■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2012年 元旦
1時間以上も初日の出を拝むためホームに立っていたので、体はすっかり冷えきってしまいました。
根府川からは7時28分発、普通電車東京行きで一旦、小田原まで戻り、小田原からは新年最初の乗りつぶしです。
新年最初の乗りつぶしは前々から目を付けていた伊豆箱根鉄道大雄山線としました。フリー乗車券等はないとのことで、普通乗車券を購入して8時00分発の大雄山行きに乗車です。
DSCN06296.gif

ワンマン列車かと思ったらちゃんと車掌さんが乗務していました。駅間が非常に短く発車したと思ったらすぐに駅に着いてしまいます。
列車は概ね12分おきに走っており、単線なので、行き違いの回数も多いです。

終点の大雄山からは大雄山最乗寺へ向かうバスが出ており、駅前は結構賑わっていました。
DSCN06297.gif

大雄山まで往復後は、小田原9時09発の熱海行きで熱海へと向かいました。

熱海到着後は温泉です。ちょうど例の温泉シールラリーに参加している温泉があったので、そこへ行ってみることにしました。
駅前は正月とあっていつもと何やら違う雰囲気、観光客も多く、テレビカメラも来ていました。
工事に伴い仮設の乗り場となっている駅前のバス停から10時10分発、七尾原循環に乗車しました。
DSCN06300.gif

温泉は線路の北側に位置し、急勾配と急カーブが続く道を走っていきます。
DSCN06301.gif

時刻表上では8分、実際には10分ほどで「伊豆山老人ホーム前」バス停に到着。運賃は220円でした。

ここから目的の「ハートピア熱海」まではパンフレット等によると徒歩5分とのこと。バスで上がってきた急勾配を歩いて下っていきます。
DSCN06302.gif

しばらく歩くと、先程、バスの中から見た看板が見えてきました。
DSCN06303.gif

日帰り入浴は10時30分からとのことで、すでに大勢の人が待っていました。数分早く、しばらく待ってから浴場へと向かいました。
内湯と露天風呂の両方あり、露天風呂の方が熱めといった感じでした。露天風呂は意外と人気がないようで、全体的にガラガラ、新年早々、貸切状態を味わいました。
DSCN06305.gif

帰りも「伊豆山老人ホーム前」からバスに乗車し、熱海駅へと戻りました。
DSCN06309.gif

2つめのバス停、「伊豆山神社前」からは初詣帰りの人が大勢乗り込んできてバスは満席、立ち席も出し、急カーブ、急な下り坂が続く道を通り、熱海駅へと向かいます。

熱海到着後はホームの立ち食いそばで昼食。久しぶりに熱海の駅の立ち食いそばを食べました。
DSCN06311.gif

この日は夕方までに帰らなければならないので、食べた後は、熱海から12:33発の普通列車島田行きに乗車して西進開始です。
DSCN06312.gif

3両とあって車内は満員、運転席後ろにかぶり付き、途中の興津まで行きました。
興津には13時32分に到着、興津からは興津始発の13時44分発の普通列車浜松行きに乗車しました。
島田行きにそのまま静岡や島田まで乗って行っても乗り継ぐ列車は結局、この興津始発の列車となります。

興津では40人程が降車、しかし大半は降りたホームでそのまま待機。あれっ?3番線からじゃないのか?と、不安になってホームの時刻表で確認すると、やはり3番線です。
どうやら3番線から発車するということは10人くらいの人しか知らなかったみたいです。
DSCN06313.gif

興津始発の普通列車浜松行きは6両編成。当然の如くガラガラでどこでも座れる感じでした。
発車して一眠りしようかとしようかと思ったところで突然急停車。どうやら踏切で直前横断があったとのことで停車したようです。
異常はなかったようで、安全確認後、5分ほど停車して運転再開しました。

静岡から先は大半の区間を寝て通り、遅れも回復して浜松へは定刻通り15時14分に到着しました。

浜松からは15時20分発の普通列車岐阜行きに乗車しました。
当初は豊橋で新快速に乗り換えるつもりだったのですが、せっかく岐阜行きならとそのまま岐阜まで乗り通すことにしました。
DSCN06314.gif

豊橋で12分、岡崎で10分、刈谷で5分、名古屋で9分と停車し、快速系統に道を譲り、のんびりと進んでいきます。いつもは快速でサッと通り過ぎてしまう区間だけに非常に長く感じました。

当然ながら乗客は早速、豊橋で入れ替わり、その後も退避駅ごとに乗客はだいたい入れ替わりました。
車掌さんは浜松から名古屋まで通しでしたが、途中、何度か車内巡回もしていたので、私のことをさぞかし暇な客だろうと思っていたことでしょう。
DSCN06315.gif

終点の岐阜には定刻通り18時17分に到着。到着後は元旦恒例のしゃぶしゃぶの会場へと向かいました。
DSCN06318.gif

(つづく)
スポンサーサイト


2011年12月-2012年2月 鉄道旅行 | 21:23:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。