい青空が広がっていました。
宮野を過ぎると上り坂になり、家も少なくなり、ローカル色が急に濃くなります。

船平山をを過ぎると下り坂になり、車窓も開けてきて、左側に津和野稲荷が見えると、山陰の小京都である津和野へ到着。
津和野では新山口から乗っていた旅行者風の人も降り、津和野からは地元の方ばかり15人程で発車しました。

益田には定刻通り9時51分に到着、益田からは通算28日目の江津以来となる山陰本線に乗車し、西へ向かいます。
DSCN5562.gif

2分接続の長門市行きは見送り、約1時間20分程待ち、益田からは11時14分発の山陰本線、須佐、東萩方面、長門市行きワンマンカーに乗車しました。
この日は昼食を食べる時間がないため、益田で弁当を買って車内で食べようとしましたが、やってきた車両はなんとオールロングシートののキハ120系1両編成でした。そんなことなら、キハ47系だった2分接続の長門市行きに乗ればよかったと後悔していました。
DSCN5575.gif

長門市行きは乗客は地元の方と旅行者合わせて10名程で発車、見ていると、まわりに弁当食べてる人がいたので、それに紛れて自分もいただきました。
DSCN5579.gif

食べた後も車窓から見える海を眺めながらゆっくりしていたら、奈古から30~40人程の高校生が乗り込んで一気に賑やかになりました。早く弁当を食べておいてよかったです。
東萩では高校生を含め大半の乗客が降り、萩からは乗客は20名前後で発車、静かな車内が戻ってきました。

奈古からの高校生は玉江までで降り、玉江からはまた別の高校生が20名以上乗り込んできました。
終点の長門市には12時59分に到着、山陰線とはこれでお別れです。
DSCN5594.gif

長門市からは13時21分発の美祢線、長門湯本、美祢方面、厚狭行きワンマンカーに乗車しました。
関西線に始まり、非電化区間では何度となくお世話になったキハ120系も最長片道切符で乗るのはこれが最後となりました。
厚狭行きは地元の方や高校生、旅行者など乗客は15名程で発車、先程の山陰線の列車で見かけた人も何人かいました。
DSCN5603.gif

最長片道切符では山陽本線と山陰線の駅を結ぶ所謂、陰陽連絡線にいくつか乗りましたが、この美祢線が一番距離は短いです。
地味といえば地味な路線ですが、沿線には鉱山の工場があったり、有名な長門湯本温泉の温泉街の近くを走ります。
相変わらず山岳区間を走る典型的なローカル線で、25キロの制限も何箇所かありました。

いつの間にか寝てしまい、気が付くと終点の厚狭到着寸前でした。
厚狭には14時29分に到着、この日は水曜日で山陽本線では線路の安全点検を行っていたため、14時33分発の下関行きは運休、40分程待ち、15時12分発の山陽本線の下関行きに乗車しました。
これが最長片道切符で乗るJR西日本最後の車両となりました。
DSCN5617.gif

厚狭から30分程、終点の下関には15時44分に到着しました。いつの間にかホームの立ち食いうどんの店がなくなっていました。
DSCN5618.gif

計画段階で今日は小倉まで行くか、下関で泊まるか迷いましたが、この日は九州を目前にした下関で泊まることにしました。
宿泊先のホテルへ行きゴロゴロしながら、フロントでもらったパンフレットを見ていたら、海峡ゆめタワーの夕陽がきれいだとということで見に行ってきました。
高さ153メートル、展望室の高さは143メートルだそうです。
DSCN5621.gif

関門海峡を見てみます。
DSCN5629.gif

西側へ移動して、海へと沈んで行く夕陽をじーっと見ていました。10人くらい見ている人がいました。
17時41分
DSCN5627.gif

18時08分
DSCN5654.gif

18時17分
DSCN5677.gif

陽が沈むと、関門海峡はライトアップされていました。
DSCN5715.gif

十分満足した後は夕食を食べてホテルへと戻りました。

<下車印押印駅>
山口、益田、長門市、厚狭、下関
計5駅、通算162駅


(翌日へ続く)
スポンサーサイト


2010年2月-3月 JR最長片道切符の旅 | 21:32:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。