■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
津屋川の彼岸花と南濃温泉 水晶の湯
9湯目は海津を流れる津屋川沿いに咲く彼岸花を見に行きがてら、「南濃温泉 水晶の湯」へ行くことにしました。
私が行った頃はちょうど5分咲きで、台風15号の後だったこともあり、水につかってしまったものもあったとかで昨年より色あせていました。
DSCN04260.gif

DSCN04258.gif

「南濃温泉 水晶の湯」へ行くのはこれで4度目くらいでした。
ここの温泉は山の上にあり、目の前までマイカーで行くことはできず、山の下にある駐車場からバスに乗って温泉まで行きます。
面倒といえば面倒ですが、山の上へと上がっていくバスの中から下を見たときの景色はなかなかのものです。
いつもは1台のバスで行ったり来たりしていますが、この日は三連休最後の日曜日とあってか、2台で行ったり来たりしていました。
DSCN04266.gif

左へ右へとカーブをしながら山を登っていくと温泉の入口です。時間にして3分か4分くらいだと思います。
DSCN04264.gif

山の上からは濃尾平野が一望できます。
DSCN04265.gif

温泉は「煌きの湯」と「ときめきの湯」があり、周期的に男女入れ替えとなっているようです。自分が行く時はなぜか「ときめきの湯」ばかりに当たります。
内風呂にも温泉利用と書かれた湯船がありましたが、パスして露天風呂へ。
ここの檜湯からは濃尾平野を一望することができ、柵にもたれながら、ボーっと景色を眺めている人もちらほらと見受けられました。
ただ、湯船に完全に浸かった状態では目隠しがあったりして見れないのは残念です。

湯から上がった後はポカポカとした感じが残った状態のままバスで山を降り、帰宅の途に就きました。
スポンサーサイト


温泉シールラリー2011-2012関係 | 20:40:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。