■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初めてのムーンライト信州
●7月23日(土)~24日(日)
新宿到着後はこの日の宿である臨時快速ムーンライト信州81号白馬行きが発車する9番線へと移動します。
DSCN02890.gif

ムーンライト信州はこれまで全く乗る機会なく今回が初乗車でした。
指定席は朝の時点ではまだ残っていたようですが、東京到着後に見てみたら満席となっていました。
ホームには登山へ行くのか大きな荷物を持った人が8割くらい、私のように明らかに乗車目的と思われる感じの人が2割くらい待っており、ムーンライトながらやえちごとはまた違った性格の列車であることが分かります。
DSCN02900.gif

23時34分頃、荻窪側から回送列車で入線。某月刊誌によると、遠路、長野からはるばる回送してくるようです。
すぐに乗車できるかと思いきや、発車準備をするため、乗車開始時間は23時40分頃になるとのことで、ホームで一通り写真を撮ることにしました。
DSCN02895.gif

DSCN02899.gif

写真を撮っているうちにドア扱い開始していたので、車内へと入ります。満席というわりには空席が目立ち、隣も来ていませんでした。
定刻通り23時54分に新宿を発車、中央線を西へ西へと進んでいきます。
鉄道唱歌のチャイムが鳴り、車内放送開始。「夜行列車ですので簡単な放送とさせていただきます」と断りがありましたが、他の夜行列車とは違い、真夜中でも到着前に車内放送がありました。
すぐ前を列車が走っているようで、中野の手前から早くもノロノロ運転。八王子辺りまでずっと続いていました。
検札はどうやら後ろからと前からと回っているようで、我が4号車の検札は西国分寺の辺りまで来たところで前の方から開始。「7月24日、松本運輸区」と日付を入れてもらいました。

新宿を出て30分程して立川に到着。
この立川と続いて停車した八王子ではまとまった乗車があり、乗車していた号車はほとんど埋まりましたが、有り難いことに隣は誰も来ず、最後まで誰も来ませんでした。

八王子を出ると寝入ってしまい、塩山は記憶無し。大月到着前の放送で目が覚めるも、また寝入ってしまい、甲府到着前の放送で目が覚めましたが、変な寝方をしていたようで首が痛くて仕方ありませんでした。
甲府を出ると、小淵沢、富士見、茅野、上諏訪、下諏訪、岡谷、塩尻と3時台から4時台にかけては5分から15分おきに小まめに停車していきます。
時折、目が覚めて外を見ると、こんな深夜でも降りていく人がいました。

松本には4時32分に到着。5分前に「おはよう放送」を兼ねて到着放送がありました。
この松本からはムーンライト信州の運転日に合わせて4時45分発で新島々行きの臨時列車が運転されるので、乗り換える人の姿もありました。
松本では車掌さん交替後、大糸線へと入っていきます。外は少しずつですが明るくなっていきました。左右には山々が広がり、湖が見えたりと大糸線らしい風景が広がっていました。

大糸線内は豊科、穂高、信濃大町、神城に停車。各駅で登山に行くと思しき格好をした人がぞろぞろと降りていくのが見えました。
臨時快速ムーンライト信州81号は定刻通り5時40分に終点の白馬へ到着。標高が高いこともあり涼しかったです。
DSCN02909.gif

到着後、この列車は長野へと回送されるようで、前日夜の新宿駅同様、行き先幕をぐるぐる。今はなき、「あさま」や「アルプス」など次々と出てきました。
DSCN02905.gif

駅の外はすぐ目の前が山です。
白馬岳や八方尾根などへ向かう人たちがバス乗り場に集まっており、ムーンライト信州の到着に合わせてバスも次々とやってきて各方面へ出発していきました。
DSCN02910.gif

長野県は現在、NHKで放送されている「おひさま」の舞台となっています。
DSCN02914.gif

さて、白馬到着後、私はというと、この後は来た道を松本まで戻りました。白馬からは6時12分発、信濃大町行きワンマン列車に乗車しました。
白馬からは20名程が乗車しましたが、大半以上がムーンライト信州の折り返し組でした。松本からムーンライト信州に乗務していた車掌さんも便乗、松本まで同一行程でした。
ちなみに白馬より先へ行く列車は6時56分発までなく、この信濃大町行きとすれ違うため、途中の駅まで拾いに行った人もいたようで、何人かの人が18きっぷを見せて途中駅で下車していきました。
DSCN02915.gif

どんどん山を下っていき、信濃大町には6時49分に到着。
信濃大町は何度か通ったことはありますが、乗り換え時間が短く、駅の外へ出たのは初めてでした。立山黒部アルペンルートの松本側の玄関口でもあります。
DSCN02917.gif

信濃大町からは4分接続の塩尻行きには乗らず、7時14分発の信濃松川、穂高、豊科方面、普通列車の松本行きに乗車しました。
やってきたのはE127系の4両編成。これまでこの区間では115系にしか乗ったことがなかったので新鮮でした。
DSCN02919.gif

ムーンライト信州から折り返してきた人は皆、1本前の列車に乗っていったため、車内には旅行者の姿はなく、地元の人が目立ちました。

ウトウトしているうちに、定刻通り、8時16分に、まつもと~、まつもと~、終着、松本へ到着。気温は25℃、涼しかったです。
18きっぷ旅はこの後、夕方まで一休みとなりました。

(つづく)
スポンサーサイト


2011年7月-9月 鉄道旅行 | 21:09:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。