■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
飯田線秘境駅号(後編)
平岡では列車の入れ替え作業のため、乗客は皆、外に出されました。発車時間は13時51分、34分の停車です。
DSCN05580.gif

入れ替え作業は20分ほどで終了し、到着したホームの向かい側の2番線へ据え付けられ、乗車が許可されました。
DSCN05586.gif

豊橋から乗務してきた運転士さんと車掌さんはここで交代です。
意外にもこの平岡で降りていった人もちらほらといたようで、近くの席に座っていた人が何人かいなくなっていました。
DSCN05591.gif

13時51分に定刻通り平岡を発車、程なくして為栗駅に到着しました。
為栗には13時59分到着、14時14分発車、15分の停車です。
DSCN05595.gif

この為栗駅は難読駅名で、「しでくり」と読みます。秘境駅ランキングは第28位です。
DSCN05596.gif

大半の人は天竜川に掛かる吊り橋まで行っているようだったので自分も行ってみることにしました。ギシギシ揺れてスリル満点の橋でした。
DSCN05597.gif

DSCN05601.gif

DSCN05602.gif

温田駅は通過、続いて秘境駅の田本に到着。14時21分到着、14時36分発車、15分停車しました。
秘境駅ランキングは第4位、近くの集落までは20分は歩かなければならないそうです。
DSCN05611.gif

JR東海スタッフの方の誘導により、豊橋側にある急な階段を上がります。事故防止のため、時間を区切って上り専用、下り専用とするなどの措置が取られました。
DSCN05610.gif

階段を上がるとこの田本駅を見下ろすことができます。まさに辺りは秘境といった感じのところです。
DSCN05615.gif

門島、唐笠と通過し、続いて秘境駅の金野に到着。14時49分到着、14時54分発車、他の駅に比べると短く約5分停車しました。
DSCN05621.gif

秘境駅ランキングは第13位。駅名板の「金」という文字に触れると金運に恵まれるかも?ということで、結構触っている人がいました。
DSCN05623.gif

DSCN05625.gif

そして最後の秘境駅、千代に到着。
千代は先程の金野駅の隣の駅で、あっという間に到着。14時56分到着、15時01分発車、約5分停車しました。
秘境駅ランキング第39位。何にもない駅でした。
DSCN05626.gif

千代を出ると次は終点の天竜峡です。この区間では天竜川を渡り、サービスで徐行運転がありました。
DSCN05631.gif

そして天竜川を渡り、程なく走ると、終点の天竜峡駅です。豊橋から5時間と15分。15時05分、定刻通りに到着です。
DSCN05649.gif

駅の外ではJR東海ツアーズのツアー客がコース別に別れて集まっていました。
折り返しまで1時間以上あるので、事前に調べておいた温泉旅館へ日帰り入浴をしに行ってきました。
天竜川に掛かる橋の上から目的の旅館が見えています。
DSCN05637.gif

山道を歩いて行くと早いそうですが、普通の道を歩くこと、駅から7、8分で、目的の「龍峡亭」さんへ到着しました。
DSCN05639.gif

露天風呂はなく、内風呂だけでしたが、窓の下には天竜川が流れており、時折、川下りの舟が通って行ったりして景色はよかったです。
私の他に1組入っていただけで、その1組もすぐに出て行ってしまい、ほとんど私1人だけの貸切状態でした。
DSCN05641.gif

DSCN05642.gif

日帰り入浴を終えて外へ出ると、JR東海ツアーズのツアー客がぞろぞろと歩いてくのが見えました。詳しくは分かりませんが、どうやら駅の周辺を1時間程歩くコースもあるみたいです。

来た道を駅まで戻ると、ちょうど入れ替え作業が終わって、ホームに据え付けられるところでした。
折り返しは16時32分発。もう辺りは暗くなりかけていました。
DSCN05658.gif

帰りは2号車の前から2列目でした。どうやらこの日、2号車は3列目以降はJR東海ツアーズのツアー客だったようです。
DSCN05652.gif

ちなみにツアー客には弁当の配布があり、発車後、大半の人が食べていました。
行きと違い、帰りは唐笠、平岡、伊那小沢と停車すると、終点の豊橋まで2時間以上、客扱いはなしです。
最初の停車駅、唐笠からは舟下りを終えた人たちが乗り込んできて、空いていた席はほとんど埋まりました。私の隣は行きも帰りも売れていなかったようで、ゆったりと過ごすことができました。
唐笠から平岡の間ではJR東海のスタッフによる乗車証明書の配布、車掌さんによる検札(行きはなし)がありました。
乗車証明書は行きと同じものかと思いきやデザインが違い、中身も少し違っていました。
DSCN05667.gif

運転停車は温田、中部天竜、三河東郷、本長篠、豊川でありました。三河東郷では約18分停車しましたが、ほかは数分といった感じでした。
温泉に入る前、眠かったので、帰りは寝てつもりでしたが、温泉に入ったら眠いのが消えてしまい、結局ずっと起きていました。
外は真っ暗で何も見えず、大半の乗客は寝ていたようです。

三河東郷での運転停車中に朝、豊橋で購入した「壷屋浪漫弁当」を開封。中身は簡単に言えば幕の内弁当みたいなものでした。
DSCN05660.gif

DSCN05661.gif

この日は朝から比較的順調に来ていましたが、名鉄との共用区間辺りからなぜかノロノロ運転をし出し、終点の豊橋には約4分遅れて19時34分頃に到着しました。
DSCN05662.gif

そのまま乗り換えようと歩いていると、うどんのいい匂いがしてきたので、思わず寄り道。刻みあげがたくさん入ったきつねうどん、出汁は濃い目で美味しかったです。
秘境駅号の車内で見かけた人も何人か食べていました。
DSCN05663.gif

豊橋からは19時50分発、特別快速大垣行きに乗車しました。
順調に岡崎まで来たのですが、三河安城-東刈谷で踏切の遮断管折損とのことで業務連絡のため少々停車。
現場付近で停止、徐行でそろそろと通過したりしたため、一時は約4分程遅れていましたが、岐阜へ着く頃にはほぼ回復していました。

今回は前々から乗りたかった飯田線秘境駅号で秘境駅を廻ったわけですが、人が多すぎて秘境どころではなかったなぁというのが正直な感想でした。
機会があれば、今度は1人で普通列車にでも乗って今回巡った秘境駅をゆっくりと訪れてみたいです。

(おわり)
スポンサーサイト


2011年10月-11月 鉄道旅行 | 21:13:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。