■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
青森へ
少し間が空いてしまいましたが続きです。

●12月21日(火)
東京に戻ると、はや5時30分から営業している店もあり、サンドイッチを購入しました。
東北・上越・長野新幹線の乗り換え口でこれから使用する「東京都区内→大阪市内」の乗車券を見せたら、駅員さんは「え?大阪??」と驚いていましたが、特急券を見ると、間違いではないと気づいたようで通してくれました。
早朝はほぼ4分おきに各方面に新幹線が出発していました。

東京からは6時28分発、東北新幹線はやて11号新青森行きに乗車しました。
上野、大宮、仙台、盛岡、二戸、八戸、七戸十和田、新青森に停車します。
DSCN9169.gif

こまち号との連結はなく、はやて号単独10両での運転です。
まだ暗い中、出発しました。
DSCN9174.gif

DSCN9176.gif

乗車前、みどりの券売機で調べたら、自分の隣は売れていない模様、東京を発車した時は乗車した号車はビジネス客などがちらほらいる程度でガラガラでした。
上野、大宮で乗車があり、2人掛け、3人掛け座席とも1人は座っているくらいの乗車率となりました。外もだいぶ明るくなってきました。
大宮で隣に誰も来ないことがほぼ確定したところで朝食としました。小山、宇都宮と通過したのは知っていましたが、その後、寝入ってしまい、気が着くと、宮城県に入り、もう仙台まであと10分ほどというところでした。
東京から仙台までは1時間40分ほど、やはり新幹線は速いです。

仙台で降りる人は意外と少なく、意外にも乗って来る人が多かったです。
この日の東北地方の天気は快晴、北上を過ぎた辺りから外はうっすらと白くなっていました。
はやて11号は東京から2時間半で盛岡に到着、ここで少々下車がありましたが、ここからも結構乗ってくる人がいました。もう新青森までは1時間程です。

八戸では大量に下車がありました。
いよいよここから新線区間へと突入します。事前情報ではトンネルばかりと聞いていましたが、意外と景色の見えるところも多かったです。
全長26キロの八甲田トンネルははっきりと分からず、たぶんこれだという程度でしたが、通過には5分ほどかかりました。

はやて11号は定刻通り、10時01分に新青森へ到着しました。東京から3時間33分、やっぱり速いです。
車掌さんは途中で交替するかと思いましたが、東京から新青森まで1人で通し乗務でした。
DSCN9183.gif

新青森へ着くと隣のホームには来年の3月から営業運転を開始するE5系はやぶさが停車中でした。この車両がデビューしたらまた行ってみたいと思います。
DSCN9179.gif

新青森は雪が残っていましたが、天気はよかったです。風もそれほどなく暖かく感じられました。
DSCN9185.gif

「MY FIRST AOMORI」
青森県内は開業ムード一色でした。
DSCN9187.gif

この日の昼食は駅ビル内、あおもり旬味館にある黒石やでB級グルメである「黒石つゆやきそば」を食べてきました。
具は確かに焼きそばの具でしたが、天かすがが入っていたりして、たぬきうどんかそばを食べているような感じでなかなか美味しかったです。
DSCN9189.gif

新青森からは乗車券、特急券を購入し、11時42分発のはやて24号東京行きに乗車しました。
車掌さんは先程、東京から乗ってきた列車と同じ人でした。
盛岡新幹線運輸区所属といっていたので、恐らく前日、東京で泊まってはやて11号で新青森、そしてはやて24号で盛岡まで乗務して終わりでしょう。
DSCN9195.gif

はやて24号は七戸十和田は通過の速達タイプ、新青森からわずか23分で八戸まで来ました。
DSCN9200.gif

八戸からは東北新幹線開業により、JR東北本線から移管された青い森鉄道で再び青森へ行きます。
青い森鉄道は「わ」の鉄道などとよく書かれていますが、これを見てどういう意味がようやく分かりました。
DSCN9201.gif

改札で18きっぷを見せ、「青森までですがいいですよね?」と念押すと、別の駅員さんに「これ青森まではええんやな?」と確認していました。
八戸12時46分発、三沢、野辺地、浅虫温泉方面、各駅停車の青森行きに乗車して青森へと向かいます。
DSCN9202.gif

車両は元JR東日本の701系2両編成でした。
DSCN9212.gif

青い森701-6と書かれていますが、よく見てみると、下にクモハ701-1005と書かれています。
DSCN9215.gif

座席は発車10分くらい前までにほぼ埋まり、発車時間が近づくにつれ立ち席も結構出て発車しました。
混んでいたのは三沢までであとはガラガラでした。JR時代とさぼど変わりなかったです。

沿線の駅にはJR東北本線から青い森鉄道に引き継がれることを案内する横断幕が掲げられていました。
DSCN9235.gif

八戸からちょうど1時間30分で定刻通りに終点の青森に到着しました。
DSCN9224.gif

これで東北新幹線の延伸区間と東北本線の青い森鉄道移管区間に乗るという目的は無事達成です。
青森の駅前も工事が終わりきれいになっていました。
DSCN9226.gif

青森からは浅虫温泉までの乗車券を購入して浅虫温泉へ。もう東北地方へ来た時には何度も立ち寄っている駅前の「ゆーさ浅虫」へ行ってきました。
展望浴場からの陸奥湾の景色はいつ見てもいいです。
DSCN9238.gif

浅虫温泉からの帰りは市営バスで青森市街地へと戻りました。
DSCN9243.gif

青森市街に入ったところでちょっと途中下車、降りたところから乗ったバスは青森の駅はかすめるだけで、新青森へ行くとのこと。
どちらみち新青森へ行って、土産を買ったり、食事をするつもりだったのでちょうどよかったです。
全て用事を終えた後はこの日の宿の始発駅である隣の青森へと奥羽線の列車で向かいます。

(つづく)
スポンサーサイト


2010年12月-2011年1月 鉄道旅行 | 20:52:08 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
東京から新青森まで最短3時間20分ですか。それにしても早いですね(笑)
東北本線の一部が青い森鉄道に移管されましたが、車両も701系のままで特に変わりはないようですね。並行在来線に18きっぷで乗車できるようになったとは驚きました。
2010-12-28 火 21:58:35 | URL | catfish [編集]
Re:
> catfish 様
学生時代、18きっぷを使い、朝、東京を出て青森まで丸一日かけて乗り継いで行ったのは何だったのかと思うほど速かったです。
東京を5時10分に出て、青森20時45着とか、我ながらよく行ったなぁと思います。

青い森鉄道は車両もそのままだったので、特に変わったという感じはしませんでした。
2010-12-29 水 21:22:31 | URL | ケン坊 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。