■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
箱根一周
小田原で箱根フリーパスを購入し、いよいよ箱根の旅の始まりです。

まずは小田原から9時03分発、各駅停車箱根湯本行きに乗車して、箱根湯本へと向かいます。運転席後ろで見ていると、少しずつ少しずつ坂を登っているのが分かりました。
DSCN03719.gif

標高108メートルの終点の箱根湯本には9時18分に到着。
箱根湯本からは9時24分発の箱根登山電車に乗車して強羅へと向かいます。
DSCN03722.gif

DSCN03725.gif

この登山電車は80パーミルの急勾配を出山信号所、大平台、上大平台信号所と3度、スイッチバックをしながら上っていきます。
箱根湯本と強羅は約9キロですが、高低差は400メートル以上、約40分かけて走行します。
とにかく急勾配の連続で、3両編成の電車の場合、一番前と一番後ろの車両では3メートルほど差があるほどだそうです。
DSCN03733.gif

DSCN03738.gif

標高553メートルの強羅には10時03分に到着。
強羅からはケーブルカーに乗り換えて早雲山へと向かいます。
DSCN03745.gif

一旦、改札を出て1本後の10時21分発のケーブルカーに乗り込んで早雲山を目指します。傾斜になったホームには溢れるくらいの人が待っていました。
DSCN03753.gif

運転席後ろの特等席に立ち位置を確保。どんどん山を登ります。
DSCN03758.gif

中強羅と公園上は反対のケーブルカーと行き違います。
DSCN03762.gif

標高767メートルの早雲山には10時30分頃に到着。さすがにこの辺りまで来ると涼しくなりました。
DSCN03765.gif

早雲山からはロープウェイに乗り換えて大涌谷へと向かいます。まるで遊園地のゴンドラのように次々とやってきます。
DSCN03771.gif

しばしの空中散歩です。まだまだ標高を登ります。少し天気が悪くなってきました。
DSCN03779.gif

DSCN03785.gif

ロープウェイに乗ること約8分で、標高1,044メートルの大涌谷に到着です。
DSCN03792.gif

辺りは硫黄臭が漂っていました。そのまま先へ行く予定でしたが、せっかく来たので、しばし観光をすることにしました。
DSCN03797.gif

DSCN03801.gif

人が集っている標高1,050メートルの噴煙地まで坂道と階段を登っていきます。
DSCN03805.gif

7、8分程で標高1,050メートルの大涌谷へ到達。硫黄臭はさらにすごいものでした。
DSCN03806.gif

DSCN03810.gif

大涌谷に着いたとき、黒ラーメンなるものを発見。山を降りた後、少し早めの昼食とすることにしました。
黒いのは一瞬、きくらげか?と思いましたが、ラーメンです。
DSCN03820.gif

昼食後は再びロープウェイに乗り、桃源台へ向かいます。
DSCN03825.gif

この大涌谷を境にして、標高はどんどん下がっていきます。ロープウェイからは真下に芦ノ湖が見えました。
DSCN03830.gif

途中、姥子駅にも停車しましたが、乗っていたロープウェイからは誰も降りませんでした。約15分ほどで標高740メートルの桃源台に到着。
桃源台からは今度は海賊船に乗り換えて元箱根港へと向かいます。本当にこの日は色々な乗り物に乗ることができました。
DSCN03831.gif

DSCN03833.gif

DSCN03835.gif

船の外は風が適度に吹いてとても気持ちがよかったです。先程乗ってきたロープウェイや、遥かかなたには大涌谷を望むことができました。
13時05分、箱根町港に上陸。ここで半分くらいの乗客が入れ替わりました。
DSCN03850.gif

続いて13時15分、元箱根町港に上陸。舟はそのまま桃源台へと戻りますが、ここで下船して、ここからはバスに乗り換えて箱根湯本へと戻ります。
箱根の旅も終わりが近づいてきました。
DSCN03864.gif

元箱根町からは13時35分発、旧街道経由、箱根湯本駅行きのバスに乗車しました。
ここから箱根湯本駅へは国道1号線経由とこの旧街道経由の2通りで出ていますが、せっかくなので、旧街道経由に乗車してみました。
DSCN03867.gif

元箱根町を出ると、すぐに国道1号線と分かれ、旧街道を進んでいきます。
運転士さんは非常に丁寧な上、時折、観光案内もして下さったり、冗談もおっしゃられたりと、とても好感が持てる方でした。
DSCN03873.gif

すでにこの頃、国道1号線では渋滞が始まっていたそうで、急坂や急カーブが連続するものの渋滞がない旧街道経由に乗られたのは正解だったともおっしゃっていました。
所々で1号線とも交差します。
DSCN03874.gif

DSCN003875.gif

峠を越えると畑宿で、道が少々狭くなりました。この辺りには何軒か温泉があり、最寄りのバス停でまとまった乗降がありました。
DSCN03876.gif

箱根湯本駅の手前、三枚橋で国道1号線に入るとしばしノロノロ運転。これは「温泉場渋滞」と呼ばれるものだそうで、箱根では有名なものだそうです。
DSCN03880.gif

終点の箱根湯本へは14時10分頃に到着。これで箱根は1周、回ってきたことになります。
この後は温泉です。駅前から無料送迎バスに乗って、「ひめしゃらの湯」へ行ってきました。
DSCN03884.gif

温泉は駅の裏の山の方へ登って行ったところにあるため、渋滞とは無縁で、きっちり3分で着きました。
DSCN03886.gif

温泉は山に囲まれた静かなところでした。
サッパリした後は、無料送迎バスで箱根湯本へと戻り、16時09分の各駅停車小田原行きで小田原へ向かいます。
DSCN03889.gif

ホームでは箱根の温泉饅頭がバラ売りしていたので購入。美味しかったので、土産に箱に入ったものを買って帰りました。
DSCN03892.gif

終点の小田原には16時24分に到着。
若干駆け足ながらではあったものの、箱根を効率的に回ることができてよかったです。
3,900円の「箱根フリーパス」は買った時は正直高いなと思いましたが、終わった後は、これだけ色々な乗り物に乗ってこの値段なら値打ちだと思いました。

(つづく)
スポンサーサイト


2011年7月-9月 鉄道旅行 | 22:23:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。