■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大白川温泉 しらみずの湯
●10月16日(日)
この日は前日とは打って変わって朝からよい天気でした。
当初は電車に乗って東濃地方へ行こうと考えており、早く起きるつもりが8時過ぎまで寝てしまい断念。

ちょうどこの少し前にテレビでやっていた大白川の露天風呂へ行くことにしました。
源泉の大白川露天風呂はシールはやっていませんが、この源泉から10キロ以上離れている「大白川温泉 しらみずの湯」はシール対象。
また、調べてみると、「大白川露天風呂」は洗い場はなく、ただ浸かるだけの温泉とのことなので、2つ入ることにしました。

10時過ぎに家を出て東海北陸自動車道を北上します。
途中、白鳥付近では4キロ程渋滞、高鷲辺りまで来ると早いところでは木々が色づき始めており、荘川まで来るともう季節は完全に秋になっていました。

道の駅で少々休憩後、国道156号線を北上。
荘川から約30分、白川村平瀬に入り、ゆらんのガイドブックにも出ていた「お食事処 次平」で昼食としました。
DSCN04644.gif

国道から横へ入った集落の中にありましたが、店内はほぼ満席でした。
色んなメニューがありましたが、次平ラーメンを注文。じっくり煮込んだ鶏がらスープがウリとのこと。濃い目のスープで美味しかったです。
DSCN04641.gif

昼食後はすぐそばの「大白川温泉 しらみずの湯」に浸かりました。
ここはまだそれほど温泉に興味がなかった頃に一度入ったことがあります。
内湯は少し熱めで早々に退散、露天風呂は階段を使い一段降りたところにありました。
露天風呂は大きな岩風呂で、湯口からは熱そうなお湯が次々と流れてきていましたが、浴槽内は熱くもなくぬるくもなくちょうどいい具合でした。
DSCN04646.gif

正直、もうこれで十分といった感じでこのまま帰ってもいいくらいでした。ポカポカとしたまま、源泉の「大白川露天風呂」へとクルマを走らせます。
DSCN04650.gif

曲がった先は見るからに狭そうな道です。パンフレットなどによれば、ここから温泉までは約14キロ、40分の道のりと出ていました。
DSCN04651.gif

看板を見ると、ちょっと怖くなってきました。ホントにこの先に温泉があるのだろうか?と思ってしまいました。
DSCN04652.gif

DSCN04653.gif

県道451号線に入り、しばらく走ると道は急に広くなりました。広くなったり狭くなったりを繰り返します。
どこかで見た所謂、路上河川がここにもありました。
ちなみにこの前日は雨で通行止めだったようです。
DSCN04657.gif

DSCN04658.gif

DSCN04665.gif

九十九折にどんどん山を登っていきます。温泉があるところは標高1200メートル。もうすでに木々は色づいていました。
DSCN04673.gif

DSCN04690.gif

そしてついに目の前に白水湖が広がり、目的地の大白川露天風呂へ着きました。県道の入口からはやはり40分でした。DSCN04693.gif

DSCN04698.gif

ロッジで入浴料300円を支払い、温泉へと向かいます。
DSCN04701.gif

本当に浸かるだけの温泉です。
DSCN04706-2.gif

大きな湯船は源泉掛け流し。硫黄臭もし、湯の華も浮いていました。
DSCN04703.gif

40分ほど念願の大白川露天風呂に浸かった後は来た道をまた40分かけて下っていきました。
遠いのと道が悪いのがやや難点でしたが、行く価値は十二分にあるところでした。

※2012年2月8日更新
スポンサーサイト


温泉シールラリー2011-2012関係 | 02:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。