■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
くしはら温泉 ささゆりの湯
久しぶりに最近の出来事を書きます。
先日の休みは、土曜日が1日フリーだったので、JR東海の青空フリーパスを使って湯めぐりへ出かけてきました。

岐阜を9時10分発の普通列車美濃太田行きで出発。車掌乗務の列車なので、旧型車を期待していたら、キハ11の3両編成でした。
DSCN06864.gif

終点の美濃太田には9時44分、4番線に到着、1番線から発車の10時06分発、多治見行きワンマン列車に乗り換えました。
発車2、3分前に岐阜寄りの留置線から入線。あっという間の発車でした。
DSCN06869.gif

美濃太田を出た頃は空いていたのですが、可児を過ぎた辺りから徐々に混み出し、多治見に到着する頃には立ち客も出ていました。
小泉で行き違った列車の遅れのため、終点の多治見には約3分遅れて10時37分頃に到着しました。

多治見からは10時43分発、セントラルライナー3号中津川行きに乗車、どうやら中央線が少しずつ遅れているようで、こちらも約3分遅れでした。
DSCN06870.gif

遅れは回復せず、終点の中津川にも約3分遅れて11時22分頃に到着しました。

到着後は、駅から歩いて5分ほど行ったところにある「すや」さんへ行き、「栗きんつば」を買ってきました。ホントは栗きんとんがよかったのですが、1月末で販売は終了したとのことで残念。
やはり有名な栗屋さんだけあって大きな栗が印象的で、きんつばもなかなかいけました。

駅へ戻り、中津川駅ホームにある立ち食いそば、根の上そばで昼食としました。
DSCN06871.gif

天ぷらそばをいただきました。細い麺に濃い目の出汁が特徴です。
いつもは器が持てない程、熱いのですが、この日はそれほど熱くありませんでした。
DSCN06874.gif

DSCN06876.gif

中津川からは12時13分発、快速名古屋行きで2つ手前の恵那まで戻り、明智鉄道に乗り換えます。
DSCN06879.gif

明智鉄道では1日1往復しかない、恵那12時45分発の急行大正ロマン号に乗ってみました。この日は1両でしたが、日によっては食堂車が連結される日もあるようです。
DSCN06883.gif

DSCN06882.gif

急行大正ロマン号は恵那を出ると、阿木、岩村の2つしか停まりません。
といってもメチャクチャ走るわけではなく、長い急勾配を30キロ~40キロくらいの速度でゆっくり登って行きます。ただ駅に停まらないというだけで、所要時間は普通列車とさほど変わりません。
車内放送でも言っていましたが、この急行、「日本一のんびり走る急行」だそうです。
DSCN06886.gif

1両の列車でほぼ座席が埋まるくらいの乗車率でしたが、大半の乗客は岩村で下車。明智まで乗っていったのは10人くらいでした。

終点の明智には13時38分に到着。駅前を13時50分発の恵那市自主運行バスでささゆりの湯へと向かいます。
DSCN06889.gif

DSCN06898.gif

駅前を出ると、国道363号~県道11号~県道403号を経由して串原へと入っていきます。
全体的に山道ばかりで、県道403号は峠道になっており、恵那で8℃だった気温は3℃にまで下がっていました。

バスは定刻の14時13分より少し早くに標高464メートルの終点、ささゆりの湯へ到着。運賃は400円。
明智駅前から乗った1人は串原へ入ったくらいのところで降りていってしまい、温泉まで行ったのは私1人でした。
DSCN06904.gif

内風呂と露天風呂があり、温度は全体的にちょうどいい具合かちょっとぬるめ。
露天風呂は内風呂とは少し離れており、廊下を伝って行き来します。この露天風呂は人も少なく、まわりは山ばかりなので大変静かで、また、ぬるめのお湯なので、結構、長湯をすることができました。

1時間程、内風呂や露天風呂に浸かった後は、レストランで五平餅をいただきました。タレは薄め、他所で食べる五平餅とはちょっと違った感じでしたが、美味しかったです。
DSCN06902.gif

帰りはささゆりの湯を16時43分発のバスで明智駅前へと戻ります。この便が本日最終便だそうです。
温泉から乗ったのは私1人でしたが、串原事務所で1人、若い女性が乗ってきました。
DSCN06909.gif

結局、その後は誰も乗ってこないまま、終点の明智駅前へ17時05分頃に到着。駅前はシーンとしていました。
※写真は昼の明智到着時に撮影
DSCN06887.gif

もう陽が暮れ掛けていた、明智からは17時23分発、恵那行きに乗車しました。乗客は8人だけで静かなものでした。
車庫から駅員の誘導によってホームの停止位置まで入ってきます。
DSCN06915.gif

DSCN06916.gif

途中、岩村でドサッと乗ってきて、座席はほぼ満席。岩村を過ぎると、すっかり真っ暗になり、もう景色を見るのは難しくなりました。

終点の恵那には18時11分に到着。ほぼ同時に18時16分発の快速名古屋行きが入線。「しなの」退避の後に発車です。
DSCN06921.gif

列車は8両編成、幸いにも恵那で座ることができたので一安心。
そのまま終点の名古屋まで行き、19時18分到着、名古屋からは19時30分発の新快速米原行きに乗り換え、岐阜には19時50分に到着しました。

同じ岐阜県とはいえ、片道3時間はちょっと遠かったですが、ローカル列車やバスを乗り継いでの湯めぐりは面白いのでなかなか止められません。
あと岐阜県は残り19湯、まだまだローカル列車やバスを乗り継いで行けそうなところがいくつかあり楽しみです。

(おわり)
スポンサーサイト


温泉シールラリー2011-2012関係 | 22:19:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。