■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大阪から伊勢へ
近鉄の未乗路線は大阪線の大和八木-伊勢中川、山田線、志摩線、名古屋線(いずれも特急では乗車済み)、そして四日市周辺の支線となっていました。
大阪線の大和八木-伊勢中川をどうしようか考えていた時、ふと、大阪から大阪線、山田線、志摩線を乗り潰しつつ伊勢神宮へ参拝に行き、その後、賢島まで行き、特急で名古屋へ戻る案が思い浮かび、即、実行へと移しました。

●1月17日(月)
朝、起きてテレビを観ていると、地元、岐阜では23cmの積雪があると報じられていましたが、大阪は快晴でした。
阪和線で撮影を終えた後は環状線で鶴橋へ移動しました。
宇治山田までの乗車券を購入して、鶴橋から青山町行きの急行に乗車しました。
DSCN9741.gif

大阪線の大和八木まではつい3週間ほど前に普通列車で乗ったばかりの区間です。
大和八木では名張行きの準急に乗り換えました。
準急といえどもこの先、終点の名張まで各駅に停まっていきました。
先程と同じくロングシート車の6両編成、乗ってきた急行はほとんどの座席が埋まっていましたが、こちらはガラガラ、乗車した車両は自分1人です。
これより名張までは普通列車では乗ったことがない区間です。
大阪では晴れていましたが、奈良県に入ってから、雲が多くなってきました。
DSCN9742.gif

大阪からの準急などが終点となる榛原を過ぎた辺りから三重県との県境付近にかけ、所々に雪が残っており、名張には氷の粒がたくさん落ちていました。
名張からは伊勢中川行きに乗車しました。ここから伊勢中川まではまだ乗りつぶしをそれほど意識してなかった頃になぜか普通列車で乗っていますが、ほとんど記憶にないです。
DSCN9747.gif

この区間は私鉄で一番長い青山トンネルを含む区間です。普通列車だったので、入口、出口もしっかり見ることができました。
伊勢、志摩、名古屋方面の乗換駅である、伊勢中川からは賢島行きの普通列車に乗車しました。
名古屋線からの列車は雪の影響で遅れており、乗車した賢島行きも約9分遅れで伊勢中川を発車しました。
三重県内は風があって寒いですが、青空が広がっていました。
この先も普通列車で乗るのは初めて、途中の宇治山田まで行きました。
DSCN9750.gif

賢島行きの普通列車は回復して約4分遅れて宇治山田に到着しました。
駅前からバスに乗り、伊勢神宮へ参拝に行ってきました。宇治山田駅前から伊勢市駅前、外宮を経由して内宮へと向かいます。
DSCN9780.gif

約15分で内宮へ到着しました。
宇治橋を渡ります。気持ちのよい青空が広がっていました。
DSCN9763.gif

平日とあって参道は空いており、スムーズに参拝できました。
DSCN9757.gif

参拝後はおかげ横丁へ行き、昼食です。
DSCN9767.gif

秋に伊勢へ来た時には食べることができなかった伊勢うどんを食べてみようとおかげ横丁を歩いてみました。
『一番うまい店』という看板に釣られて入ってみました。
DSCN9774.gif

伊勢うどんの麺は太いことが特徴で、濃い目の醤油味のうどんです。
DSCN9772.gif

伊勢うどんを食べた後は赤福本店を目指します。
本店で赤福を食べようかと思いましたが、本店の向かい側に「赤福ぜんざい」という看板が目に入り、入ってみました。
DSCN9778.gif

その赤福ぜんざいです。焼き餅2つに大きな粒の小豆が入っているものでしたが、適度な甘さで美味しかったです。
DSCN9776.gif

秋に行ったときは慌しかったですが、今回はゆっくりとおかげ横丁を歩くことができました。
バスで宇治山田駅へ戻り、賢島行きの普通列車に乗車しました。もう定刻通りの運転に戻っていました。
賢島は特急で行ったことはありますが、普通列車で行くのは初めてでした。
DSCN9783.gif

鳥羽を過ぎると所々単線になったり、急カーブやトンネルが連続したりとローカル色が濃くなっていきました。
海に近いはずなのですが、車窓からはあまり見ることはできませんでした。
賢島の1つ手前の駅までは高校生などで混雑してましたが、賢島で降りたのは自分入れてわずか4名でした。
DSCN9784.gif

駅前は静かなところでした。少々時間があったので港まで行ってきました。
DSCN9787.gif

賢島からは16時30分発、名古屋行き特急に乗車しました。
DSCN9788.gif

DSCN9796.gif

6両編成でしたが、賢島を出たときは全部合わせても10人いるかいないかでした。
鳥羽を出てから陽も暮れ、ようやく走りも特急らしくなってきたところで、寝入ってしまい、その後、白子辺りまでほとんど寝ていました。
ガラガラだった車内は津や白子でまとまった乗車があり、窓側はほぼ満席に、入れ替わりも激しく、四日市でドサッと降りていきました。
四日市辺りから所々に雪が残っており、名古屋へ向かうにつれて確実に増えていました。

終点の名古屋には約3分遅れて到着しました。近鉄で名古屋降りたのはいつ以来かと思うほど久しぶりのことでした。
JRか名鉄かどっちで帰ろうかと迷いましたが、JRの駅の近くにクルマを止めていたので、JRで帰ることにしました。
この日の朝、岐阜駅で貨物列車が3時間以上にも渡って立ち往生した余波がまだ残っていたようで、東海道線はダイヤはメチャクチャ、列車もなかなか来ず、ホームも列車を待つ人でごった返していました。
名古屋を所定18時30分発の新快速大垣行きは約44分遅れで名古屋を発車しましたが、満員で乗り切れず、後続列車待つ羽目になりました。
それから15分ほど待ち、ようやく所定18時45分発の普通岐阜行きに乗車できました。
この日は乗り場を5番線から6番線に変更の上、約45分遅れで名古屋を発車、比較的いい立ち位置を確保できましたが、311系4両編成ゆえに車内は超満員、積み残しも多数でした。
各駅で大量に下車があったので、徐々に混雑はだいぶ緩和し、約48分遅れて終点の岐阜へ到着しました。
岐阜はしっかりと雪が残っており、停めておいたクルマにもしっかり雪が積もっており、出るまでに一苦労でした。

今回は思いつきで急遽出かけたわけでしたが、雪の影響も最初と最後に受けたくらいで、自分なりに楽しむことができました。
スポンサーサイト


2010年12月-2011年1月 鉄道旅行 | 22:20:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。