■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秩父鉄道へ
●7月30日(土)
「ながら」で東京到着後は、山手線、地下鉄銀座線と乗り継いで浅草へ向かいました。
DSCN02987.gif

東武鉄道の浅草から本格的に乗り鉄スタート、5時47分発の区間急行太田行きに乗車しました。
6両編成、先頭車両に乗車しましたが、ホームの先は恐ろしく狭かったです。
伊勢崎線は久喜まで普通列車では乗ったことがないため、小刻みに乗り換えながら進んでいきます。
降っていた雨は浅草を出る頃にはやんで外は明るくなってきました。
DSCN02989.gif

浅草を出るといきなり急カーブ。隅田川を渡り、高層ビルに囲まれて走っていきます。
北千住には1階ホームに到着。北千住からは日比谷線より直通してきた各駅停車東武動物公園行きに乗車、3階ホームから出発です。
DSCN02990.gif

せっかくなので運転席後ろでかぶりつきをすることにしました。
北千住から北越谷までは私鉄では一番長い複々線区間、すれ違う車両も東武鉄道の車両だけではなく、東京メトロ、さらには東急電鉄の車両まで様々で、見ていてもなかなか面白かったです。

東武動物公園には7時04に到着。
続いて、7時13分発、急行太田行きに乗り換えて羽生へと向かいました。この辺りは直線区間が多く、まわりは完全に郊外の風景になっていました。
DSCN02991.gif

羽生で下車後は、秩父鉄道乗り場へと行き、「秩父路遊々フリーきっぷ」を購入し、7時48分発の各駅停車熊谷行きに乗車しました。
DSCN02995.gif

熊谷では別途、200円を払い、急行券を購入し、8時30分発、急行秩父路1号三峰口行きに乗車しました。
DSCN02996.gif

混雑するかと思いきや、3両合わせても10人くらいしか乗客は乗っておらず拍子抜け…。
DSCN02998.gif

急行といえども行き違いなどでの運転停車が度々あり、ゆっくりと走っていきます。
いつもだと、ながら明けは眠くて仕方ないですが、今回は連続して何時間か寝れたので、スッキリとしてはいましたが、寄居を過ぎるとぐっすりで、 気がつくと、秩父辺りまで来ていました。
影森を過ぎると列車本数も減り、列車は急カーブを繰り返しながら、さらに奥へ奥へと進んでいきます。

終点の三峰口には9時40分に到着。降りたのは僅か5人程でした。
DSCN02999.gif

駅周辺は山に囲まれ静かなところでした。
DSCN03003.gif

三峰口からは折り返し、各駅停車羽生行きに乗車しました。
秩父鉄道の車両は出身地の違いもあるのでしょうが、いろんな形の車両がありました。
DSCN03008.gif

三峰口を出ると、どんどん坂を下っていきます。結構、高いところまで登ってきたようです。
帰りは迷った末に上長瀞で下車。
DSCN03046.gif

下車後は、有名な「阿左美冷蔵」へ行き、かき氷を食べることにしました。
駅で道順を尋ねてみると、やはり有名なようで、駅員さんもスラスラっと答えてくれ、教えてもらった通りに2、3分程歩いて行くとすぐに分かりました。
ここのかき氷は宝登山の湧き水で作った天然氷を使っているのが特徴で、普通のかき氷とは値段も2倍以上違います。
DSCN03012.gif

やはり並んでおり、入店までは約40分待ちでした。 メニューは全部で14種類、並んでいるうちにおばさんが注文を聞きに来ました。
最低でも600円からと、かき氷にしてはちょっと高いです。
DSCN03015.gif

店内で座ってゆっくり食べれるのかと思いきや、何と外の広い庭園の中で食べれるようになっていました。なかなかのところでした。
DSCN03038.gif

おススメの「蔵元秘伝みつのかき氷」。1,000円です。
DSCN03039.gif

かき氷は急須に入っている秘伝のミツをかけて食べます。小さな皿に乗った白餡は白餡だけで食べますが、これはこれで甘くて美味しかったです。
肝心の氷は普通のかき氷とは違い、ふんわりとした食感で食べやすかったです。
DSCN03044.gif

行列に並び始めた時は曇っていて少し涼しかったですが、その後、急激に晴れて暑くなってきて、絶好のかき氷日和でした。並んだ甲斐ありました。

上長瀞からは各駅停車の羽生行きに乗車しました。
先程、三峰口から乗ってきた列車は秩父から満員でしたが、乗り込んだ列車はガラガラでした。
DSCN03047.gif

熊谷で下車し、朝、熊谷で降りた時に気になった、「熊谷うどん」を食べてみました。
このうどんは熊谷産の材料にこだわっているのが特徴だそうで、麺は細め、つるっとした食感で美味しかったです。
好みですりゴマと薬味ネギを入れて食べるようです。
DSCN03048.gif

熊谷からは1本後の列車で羽生へ戻ってきました。元JR101系は見るだけで乗ることはできなかったのは残念でした。
DSCN03051.gif

秩父鉄道乗車という目的は達成したので、あとは温泉でゆったりです。
羽生からは各駅停車の久喜行きで終点の久喜へ。久喜からはJRに乗り換えて東鷲宮へと行きました。
どうなるかと心配していた天気はすっかりよくなり暑くなりました。
DSCN03053.gif

東鷲宮で下車後は、「百観音温泉」へ行ってきました。
源泉掛け流しで、ぬるめの浴槽から私には熱過ぎて入れない浴槽まで様々。じっくりと好みのお湯に浸かることができました。
DSCN03057.gif

サッパリした後は、東鷲宮から宇都宮線普通電車の宇都宮行きに乗車しました。
グリーン車に乗るにはちょっと勿体無い距離だったので今回は普通車に乗車、温泉に入った後でもあったので気持ちよく寝入ってしまいました。
宇都宮には17時19分に到着、一旦、宿泊先のホテルへと向かいました。
DSCN03060.gif

ホテルで少々休憩後は、餃子を食べるため、徒歩で宇都宮みんみん本店へ。徒歩15分くらい、久々に歩いたら遠く感じました。
18時30分頃に現地へ到着。行列覚悟でしたが、意外にも空いており、10分くらい並んだら入ることができました。
DSCN03062.gif

焼揚水と3種類の餃子とご飯をいただきました。焼餃子も揚餃子も水餃子もどれも美味しく、なかなかコレだとは決めれないです。
DSCN03070.gif

ホテルへ戻った後は路線バスの旅のテレビを観て、しばらく起きていましたが、21時半頃には完全に寝てしまいました。

(翌日へ続く)
スポンサーサイト


2011年7月-9月 鉄道旅行 | 22:23:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。