■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
抑止、打ち切り、バス代行へ
直江津では約21分の長時間停車の後、6時17分に発車です。
DSCN07061.gif

発車直前に、2時間程遅れていた、大阪行きの寝台特急「日本海」が到着したようで、その関係か、発車が2分ほど遅れました。

記憶では、前回乗車したときは直江津発車後、この先の停車駅と到着時刻の案内などがあったはずですが、この時は「急行きたぐに新潟行きです」ということ、「次は柿崎に停まります」くらいの非常に簡単な放送でした。
最終的にこの後、柿崎で2時間程抑止された後、打ち切りとなったのですが、この時点で予告のようなものはありませんでした。

抑止の前兆のような放送があったのは柿崎到着時の放送でした。
それは「本日はお出口は左側になります」という何気ないものでしたが、このときは何でかなー?くらいにしか思っていませんでした。

が、その後すぐに、次のような内容の放送が入りました。

「お客様にお知らせとお詫びを申し上げます。先程入りました情報によりますと、昨日からの長岡駅付近、大雪の影響により、只今、下り線の除雪作業を行っております。そのため、この列車は柿崎駅を発車することが出来ませんので、柿崎駅にてしばらく運転を見合わせます。ご利用のお客様には列車が遅れますことを深くお詫びいたします。また新しい情報が入りましたら、この放送にてご案内をいたします」

まさかの抑止宣言です。全くの想定外でした。

ホーム上は雪が積もっているので、なるべくホームには出ないようにとのことでしたが、皆、ここぞとばかりにホームに撮影に出ます。
確かにしっかり雪は積もっていました。
DSCN07067.gif

DSCN07071.gif

DSCN07074.gif

ホームで見ていると、車掌さんに運転再開の見込みや、払い戻しについてや、新潟からの乗り継ぎ列車のことを尋ねる人が次々に来ており、対応に追われていました。
車掌さんも「せめて長岡まで行ければいいんですが・・・」とおっしゃっていました。
DSCN07079.gif

DSCN07081.gif

抑止から1時間が経過した頃、再び、車外へ出ると、ちょうど駅の放送がかかっていました。それによると、運転再開は昼過ぎになるとのこと。
ここまで来ると、もう正直、どうにでもなれという感じでした。
DSCN07083-2.gif

DSCN07087.gif

改札へ行くと、運転再開を待つ大勢の高校生がおり、また、次のような内容の案内が出ていました。

「長岡地区大雪のため、現在、上り列車が越後岩塚ー塚山間で、下り列車が越後広田駅で雪をかかえて停車しています。そのため、2番線に停車している急行きたぐにも発車の目処が立ちません」

時折入る車内放送も内容は同じようなものでした。
DSCN07091.gif

そして抑止から2時間が過ぎた8時40分頃、突然、次のような放送がかかりました。

「お客様にお知らせとお願いをいたします。長岡駅まで柿崎駅から代行バスを運転いたします。高速道路を経由して長岡駅まで直行いたします。また長岡駅より先につきましては上越新幹線に便宜乗車となります。恐れ入りますが、お荷物を全てお持ちになりまして駅の方へお越し下さい、現在、順次バスが到着しております」

突然のことで皆、びっくりでした。

言われる通り、大急ぎで荷物をまとめて改札へと向かいます。打ち切りとなった「きたぐに」、何とも名残惜しかったです。
まさか途中で打ち切られるとは夢にも思いませんでした。
DSCN07095.gif

駅の外へ行くと、2台のバスが待機しており、順次、「きたぐに」の乗客が乗り込んでいました。
すでにほとんどの席が埋まっており、私を含め、数十人の乗客が駅の前にいました。運転士さんによると、あと1台、少し遅れてくるので、お待ち下さいとのこと。
DSCN07096.gif

と、そこへ、「1組ずつあと4名様くらいなら相席で座れます」と案内があったので、先に停まっていたバスに乗り込みました。
長岡までの所要時間を尋ねている人がいましたが、道路状況が分からないため、全く検討が付かないとのこと。不安な気持ちでバスに乗り込みます。
DSCN07097.gif

DSCN07101.gif

運転士さんによると、3台同時に出るので、もう少しお待ち下さいとのこと。
結局、バスに乗り込んでから20分ほどが経過した9時10分頃になってようやく3台目が到着しました。

そして9時20分頃から順次、3台のバスは長岡駅に向けて発車していきました。
柿崎駅から10分ほど走ったところで、北陸自動車道の柿崎インターへ到達。長岡までは53キロと出ていました。
道路はほとんど除雪してありましたが、所々、凍っているようなところもありました。

高速道路を走ること、35分程、関越自動車道の長岡インターへ到達。柿崎に比べ、長岡は道路にもしっかり雪が残っているところもありました。
とりあえず何とか長岡へ入ることができたものの、ここから駅までどのくらい離れているかは分からないので気が抜けません。

幸いにもしばらく走ると、「長岡駅」を案内する看板が出ていました。どうやら長岡もインターから駅まではそれほど離れていないようです。

結局、代行バスは10時25分頃に長岡駅に到着。が、何やら運転士さんが電話で連絡を取り合っています。
どうやら、駅員さんがいないので、確認をしていたようですが、駅の方がバタついているようで、すぐには向かえないとのこと。
降りた場所でそのまま待っていても、駅の方へ直接行っても、どちらでもよいとのことでしたが、寒いので、とりあえず駅へと向かいます。
DSCN07102.gif

(つづく)
スポンサーサイト


2011年12月-2012年2月 鉄道旅行 | 21:03:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。