■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
三河地方へ
●6月12日(日)
なんだか4月以降、土日休みになって、乗り鉄のペースが以前より増えているような気がします。
前日は従兄弟の結婚式、この日はちょうどこの1週間程前の天竜浜名湖鉄道の帰りに見かけた豊橋鉄道の渥美線に乗りに行ってきました。「乗っているけど記憶にない」というものです。

日曜日なので、青空フリーパスを使用、いきなり豊橋へ行くのもつまらないので、西岐阜からまずは大垣へ。
大垣から普通列車美濃赤坂行きに乗車しました。313系5300番台、車内は新車独特の匂いが漂っていました。
なかなか乗車する機会がない美濃赤坂線、今回も実に5年以上ぶりの乗車でした。

美濃赤坂での折り返しは5分、わずか20分ほどで美濃赤坂まで往復してきました。行きの車内で見かけた人が帰りも何人か乗っていました。
DSCN02573.gif

DSCN02571.gif

大垣からはすぐ接続の特別快速は乗らず、1本後の新快速豊橋行きに乗車しました。
一旦改札を出てホームへ行くと、10時頃、西の225系が岐阜方面へ走り去っていくのを目撃。
DSCN02576.gif

新快速で東へ向かうと、先程の225系は尾張一宮におり、ついつい下車してしばし見物。
訓練をしている気配はなし、ホームにはカメラを持った人が多数おり、何も知らない人は興味深そうに見ていました。
DSCN02579.gif

尾張一宮からは1本後の快速豊橋行きに乗車、今度こそ豊橋まで行きました。
豊橋到着後は昼食、検索していたら、駅の中に「三河開化亭」というラーメン屋さんがあるので行ってみることに。
しょう油鮪だしとんこつらーめんか、塩鮪だしらーめんか、迷った結果、塩にすることにしました。あっさりとしていたのですが、コクがあって美味しかったです。
DSCN02586.gif

昼食後は、「渥美線1日フリー乗車券」を購入して、新豊橋から三河田原行き普通に乗車しました。
DSCN02591.gif

渥美線はまだ乗りつぶしを意識してない頃に一度乗っただけで、ほとんど記憶に残ってないので乗り直しです。実際乗ってもほとんど思い出せませんでした。
豊橋口は愛知大学があったりして学生の利用が多かったですが、後半部分はガラガラ、所々にローカル色の濃いところもありました。
DSCN02594.gif

渥美線往復後は市電乗り場へ行き、岐阜出身の780型が来ないか見ていたら、3本目にしてようやく登場。
久々に780型に揺られ、運動公園前まで行って帰って来ました。
市内電車は数年前に乗った以来で、所々変わっているところがありました。
DSCN02601.gif

豊橋からは新快速大垣行きに乗車、この日は午後から雨の予報が出ていましたが、この頃になっていよいよ雨がポツリポツリとしてきました。

蒲郡到着後は、バスでラグーナの湯へ。
ラグーナ蒲郡までのバスはノンストップの便と各駅便とあり、行きはノンストップ便に乗車。
温泉へはラグーナの湯はラグーナ蒲郡の次、ラグーナヒルのバス停が目の前です。運賃は330円でした。
DSCN02604.gif

温泉は1000円と高めでしたが、浴場からは海が間近に見え、露天風呂に出れば海からの風も味わうことができ、景色がいいところで、ついつい露天風呂では長湯をしてしまいました。
DSCN02606.gif

DSCN02610.gif

帰りは各駅便のバスで蒲郡駅へと戻りました。所要時間は25分程、各駅便は三谷温泉の中まで入ったりもします。
DSCN02612.gif

蒲郡からは特別快速大垣行きに乗車しました。
雨は温泉に行くまでの間、パラパラとしただけでずっと止んでいましたが、列車に乗った瞬間にポツポツ。岐阜へ着いた頃にはしっかりと降っていました。

(おわり)
スポンサーサイト


2011年5月-6月 鉄道旅行 | 20:43:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。