■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
山代温泉
ポートラムで岩瀬浜まで往復した後は、富山11時10分発、北陸線、高岡、石動方面、普通金沢行きに乗車しました。
この列車には改正前にも乗りましたが、改正後も変わらず、475系の3両編成、車内は各ボックスに2人、3人座っている程度の乗車率、自分も相席となりました。
改正前に乗ったのは平日、この日は日曜日でしたが、明らかに前回より混んでいる感じでした。
DSCN01449.gif

前回は車内で駅弁が食べれる雰囲気でしたが、今回は入れ替わり立ち替わり乗ってくるような感じだったのでやめました。
高岡を過ぎるまでは起きていましたが、いつの間にか寝てしまい、気がつくと、東金沢に着くところでした。

金沢到着後は朝、高山で購入した、「飛騨牛しぐれ寿司」を食べました。
この駅弁は駅弁大会にも何度か出店したことがあるそうですが、実は今まで食べたことがありませんでした。
酢飯の上に飛騨牛のしぐれ煮とローストビーフがのっており、ローストビーフは肉の味がしっかり染み込んでいて美味しかったです。
DSCN01453.gif

金沢からは13時03分発、松任、美川、小松方面、普通福井行きに乗車しました。
車両は521系の2両編成、入線後、あっという間に座席は埋まり、立ち席も少し出ていました。
521系でも新しい編成のようでまだ新車独特の臭いがしました。
DSCN01457.gif

今回は北陸地方で温泉に入るというのが旅の目的でした。前回は芦原温泉へ行ったので、今回は加賀温泉、その中でも北陸三県の中では最大規模の山代温泉へ行くことにしました。
福井行きを加賀温泉で下車、路線バスに乗り換えて山代温泉へと向かいます。
加賀温泉駅から山代温泉までの所要時間は約15分、運賃は240円でした。
DSCN01461.gif

バス停から少し歩くと、「古総湯」が見え、その奥に「総湯」が見えてきました。
簡単に言うと、「古総湯」は明治時代の総湯を再現したもので大きな内湯が1つあるだけで洗い場はなし、「総湯」はいわゆる日帰り温泉みたいな造りで、熱めと温めの2つの内湯があり、こちらは洗い場もあります。
迷った結果、両方入ることにし、まずは「古総湯」から入ることにしました。
外観は温泉には見えず、茶室かと思うような造りの建物です。
DSCN01465.gif

DSCN01468.gif

受付でお金を払うと、貴重品ボックスを案内されました。その奥にでも脱衣所があるのかと思いきや、「お客さんこちらですよー」と。
「脱衣所は?」と聞くと、「この中です」と。
「この中って?えっ・・・?」
そうです、脱衣所は浴室の中のちょっとした仕切りをしたところにありました。
番台のおばさん曰く、掛け湯は相当熱いので、薄めて使って下さいとのことで、その通りにします。
そして浴槽へ、番台のおばさん曰く、掛け湯とは対照的にこちらはぬるいので、30分くらいじっと入って下さいと。入ってみると確かにぬるかったです。

地元の常連のおじさんに湯の吹き出し口の横へ来ると温かいよと教えていただいたので移動します。温かくて「離れれんやろ?」と。確かに離れられませんでした。
明治時代を再現したものですから、時計もありません。なので、30分たったかは感覚です。そろそろかな?と思い、出てみると、すでに30分程立っていました。

続いて向かいの「総湯」へ。
DSCN01470.gif

「総湯」へ行ってから知ったのですが、「古総湯」と「総湯」のセットの入場券があったようで、ちょっと損をしました。
熱めとぬるめの2つの浴槽がありましたが、ぬるめの方でもチクッとする熱さ、熱めの方は私にはとても入れない熱さでした。熱めが好きな人はいいと思います。
日曜日ということもあってか、浴室は結構混んでいました。

「古総湯」と「総湯」、どっちがよかったか?
やはり空いていたのと、地元の人が多く、のんびりとした雰囲気を味わうことができた点では「古総湯」の方がよかったです。印象も「古総湯」の方が強かったです。
ちなみに「古総湯」は500円、「総湯」は420円、セットだと700円でした。

山代温泉を満喫した後はバスで加賀温泉駅へ戻りました。
この山代温泉周辺にはいくつかのバス停がありましたが、「山代温泉」というバス停が「古総湯」と「総湯」へは一番近いようです。

加賀温泉から17時33分発、芦原温泉、福井方面、普通敦賀行きに乗車しました。
521系の4両編成とあって、余裕で着席できました。
このまま敦賀まで行っても、福井で一旦降りて1本後の列車に乗っても、敦賀からどちらみち同じ列車なので、一旦、福井で降りて夕食にしました。

福井からは金沢よりやってきた、18時47分発、鯖江、武生方面、普通敦賀行きに乗車しました。
改正前は475系の3両だったはずですが、改正でこの列車も521系化され、しかも2両に減車されてしまいました。
座席は満席、発車間際になってから立ち席も出だしました。
DSCN01485.gif

北陸トンネル内では久々に検札に遭遇しました。
敦賀からは19時52分発、近江塩津、木ノ本方面、普通長浜行きに乗車しました。
この列車は改正後も521系の2両で変化なし、余裕で着席はできましたが、どんどん席は埋まり、ほぼ満席で発車しました。
DSCN01490.gif

この日、湖西線内は夕方から強風の影響により、サンダーバードは米原経由で迂回運転中、木ノ本ではその迂回運転中の特急サンダーバード42号を先に通したため、終点の長浜へは約4分遅れて到着しました。
長浜からは20時43分発、普通米原行き乗車しました。
改正前は新快速でしたが、改正後、休日は普通米原行きとなりましたが、車両は223系の8両編成でガラガラでした。
車内には福井からずっと一緒の人がちらほらと見受けられました。やはり日曜日とあって、18きっぷの利用者が多いようでした。

普通米原行きは米原はどこへ入るかと思ったら2番乗り場へ到着。
大半の乗客が向かいの新快速に乗り換える中、8番乗り場へ行き、米原からは21時02分発、普通列車大垣行きに乗車しました。
西からの直通列車なので、車両は221系の4両編成でした。
余裕で着席できましたが、少々遅れて到着した新快速長浜行きが到着すると、一気に人が流れ込んできて、空いていた座席は全て埋まり、立ち席多数となり発車しました。
DSCN01491.gif

終点の大垣では5分しか乗り換え時間がないのになぜか約2分遅れで到着、一同、4番線から1番線へダッシュして、快速豊橋行きに乗車しました。
この列車で岐阜まで行き、今春の18きっぷ旅は終了となりました。

今春、使用した18きっぷです。
このきっぷを買った時は、まさか大震災が起こるとは思ってもおらず、関東方面へ行く計画を立てていましたが、すべてキャンセル。影響の少ない関西や北陸へ行くことにしました。
1枚目は降りたところでは途中下車印を押してもらいましたが、2枚目ではほとんど押してもらいませんでした。
DSCN01564.gif

(2011年春 青春18きっぷ 旅行紀終了)
スポンサーサイト


2011年3月-4月 鉄道旅行 | 20:46:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。