■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伊豆へ
●4月8日(日)
前日は早々に寝たのでよく寝れました。
ホテル出発し、大井町からは6時52分発、京浜東北線各駅停車大宮行きに乗車して、まずは東京へと向かいました。

東京へは7時06分に到着。

この日は乗りつぶしはやめて伊豆方面へ行くことにし、急いで朝食とグリーン券を購入して、東京からは7時24分発、東海道線普通電車の伊東行きに乗車しました。
東京7時24分発の伊東行きは185系を使用する普通列車として有名で、前々から一度乗ってみたいと思っていた列車です。
DSCN07988.gif

DSCN07989.gif

車内放送や駅の放送では、「この列車は特急型車両を使用していますが、普通列車として運転いたします普通乗車券、定期券、回数券などでご利用頂けます」と案内がされていました。
DSCN07990.gif

普通列車と同じく51キロ以上であれば750円払えばグリーン車に乗れます。
ただ、他の普通列車と違うのはグリーンアテンダントの乗務はなしで、普通の車掌さんが終点の伊東まで乗務して、車内改札等を行なっていました。
DSCN07993.gif

グリーン車はガラガラでしたが、普通車はかなり混雑していたようで、「本日は大変多くのお客様にご利用頂いているため混雑しており、ご迷惑をおかけいたしております」などとお詫び放送がありました。

特急型車両だけあって座席と座席の間がいつもの2階建てグリーン車に比べてメチャクチャ広く快適でした。
DSCN07994.gif

DSCN08010.gif

品川や横浜といった主要駅を発車したところで朝食。東京駅を歩いていたら、カツサンドが目に付き、結構買っている人もいたので購入しました。
DSCN07996.gif

DSCN08000.gif

途中、根府川では特急列車の通過待ちのため小休止。
が、東海道線平塚駅構内にて、お客様が線路に立ち入ったため、通過待ちの特急列車にも遅れが発生したとのことで、約9分遅れて根府川を発車です。
DSCN08008.gif

そのまま約9分遅れたまま熱海へ到着し、運転士さんは交代して伊東線へ。
伊東線の列車も少しずつ遅れてきて、結局、終点の伊東へは8分ほど遅れて9時57分頃の到着となりました。
DSCN08012.gif

伊東からは10時06分発、伊豆急行線、普通列車の伊豆急下田行きに乗車して南下していきます。こちらはほぼ定刻通りでした。
DSCN08016.gif

この日は天気もよく車窓からは海がきれいに見えました。
終点の伊豆急下田へは11時20分に到着、東京から近そうですが、普通列車ばかりを乗り継いで4時間かかりました。
DSCN08021.gif

そのまますんなり戻るのもつまらなかったので、この後は下田ロープウェイで寝姿山へ行ってみることにしました。
パンフレット等によると、この寝姿山とは、下田市内から見上げた時に、その山の形がまるで女性が仰向けに横たわっているかのように見えることから、名づけられたそうです。
駅を出てすぐのところにロープウェイ乗り場はありました。
DSCN08024.gif

山頂駅(寝姿山駅)までの所要時間は約3分、運賃は往復で1,000円、ロープウェイは15分おきに出ており、途中ですれ違う仕組みになっています。
11時45分発のロープウェイで山頂駅へと行ってみました。
DSCN08025.gif

約3分で山頂駅へ到着。ここから少し歩いて「寝姿展望台」まで行ってきました。
DSCN08035.gif

DSCN08029.gif

帰りは12時00分発のロープウェイで山麓駅(新下田駅)へと戻ります。帰りのロープウェイからは下田市内を見下ろすことができました。
DSCN08036.gif

DSCN08038.gif

下田の駅へ戻ってからは昼食。「しらす丼」というものを食べてみましたが、私には今ひとつといった感じでした。

(つづく)

※2012年6月23日更新※
スポンサーサイト


2012年3月-4月 鉄道旅行 | 11:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。