■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
さらば九州
●2月4日(金) 最終日
『最終日は撮り鉄』の記事と合わせてご覧下さい※

前日、泊まったホテルの部屋はなんと22階でした。部屋からは熊本駅が見下ろせました。
DSCN00438.gif

最終日のこの日は熊本7時25分発、玉名、大牟田方面、普通列車の鳥栖行きでスタートしました。ようやく外は明るくなりましたが、どんよりとした曇り空でした。
前日までの2日間は特急ばかりに乗っていたので、この列車が今回、九州へ来てから乗った初めての普通列車でした。
通学の学生たちで車内は混んでいましたが、1つめの駅、上熊本でドサッと降りていきました。
DSCN00441.gif

木葉で降り、駅撮りしました。陽は差していましたが、外は寒く、すっかり冷えてしまいました。
撮影後は鳥栖行き2両運転のワンマン列車で大牟田まで移動、大牟田から博多行きの特急リレーつばめ34号に乗り換えました。
これが実質、最後のリレーつばめ号乗車となりました。ダイヤ改正後はこの乗り場案内の札も有明のみとなります。
DSCN00442.gif

その後は吉塚と原田で駅撮りしました。
お腹が空いてきたので、原田での撮影を一時中断して、鳥栖へ行き、美味しいと噂の5、6番乗り場の店舗でいつものかしわうどんを食べました。
DSCN00444.gif

DSCN00445.gif

かしわうどんを食べた後は、まだ少し時間があったので、再度、原田で撮影をして、二日市へ。

最終日は歴史ある二日市温泉「博多湯」へ行ってきました。たまたまよその温泉を調べていたら、この二日市温泉のことを知りました。
事前に調べたところ、温泉の目の前で停まるバスが二日市の駅から1時間に1本出ているとのことで、それに合わせることにしました。
街中にある銭湯みたいな感じのところでした。
DSCN00447.gif

入口へ入ると、硫黄臭が漂っていました。浴槽は大きな岩風呂の内風呂が1つあるのみ、鉄分が強いらしく、お湯が出てくるところは赤く染まっていました。
清潔を保った源泉掛け流し温泉ということにこだわっているようで、細かな注意書きがたくさんあるのが目立ちました。
こじんまりとしたところでしたが、落ち着いた雰囲気の温泉で、結構気に入りました。

帰りはバスの時間がうまく合わなかったので、タクシーで駅まで戻りました。途中、踏切待ちでロスタイムをしましたが、何とかワンメーターで辿り着きました。

二日市からは博多行きの特急みどり・ハウステンボス16号、かもめ24号に乗車しました。博多まで10分足らずでしたが、しっかりと検札がありました。

博多到着後は前日、下見をした店で土産を買い、博多を離れました。
自宅にはいつもの定番、福砂屋さんのカステラと、職場には、前から気になっていた「博多通りもん」を買っていきましたが、これがまた他にはない味で美味しかったと大好評でした。

3日間、何度となく通った博多駅の改札ともこれでお別れです。
九州新幹線全線開業までのカウントダウンボードはあと35日と14時間58分24秒となっていました。
DSCN00459.gif

博多からは小倉まわりの大分行き特急ソニック35号に乗車しました。
3日間、特急に乗りまくりましたが、なぜか883系には乗る機会が全くありませんでした。白いソニックもいいですが、自分はこちらの方がソニックらしい感じがします。
実質、この列車が今回、九州内で乗る最後の特急列車となりました。
DSCN00462.gif

車内では二日市で買った太宰府名物の梅ヶ枝餅を食べました。初めて食べましたが、別に梅の味はせず、あんこが入った焼餅のような感じでした。
DSCN00465.gif

当初、新幹線には博多から乗るつもりでしたが、時間があれば寄ってみたいところがあったのと、午前中に起きた「事件」の処理に行きました。
その事件とは、この日、午前中、吉塚から原田へ向かう途中で置きました。
着替えや洗面道具が入っているなど、金目のものは入ってない、旅行カバンを網棚に置いたまま降りてしまったのです。2日間、ロッカーに入れっぱなしで身軽になっていたので、すっかり忘れました。
鳥栖行きの列車だったので、鳥栖へ問い合わせましたが、届いておらず、ならばと、折り返しの列車が終点に到着した頃、門司港へ問い合わせると、なんと門司港ではなく、小倉にあるとのことで、やはり行くことになりました。

荷物も無事、受け取り、寄ってみたかったところへも行け、予定は全て消化、思い残すこともなく、九州を離れることができました。
と思いましたが、新幹線の発車までまだ少々時間があったので、最後にこれまた美味しいと噂の7番、8番乗り場の店舗でかしわうどんを食べてみました。
久々に小倉で食べてみましたが、鳥栖とはまた違って美味しかったです。
DSCN00468.gif

小倉からは17時17分発、のぞみ56号東京行きに乗車しました。
DSCN00473.gif

DSCN00475.gif

指定券はこの日の昼頃、購入したのですが、十分空いてますよとのことでした。直前にも売れていないようで車内はガラガラでした。
すぐに関門トンネルをくぐり本州へ戻りました。

行きと所要時間は同じなのですが、なぜか帰りの方が速く感じました。
各停車駅で乗車があり、岡山を出た頃には乗っていた車両の窓側席はほぼ満席に、通路側もだいぶ埋まってきました。

この日の夕食は小倉で購入した「九州新幹線全線開業記念、折尾名物特製かしわめし」、一足早く九州新幹線全線開業祝いをしました。
DSCN00479.gif

のぞみ56号は新大阪からほぼ満席となり、隣もやってきました。名古屋には20時29分、定刻通りに到着しました。ついに戻ってきてしまいました。

今回の旅のシメは名古屋20時42分発、ホームライナー関ヶ原1号関ヶ原行きにしました。実はこれに乗れるよう、新幹線も調整しました。
DSCN00484.gif

久々のホームライナー乗車、683系しらさぎ編成も久しぶりでした。
DSCN00485.gif

先行列車が少々遅れていましたが、定刻通りに名古屋を発車しました。
どういう割り当てになっているのか、埋まっている区画と空いている区画の差が激しく、隣もいたりでちょっと窮屈でした。
ホームライナー関ヶ原1号関ヶ原行きは定刻通りに岐阜へ到着、めでたく全ての行程を終えました。

今回は九州新幹線全線開業を間近に控えた中での九州旅行となりましたが、何と言っても特急列車に十分乗れ、また、ダイヤ改正で廃止になったり、動きが起きる列車や車両にも乗れて、充実した3日間となりました。
九州新幹線全線開業後には今度は「さくら」か「みずほ」に乗ってまた九州を訪れたいと思います。

(2011年2月九州旅行記・完結 )
スポンサーサイト


2011年2月 鉄道旅行 | 20:43:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。