■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
延羽の湯 羽曳野本店
食べた後は一旦、乗りつぶしは中断して、温泉へと向かいます。行き先は羽曳野市にある「延羽の湯 羽曳野本店」です。
ここもシールをやっているところで、大阪府は残り1湯だけでした。

古市から送迎バスが出ているとのことで、鶴橋から地下鉄を乗り継いで天王寺、そこから徒歩連絡で阿部野橋、近鉄電車に乗って古市へと向かいます。
DSCN07417.gif

バスは1時間に1本、あるいは2時間に1本と少なく、行きにくいといえば行きにくいところです。
駅から乗り場まで少し離れているとのことで少し余裕を持って行くと、4、5人が早くも待っていました。定刻通りの14時11分にバスは到着です。
DSCN07418.gif

行きは国道を経由して行くので15分くらい掛かって到着です。
「延羽の湯」は鶴橋にもあり、こちらは秋頃にすでに制覇済み。鶴橋と比べると、やはり郊外だけあってか、露天風呂も広めでした。
露天風呂には掛け流し風呂があり、こちらはぬるいというより、冷たいくらいでしたが、不快感はそれほどなく入れました。
DSCN07420.gif

入っているうちに雨が降り出しましたが、帰る頃にはほぼ止んでいました。帰りは16時00分発の送迎バスで戻りました。
温泉の向かい側にはパチンコ屋さんがあり、そちらにもバスは寄って帰ります。
DSCN07424.gif

送迎バスの古市バス停は行きに乗ったところと同じのため、行き帰りでルートが違い、帰りの方が早く着きました。

古市からは近鉄の急行で阿部野橋へと移動します。
DSCN07426.gif

阿部野橋到着後は、徒歩連絡で天王寺、谷町線で谷町9丁目と向かい、千日前線の乗りつぶしの続きをしました。
谷町9丁目からは南巽へ。地上は街中で、国道が走っていました。
DSCN07429.gif

南巽からは一気に反対側の終点、野田阪神まで行きます。
DSCN07431.gif

野田阪神到着で大阪市営地下鉄は完乗。
大阪の地下鉄は何度かに分けて2年くらい掛けて乗りました。
「乗りつぶし」として乗る前に少しずつ乗っていた路線もあり、路線名は知っていても、終点までは知らなかったりと、それなりに楽しめました。
これで残る地下鉄は東京と横浜だけになってしまいました。
DSCN07432.gif

1つ手前の玉川まで戻った後は、近くで夕食を済ませ、環状線の野田へ徒歩移動し、大阪へと移動。ほぼ計算通りの時間となりました。

大阪からは帰途ではなく、翌日に備え、豊橋へ移動です。
DSCN07433.gif

予定通り19時00発の新快速京都方面米原行きに乗車しました。米原行きとはなかなか新快速にしては珍しいです。
いつものように運転席の後ろでかぶり付きです。見ていると、前方の信号が突然、青→黄→赤→青に変わったりとなかなかスリルありました。
DSCN07434.gif

終点の米原には定刻通り20時25分に到着。米原は雪がちらついていました。

米原からは20時31分発、新快速豊橋行きに乗車しました。
前の方は混んでおり、最後部車両ながら着席です。これで岐阜を通り越して、一気に豊橋まで向かいます。
DSCN07437.gif

混んでいたのは名古屋まで、名古屋からも日曜日の夜とあってかそれほど乗ってこず、隣も誰も座ってきませんでした。

終点の豊橋には定刻通り22時35分に到着。この日は豊橋で宿泊となりました。
DSCN07439.gif

(つづく)
スポンサーサイト


2012年3月-4月 鉄道旅行 | 22:01:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。