■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最後は高山ばかり
温泉シールラリー、5月26日現在で、残っていた5湯のうち4湯は高山でした。

まず5月27日(日)はクルマで「ひだ荘川温泉 桜香の湯」へ。
東海北陸自動車道荘川インターすぐ横にある道の駅併設の温泉でこれまで何度か通ったこともあれば、入ったこともありましたが、シールはまだでした。
DSCN08855.gif

肌触りのよい気持ちのいいお湯でしたが、前日、日焼けしたこともあって、湯に浸かると、ヒリヒリして仕方ありませんでした。
DSCN08856.gif

*****

続いて6月1日(金)、2日(土)は、急遽、平日を入れての休みが取れたので、思い切って泊りがけで高山へ行き、2湯片付けてきました。
1日(金)は岐阜から6時54分発の高山線の飛騨古川行きに乗車して北上しました。
DSCN08860.gif

美濃太田までは通勤客でかなりの混雑していましたが、美濃太田で混雑は一気に解消。
下呂を過ぎると、2両目は私1人だけ。1両目も10人も乗っておらず、一番少ない時は4人しかいませんでした。

久々野付近、この時期らしい風景があったので撮ってみました。
DSCN08874.gif

終点の飛騨古川の1駅手前の飛騨国府で下車し、国府駅前からは『のらマイカー』で「四十八滝温泉 しぶきの湯」へ行ってきました。
DSCN08878.gif

DSCN08882.gif

湯自体は癖がなく、気持ちのいいお湯でした。
DSCN08888.gif

往復利用したこの『のらマイカー』は平日しか運行していないため難しいところです。行きは途中で1人乗ってすぐ降りていきましたが、帰りは最初から最後まで私1人でした。
バスは行きはマイクロバスタイプでしたが、帰りは路線バスタイプで、このバスは夜には高山の駅前付近を走っていました。
DSCN08898.gif

帰りは列車の時間がうまく合わなかったため国府駅前からは濃飛バスで高山へと帰ってきました。
30分程時間がありましたが、バス停には立派な待合室があったので、そこで高山行きのバスを待ちました。
DSCN08902.gif

DSCN08909.gif

この日は高山で宿泊、これまで乗ったことのなかった、さるぼぼバスとまちなみバスに乗ってみました。
平日の夕方とあってか、16時00分発のさるぼぼバスは最初から終わりまで私1人だけ、17時00分発のまちなみバスは途中で1人乗ってきただけでした。
DSCN08925.gif

DSCN08913.gif

全体的にはいい天気でしたが、昼過ぎから雨がザーッと降ったり、陽が指しているのに雨がパラパラしたりと変な天気でした。

*****

翌日の2日(土)は、飛騨古川で行なわれる、さわやかウォーキング開催に伴う臨時列車が高山8時45分発にあったので、それを利用して飛騨古川へ。
当初は美濃太田からこれに乗ろうと思っていました。

見た感じ、高山で皆、入れ替わってしまい、高山からも5人くらいしか乗っておらず、ちょっと拍子抜けでした。

古川駅前からは9時20分発の飛騨市巡回バスで「すぱーふる 桃源郷温泉」へ行ってきました。この9時20分発に乗るのは岐阜からでは不可能です。
DSCN08949.gif

巡回バスは古川駅前と市役所で合わせて4人乗車しましたが、皆、温泉で降りてしまいました。
古川の駅から温泉までは恐らく15分か20分くらいで行けると思いますが、バスは集落の奥の方まで寄りながら走るので結構時間かかります。

それでも10時オープン10分前に到着。外観の写真を撮ったりして、10時のオープン同時に入館。オープンしてしばらくは混んでいましたが、1時間もするとだいぶ空いてきました。
露天風呂はこじんまりとしたものでしたが、ほとんど貸切状態。お湯の肌触りもよく、家に帰ってからも肌が張ったような感じが続きました。
DSCN08967.gif

DSCN08970.gif

帰りも飛騨古川までは飛騨市巡回バスで戻りました。
温泉までは誰も乗っていませんでしたが、温泉から4人乗車、以前、神岡から乗り通した時もこんな感じだったのを思い出しました。
DSCN08977.gif

古川駅前では反対回りの巡回バスと並んでいました。
DSCN08981.gif

飛騨古川からはさわやかウォーキングに伴う臨時列車で高山まで戻りました。
車両は行きとは違いワンマン車の2両編成、運転士さんと車掌さんは同じ人、10人くらいしか乗っていませんでした。
DSCN08984.gif

高山からは初めて濃飛バスで岐阜まで帰ってきました。東海北陸自動車道はクルマで走っているのとは違い、バスの中から見る景色は新鮮なものでした。
DSCN08996.gif


以下メモ
●6月1日(金)
岐阜6:54(高山線飛騨古川行き)→飛騨国府10:31
国府駅前10:47(のらマイカー国府宇津江線)→しぶきの湯10:59
しぶきの湯13:20(のらマイカー国府宇津江線※宇津江団地、山本、鶴巣、福祉の里経由※)→国府駅前13:45
国府駅前14:18(濃飛バス高山濃飛バスセンター行き)→高山濃飛バスセンター14:47

高山濃飛バスセンター16:00(さるぼぼバス)→高山濃飛バスセンター16:44
高山濃飛バスセンター17:00(まちなみバス左回り)→高山濃飛バスセンター17:32

●6月2日(土)
高山8:45(高山線臨時列車飛騨古川行き)→飛騨古川9:02
古川駅前9:20(飛騨市巡回バス東回り)→すぱーふる 桃源郷温泉9:49
すぱーふる 桃源郷温泉13:06(飛騨市巡回バス西回り)→古川駅前13:35
飛騨古川13:40(高山線臨時列車高山行き)→高山13:57

高山濃飛バスセンター15:10(高速岐阜行き)→名鉄岐阜17:10

※2012年6月15日更新※
スポンサーサイト


温泉シールラリー2011-2012関係 | 19:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。