■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
九州内最後の夜行列車
●2月2日(水)~3日(木)
この日の宿は博多22時52分発、小倉、大分方面、宮崎空港行きの特急ドリームにちりん号です。
九州内のみを走る唯一の夜行列車、また、定期列車としては唯一、座席車のみの夜行列車ですが、この3月のダイヤ改正で廃止となります。
DSCN00275.gif

列車は783系5両編成、博多発車の時点では先頭が5号車、自由席は5号車、4号車、3号車、2号車のB室、指定席は2号車のA室と1号車のB室、グリーン車は1号車のA室となります。
博多駅の空席案内によると、この日、グリーン席は×、指定席は△、発車前に見てきましたが、確かにそこそこ埋まっていました。
ホームでは意外にカメラを持った人はほとんど見かけなかったです。
DSCN00004.gif

DSCN00281.gif

当初は指定席に乗車するつもりでしたが、1週間くらい前にみどりの券売機で見たところ、グリーン席の運転席後ろの1人掛け席が空いており、迷わず購入しました。
進行方向が変わる小倉までは最後部車両となります。
博多発車後、早速、大分の車掌さんによる検札がありました。指定券を見て、自分を含めて宮崎まで行く客には1人1人に対して降灰があるかもしれないのでと、マスクの着用を呼び掛けていました。

博多からおよそ1時間で小倉に到着、ここで進行方向が変わり、日豊線に入ります。いよいよこれから深夜の前面展望の始まりです。
深夜なので、昼間に比べると前面展望は劣りますが、やはり一番前というのはワクワクします。
小倉発車後、自動放送による、おやすみ放送ありました。九州の自動放送は車掌さんがしゃべるように上手く作られています。
グリーン席は満席とのことでしたが、実際は12人定員のところ5人しか利用していませんでした。
DSCN00307.gif

夜行列車とは言えども、昼間の特急ソニックとほぼ同じように停車していきます。いつの間にか寝てしまい、気が着くと、別府を過ぎたところでした。
大分には1時30分に到着、大分ではこの列車の名物?でもある、1時間55分にも及ぶ長時間停車中があります。全国的に見ても、この停車時間はトップだと思います。
DSCN00283.gif

一応、大分までは最終列車としての役割、延岡からは始発列車としての役割を担っているようです。見ていると、大分では15人程が下車していきました。
車掌さんは大分から宮崎の人にすぐに交替したようで、時々、車内やホームを巡回をしていましたが、運転士さんはまだ交替の人が来てないようで運転台に残っていました。
深夜のホームに降りて、ザッと1両目から5両目まで見ましたが、やはり全部合わせても15人前後しか乗っていませんでした。これでは廃止は止むを得ないかと思います。
DSCN00287.gif

意外と動いてない列車で寝るのはなかなか難しいです。
見ていると、ちらほらと、改札の外へ出て行く人やホームに出てくる人がいました。

2時46分、博多行きの特急ドリームにちりんが到着、こちらは3時52分まで1時間6分停車します。寝れないので、見てきましたが、こちらはザッと25人くらい乗っていました。
DSCN00300.gif

列車へ戻るも、運転台にはまだ小倉から乗務してきた運転士さんが座っていました。座っているというかくつろいでいる感じでした。
いつになったら交替の運転士が来るのか・・・。
そうこうしているうちに発車時間まであと10分程になり、何やら運転台からゴソゴソと音が。よく見てみると、小倉から運転してきた運転士さんがそのまま引き続き乗務するようで準備をしていました。
1時間55分の停車は運転士さんの休憩の意味もあるみたいです。

3時25分、定刻通り大分を発車。やはり不思議なもので動き出すと眠れます。
臼杵、津久野、佐伯と停車したようですが、記憶が曖昧です。

「皆様、おはようございます。夜行列車での長いご旅行お疲れ様です」
という出だしのおはよう放送がかかって目が覚めました。列車は宮崎県へと入っており、しばらくすると、定刻通りに延岡へ到着しました。
小倉から夜通し乗務してきた運転士さんはここで宮崎の運転士さんに交替、もうこの後は宮崎空港まで交替なしです。

延岡からもう一寝入りするつもりでしたが、自動放送となんとも気合いの入った車掌さんの放送で目が覚めてしまいました。
前に階段がある駅が多いようで、車掌さんが何度も運転室を出たり入ったりしています。
始発列車としての役割を担っていることもあってか、各駅では少しずつ乗車がありました。

6時25分、宮崎へ到着、グリーン車の乗客は自分以外、皆、宮崎で降りてしまいました。他の車両でも大半の乗客はここで降りていったようです。
宮崎を発車すると、南宮崎に停車、田吉を通過すると、空港線に入り、程なくして、6時35分、終点の宮崎空港へ到着しました。
ようやく外が少し明るくなりかけていました。
DSCN00309.gif

(つづく)
スポンサーサイト


2011年2月 鉄道旅行 | 21:16:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんばんは。
ドリームにちりんですが、私も九州へ行った際に何度かお世話になりました。私が乗車した時は長期休暇中だったためか、そこそこ利用があったように見えましたが、やはり閑散期はあまり利用がないようですね…。
思い入れのある列車だけに、廃止は非常に残念です。
3月ダイヤ改正、九州新幹線開業により九州は大きく変わりますね。
2011-02-16 水 21:22:15 | URL | catfish [編集]
Re:
>catfish様
こんばんは。
catfish様はドリームにちりんは何度か乗られたことがあるのですね。
私はというと、九州へ行った際に前々から一度乗ってみようと思っていたものの、日程との都合上、乗る機会に恵まれず、今回、最初で最後の乗車となりました。
閑散期はガラガラだと聞いていましたが、ここまでガラガラだとは思いませんでした。
2011-02-17 木 21:04:06 | URL | ケン坊 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。