■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
寝台特急日本海で青森へ
某掲示板等を見ていたら、どうやら寝台特急日本海は来年3月で廃止になるっぽいと出ていました。まあ、前々から廃止の噂はあったので、そんなには驚きませんでした。
10月下旬頃、試しに空席情報を見てみると、すでに11月は週末を中心にやたら△や×が目立ち、ガサネタではなさそうな気がしてきました。

日本海はこれまで上りに2回(A寝台とB寝台1回ずつ)乗ったことがありましたが、下りは1度も乗車経験なし。
というわけで下りに乗ってみることにしました。これが週末は△や×ばかりで混んでいそうだったので、○ばかりとなっていた平日、木曜日出発とすることにしました。
乗車券は昨年12月の旅行と逆まわりで、大阪から湖西線、北陸線、信越線、羽越線、奥羽線、新青森、東北新幹線、東京、東海道新幹線、名古屋経由、岐阜というものを作ってもらいました。
これで20,580円でした。

大阪駅の北陸方面発車案内。「サンダーバード」ばかりの中に「日本海」の名が出ています。
DSCN05101.gif

下りの日本海は10番乗り場から発車。
隣の9番乗り場は夕方の時間帯は新快速の乗り場ともなっており、通勤客などで混雑しているところです。
DSCN05114.gif

上りでは金沢から車内販売員が乗り込みますが、下りでは車内販売は行なわれません。
また、食堂車や自動販売機、電話などの設備もないということが駅や発車前の放送で繰り返し案内されていました。

17時41分、通勤客で混雑する中、入線。ホームの端には10人ほどが集まっていました。
DSCN05118.gif

発車は17時47分なので、入線から発車まで5分ほどしかありません。ササッと撮影を済ませ、通勤客で混雑しているホームを通り抜けて指定された号車へと向かいます。
DSCN05125.gif

DSCN05124.gif

前回、上りで乗った時はA寝台に乗ったので、今回はB寝台の下段にしました。
17時47分、定刻通りに発車。乗車した号車は自分を入れて4人しかいませんでした。
DSCN05130.gif

DSCN05129.gif

簡単な車内放送が終わると新大阪へ到着。新大阪からの乗車は少なかったようです。
新大阪発車後、長距離列車ならではの長い車内放送がありました。ベテラン車掌さんのはっきりとした声での放送は好感が持てました。
意外とスムーズに京阪間を走り抜け京都へ到着。検札もこの区間であり、区間外となる新青森-青森の乗車券を作ってもらいました。
DSCN05136.gif

京都では結構な数の乗車があり、私の乗車していた号車は下段はほぼ満席になりました。
もう少し後にしようかと思いましたが、周囲から弁当のいい匂いが漂ってきたので、私も購入した駅弁を食べることにしました。

大阪の駅弁屋は初めて覗きましたが、あれこれ種類があり、どれにしようか迷ってしまいましたが、少々奮発して神戸のステーキ弁当を購入しました。
冷めていたこともあり肉はやや固めでしたが、それでも厚みがあってなかなか食べ応えありでした。
DSCN05142.gif

DSCN05144.gif

途中、近江塩津でしらさぎとサンダーバードの通過待ちで6分ほど停車。
近江塩津からは北陸線へ入り、ひたすら北へ走ります。上りでは約20分停まる敦賀も下りではすぐに発車していきます。
お腹もいっぱいになったところで、車内を歩いてきました。
この日は7号車、8号車は連結なしの8両で、8両合わせて100人くらいといったところでした。
少ない車両では3人くらいしか乗っていないところもありましたが、多いところでは30人近く乗っていることもありました。

福井を過ぎると、私の車両ではほとんどカーテンが閉められ、車内は早くもおやすみモードに入っていました。
私も横になり、何とも贅沢な時間を過ごします。
加賀温泉ではサンダーバードに道を譲るため5分ほど停車。人はまばらで静かなホームでした。
DSCN05148.gif

金沢を発車すると、消灯の予告がありました。
そして予告通り、21時45分にいわゆる「おやすみ放送」が入り、放送が終わると消灯。私もそのまま横になり、あっという間に寝てしまったようです。

金沢から先は高岡、富山、魚津、糸魚川、直江津、新津、鶴岡、酒田、羽後本荘、秋田の順に停まっていきます。
羽越線内や奥羽線は同じところを走る「あけぼの」に比べると停車駅は少ないです。
時折、「ガックン」という音で何度か目が覚めましたが、すぐに寝入ってしまい、秋田まではほとんど寝ていました。
秋田では結構な数の人が降りたようです。
私の反対側の寝台の人も秋田で下車だったようで、車掌さんが「○番の方、あと20分で秋田です」などと声を掛けに来ていました。

この先、東能代からは座席車としての利用もできるため、秋田を過ぎると係員さんが空いた寝台のリネン類を片付けに来ていました。
DSCN05151.gif

東能代到着15分ほど前にいわゆる「おはよう放送」が入るとようやく朝が来ました。「遅れ等はありませんのでどうぞご安心下さい」とのことでした。
自分もカーテンを開け、外の景色を眺めます。すでに外は明るくなっていました。
DSCN05153.gif

東能代を過ぎると霧が出て視界は一気に悪くなりました。
DSCN05159.gif

大館近くまで来ると霧は消え、青森県との県境付近まで来ると、晴れてはいましたが、うっすらと雪化粧をしていました。
この数日前に急に寒くなった時期があったので降ったのでしょう。
DSCN05163.gif

DSCN05169.gif

雪は弘前の手前で一旦なくなりましたが、大釈迦、鶴ヶ坂、津軽新城辺りまで来ると、またうっすらと白くなっていました。
途中、行き違いをした貨物列車が少々遅れていたようで、その煽りを受け、新青森へは約5分遅れて到着。終点の青森へも約5分遅れて8時50分頃に到着しました。
DSCN05173.gif

到着後、一番前まで行くと、牽引してきた機関車はすでに切り離され、程なくして入れ替え作業のため、ホームから離れていきました。
DSCN05174.gif

DSCN05175.gif

次の列車までそれほど時間がなかったので、改札を出て、この先で必要な切符等を購入したりしました。

旅行から帰ってきてビックリ。18日の新聞に寝台特急日本海は来年3月で廃止とデカデカと出ていました。
噂だけでは実感が沸きませんでしたが、記事に出ると、実感が沸くものです。余裕があったら2月くらいにもう1回乗りたいと思います。
DSCN05177.gif

DSCN05180.gif

(つづく)
スポンサーサイト


2011年10月-11月 鉄道旅行 | 22:18:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。