■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゆっくりと新所原へ
「むつぎく」で餃子を食べた後は、予定の都合上、少し時間を潰してから、西鹿島行きに乗車しました。遠州鉄道は12分間隔で運転されていますが、それでもほぼ満員でした。
DSCN02346.gif

終点の西鹿島まで行き、天竜浜名湖鉄道に戻ります。
DSCN02350.gif

西鹿島からは2駅隣の宮口へ。この駅もなかなかローカルムード溢れる駅でした。
DSCN02357.gif

DSCN02353.gif

宮口からは浜松バスに乗り、「天然温泉あらたまの湯」へ行ってきました。
前日に天竜浜名湖鉄道の沿線で温泉がないかと調べていたらたまたま見つけ、バスの時間に合わせて予定を練りました。
DSCN02365.gif

バスに乗ってからビックリ。なんと温泉で降りると行きの運賃が無料になるとのことでした。
DSCN02366.gif

約8分で高台にある温泉へ到着。
浴槽は「石庭の湯」と「森林の湯」と2種類あり、毎週男女入れ替わり。この日は「森林の湯」でした。
内湯は半円形の浴槽、露天風呂は長方形で、共に源泉かけ流し風呂と源泉風呂の浴槽があり、露天風呂はまわりが森林に囲まれ景色がよかったです。
DSCN02370.gif

サッパリした後はバスで駅へと戻ります。運賃は190円でした。
DSCN02373.gif

1分しか乗り換え時間がないので、間に合うか心配でしたが、問題なく乗ることができました。宮口から新所原行きに乗車しました。
乗客はさわやかウォーキングの帰りの人や観光客の姿はなく、高校生中心に20名程でした。
高校生たちは各駅で段々と降りていき、新所原に着いた時には10人もおらず、今日乗った列車の中では一番静かでした。

天竜浜名湖鉄道、10年以上ぶりの乗車でしたが、1日かけてじっくりと乗ることができてよかったです。
DSCN02374.gif

新所原到着後は、青空フリーきっぷ東の入口である隣の二川までの普通乗車券を購入して、豊橋へ。
豊橋からは特別快速大垣行きに乗車しました。余裕で着席でき、まだ空席も多数ありました。
さすがに朝早かったので、刈谷を出てから名古屋まで爆睡。名古屋を出た時、少々遅れているようでしたが、西岐阜には定刻通り到着しました。

(おわり)
スポンサーサイト


2011年5月-6月 鉄道旅行 | 20:40:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。