■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゆっくりと岐阜へ
●7月31日(日)
携帯のけたたましい警報音で目が覚めると、ギシギシ。地震です。
時刻は午前3時54分。泊まっていたのは4階。結構長い時間、小刻みな横揺れがありました。クローゼットの中にあったハンガーもカタカタ揺れていました。
震源地は福島県沖で隣の福島県では震度5強を観測したようで、泊まっていた宇都宮市では震度4だったそうです。

15分ほど起きていた後は再びぐっすりでその後、7時半頃まで寝ていました。
早く目が覚めたら、日光方面へ行こうかと考えていましたが、計画は白紙に戻し、ホテルでゆっくりすることにしました。
宇都宮9時10分発、宇都宮線普通電車上野行きに乗車しました。
DSCN03076.gif

グリーン券を購入し、2階席に乗車。宇都宮発車時は数人しか乗っておらず静かでした。
見ていると、グリーン車の利用は近距離が多い感じで、大宮に近づいてもちらほらと乗ってきて、最終的には半分くらい座席は埋まりました。
DSCN03078.gif

定刻通り上野へ到着後は山手線、京浜東北線のホームへ移動です。
常磐線は朝方の地震の影響でまだ遅れが出ていると案内放送がされていました。
上野からは京浜東北線快速磯子行きに乗車し、東京まで行きました。

東京到着後は東京駅ラーメンストリートで早めの昼食。11時台前半でも並んでいた「斑鳩」に入ることにしました。
おススメの「豚骨魚介東京駅らー麺」。こってりとしていましたが、後まで残ることはないあっさり感がありました。
DSCN03079.gif

時間があれば、どこか1路線くらい乗りつぶそうかとも思いましたが、適当な路線がなく断念。
東京時刻表の最新号を購入し、東京12時02分発、東海道線普通電車の熱海行きに乗車しました。
グリーン券を購入し、この日2度目のグリーン車に乗車。2階席は何人かいたので、誰もいない1階席へ行くことにしました。
ついに雨がポツポツと降り出しました。

当初は熱海で温泉に入ろうかと考えていましたが、熱海行きに乗車中、ふと湯河原で降りてみようと思い立ち下車。
DSCN03094.gif

観光案内所で日帰り入浴できるところを教えてもらいました。1軒は駅からは近いもののやや高めで。
もう1軒ないか聞いてみると、駅からはバスで10分程のところにある「こごめの湯」を教えてもらい、行ってきました。

14時00分発の奥湯河原行きのバスに乗車し、公園入口で下車。運賃は220円でした。
往復のバス代を考えると、最初に教えてもらったところと同じくらいになってしまいました。
DSCN03083.gif

バス停から坂道を3分ほど登ると教えてもらった「こごめの湯」へ到着。観光案内所でもらった割引券提示で1割引となり900円でした。
小梅の湯と万葉の湯があり、男女入れ替え制。この日は男性は万葉の湯でした。内湯はひょうたん型の浴槽、露天風呂は屋根の付いた半露天式といった感じでした。
お湯は無色透明で温度はちょうどいい具合、シャワーも温泉とのこと、泉質は特別、特徴はなかったように思いますが、サラッとした感じはありました。
DSCN03085.gif

バスの本数は10分間隔であり便利でした。
帰りは15時42分発のバスで湯河原駅へと戻ります。バスは伊豆箱根登山鉄道と箱根登山バスの共同運行、運良く、行き帰りで両方のバスに乗ることができました。
DSCN03093.gif

湯河原から移動再開。バス停から温泉へ向かう時に雨がぱらつきましたが、この時には完全にやんでいました。
快速アクティーで熱海へ行き、熱海からは10分接続、16時17分発の東海道線下り普通列車の浜松行きに乗車です。
DSCN03096.gif

313系3両編成の車内は立ち席多数で、自分も座ることできず立ち席でしたが、混雑のピークは熱海から三島、沼津にかけてだったみたいで私も三島で着席できました。
車掌さんは沼津、富士、静岡と3度も交代。富士から静岡までの車掌さんは見習いのようで、大きな声で確認呼称をしていました。

浜松到着後は、夕食を済ませ、19時29分発、新快速大垣行きに乗車しました。
313系の8両編成、前の方の車両は見ていないので分かりませんが、後ろの方の車両はガラッガラ、豊橋までは2、3人しか乗っていない状態でした。
平日ダイヤだと豊橋で乗り換えですが、この日は休日ダイヤだったので豊橋での乗り換えはなしと有り難い列車です。

蒲郡付近では進行方向左側に花火が見え、ちょっと得した気分でした。
途中、刈谷付近で少々遅れていましたが、名古屋の停車時間をを削ったりで回復し、最終的に岐阜へは定刻通りに到着、車掌さんは浜松から大垣まで通しでした。
夕方、各務原の方では激しい雨が降ったようで心配していましたが、岐阜へ着くと雨は降っていませんでした。

今回は明け方に地震というハプニングがありましたが、無事に帰ってくることができよかったです。

(おわり)
スポンサーサイト


2011年7月-9月 鉄道旅行 | 20:20:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。