■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福岡市営地下鉄と西鉄乗りつぶし
●4月24日(日) 続き
つばめ号で博多到着後は宿泊先のホテルに荷物を預け、身軽になって行動開始です。
九州新幹線開業後にと残しておいた福岡市営地下鉄と西鉄の乗りつぶし。地下鉄は空港線は乗車済み、西鉄はほとんど手を付けていませんでした。
福岡市営地下鉄の博多駅で「旅名人の九州満喫きっぷ」の2回目に日付を入れてもらい、まずは姪浜行きで天神へと向かいます。
DSCN01924.gif

天神からは地下街を5分ほど歩き、天神南へ。天神南からは同じく地下鉄七隈線に乗車、橋本まで往復してきました。
なかなか特徴のある顔の電車でした。鉄輪式リニアモーターカーを使用しているそうです。
DSCN01926.gif

天神南へ戻ると、ちょうど10時を過ぎており、大丸のメガネ屋へ。実はこの日の朝、不注意でメガネを変形させてしまい、その調整に行ってきました。
これが思いのほか時間を費やし、中途半端な時間になったので、少し早めに昼食としました。1時間早いつばめに乗ったのもよかったですし、なんと言ってもこの日は予定に余裕があったのでよかったです。

この日の昼食は特に決めていなかったのですが、朝乗った地下鉄で、中洲川端駅スグの「一欄」を宣伝していたので行ってみることにしました。
チェーン店なのですが、今まで行ったことがなかったです。
DSCN01936.gif

入口で食券を購入し、席に付くと、アンケート用紙のような紙を渡されました。
アンケートではなく、その用紙には、味の濃さ、こってり度、にんにく、ねぎ、チャーシュー、たれ、麺のかたさ等が記入されており、好みに合わせて選んでいき、店員さんに渡します。
各カウンター上には衝立があり、ラーメンを食べることに集中できるように工夫がされていました。

初めてなので、にんにくはなし、あとは全て基本にしてみました。
DSCN01932.gif

唐辛子がよく効いておりピリッとしましたが、スープもコクがあって、どちらかというと豚骨は好きではない私ですが、美味しいと感じました。
美味しかったので替え玉も注文。替え玉を注文すると、店内にチャルメラが鳴り響きます。
DSCN01934.gif

午後は西鉄福岡からスタート。まずは13時00分発の天神大牟田線の大牟田行きの特急で一気に大牟田へと向かいました。
車内は転換クロスシートで運転席後ろの座席に座ると前面展望を楽しむことができます。ホームに行くのが遅かったため、最前列はゲットできませんでした。
全線複線かと思っていましたが、所々で単線となっている区間があるのには驚きました。
DSCN01941.gif

大牟田からは甘木行きの普通列車で来た道を戻りながら甘木へと向かいます。
信号所で4分、柳川で22分、大善寺で9分、久留米で7分、宮の陣で3分と、特急や急行の退避を繰り返しながら、2時間21分かけてゆっくりと進んでいきます。
停車時間が長かったせいか、乗車時間はそれほど長く感じませんでした。
DSCN01946.gif

終点の甘木には16時48分に到着。この駅舎は西鉄最古のものだそうです。
DSCN01949.gif

甘木到着後は駅から600メートルほどのところにある「天然温泉 卑弥呼の湯」へと歩いて向かいました。
掛け流しの強アルカリ性の温泉で、PHは9.9とのこと。トロトロっとした感じの肌触りの温泉で気持ちよかったです。
DSCN01953.gif

帰りは甘木鉄道からJRに乗り継いで博多へと戻りました。甘木鉄道の甘木とは100メートルほど離れていました。
列車の本数の違いもありますが、甘木鉄道の駅の方が栄えているような印象を受けました。
DSCN01955.gif

甘木鉄道はパラパラと高校生が乗ってくる程度でガラガラでした。乗っているうちに辺りはだんだんと暗くなり終点の基山へ到着です。
この「旅名人の九州満喫きっぷ」は九州内の鉄道全てに乗れるので、会社が変わってもいちいちきっぷを買う必要がないのが便利です。
DSCN01957.gif

基山からはJR鹿児島本線に乗り換えて博多へと向かいます。甘木鉄道と接続が悪く、基山で15分以上も待つ羽目になりました。
DSCN01958.gif

博多到着後は夕食です。博多デイトスの博多めん街道へ行ってみました。
ここはどちらかというと、ラーメンのイメージが強いところですが、ラーメン以外にも麺類の店はあります。
昼にラーメンは食べたので、他のものをと思っていたらうどん屋を発見。「博多めん処 峰松本家」です。おススメは「どんめん」。
簡単に言えばチャンポンのうどん版。それにこの店の看板でもある蒲鉾が入っているものでした。
熱いし、量も多いしで、なかなか食べ応えがありました。
DSCN01961.gif

食べた後は新しくオープンした駅ビルの最上階にある「鉄道神社」へ。ここで残り1日の旅の安全を祈願してきました。
DSCN01964.gif

(翌日へつづく)
スポンサーサイト


2011年3月-4月 鉄道旅行 | 21:34:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。