■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南紀白浜温泉へ
間が開いてしまいましたが、この記事の続きです。

●12月18日(日)
この日は新大阪6時28分発、快速和歌山方面紀伊田辺行きに乗車して、紀伊半島へと向かいました。
新大阪から梅田貨物線を経由して、環状線、阪和線を通り、和歌山を越え、紀伊田辺まで直通する有り難い列車ではありますが、紀伊田辺から先がすぐにないのは難点です。
DSCN05837.gif

以前に貨物線目当てで天王寺まで乗った時は113系でしたが、最近になって車両が変更となったようで、この日は223系の0番台でした。
DSCN05845.gif

DSCN05840.gif

1人掛けと2人掛けの車両があるこの車両。1人掛けの座席は新大阪でほぼ埋まって発車しました。
まだ暗い中に新大阪を発車、梅田貨物線を通り、環状線へ入ります。
天王寺で空いていた2人掛けの座席もほとんど埋まり、阪和線へと入ります。通常の快速停車駅に停車し、和歌山へ7時48分に到着。

和歌山でドサッと乗客は降り、きのくに線へ入りました。
見習いでもいたのか、車掌さんが5、6人乗り込んできて、そのうちの1人が検札に来ました。
和歌山から先のきのくに線内は各駅停車。ここから紀伊田辺までが長かったです。
きのくに線内を走る普通列車はほとんどが223系に変わっていました。

終点の紀伊田辺には9時39分に到着。この先は10時53分発までないため、駅の周辺をうろうろとして時間をつぶしました。
とは言うもののそれほど時間をつぶせるようなところはなく、早々に駅へ戻り、こちらが紀伊田辺へ着く前から折り返しのため停まっていた10時53分発の車内で過ごしました。
DSCN05853.gif

発車すると、10分ほど、11時07分に白浜へ到着。白浜からは明光バスで南紀白浜温泉へと向かいます。
DSCN05858.gif

観光案内所で1,000円でバス乗り放題の「白浜YOU 遊パスポート」を購入しました。こういう切符は助かります。
コインロッカーに荷物を預けようとしたら、親切に観光案内所の人が走ってきて、17時までに帰ってくるなら、荷物預かりますよーっとのこと。
17時までに十分戻ってくる予定だったので預け、11時28分発の三段壁行きのバスに乗車しました。
DSCN05861.gif

時刻表上では7分でしたが、実際には10分ほどかかって古賀浦バス停に到着。
バス停から少し歩くと、例のシールラリーにも参加している「長生の湯」に到着。「ながいき」の湯ではなく、「ちょうせい」の湯と読むそうです。
DSCN05864.gif

まずはお腹が空いたので、隣接している「めん吉」で昼食としました。
DSCN05866.gif

名物のとんこつ醤油ラーメンと餃子をいただきました。ラーメンはすごい色をしたスープでしたが、美味しかったです。
DSCN05867.gif

DSCN05868.gif

DSCN05869.gif

そして昼食後に温泉へ。こじんまりとしたところでしたが、掛け流しだそうです。露天風呂はほとんど貸切状態でした。
DSCN05878.gif

DSCN05872.gif

DSCN05875.gif

(つづく)
スポンサーサイト


2011年12月-2012年2月 鉄道旅行 | 20:33:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。