■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
被災地 女川へ
終点の渡波へは8時25分に到着し、駅前からは8時30分発の列車代行バスへ乗り換えです。
石巻からの列車で乗っていた高校生も皆、用意されていた3台のバスに乗り込んでいきました。

バスはJR東北バス3台使用、私は2台目に乗車、車内は高校生しか見当たりませんでした。
DSCN000485.gif

DSCN000483.gif

DSCN000487.gif

行きは海側の座席に座ることができませんでしたが、所々で津波の跡が見えてきました。
高校生は終点の女川の1つ手前、浦宿で皆、降りてしまい、大きなバスには私1人だけ取り残されてしました。

ここから終点の女川までの最後の1区間はまだまだ震災の爪跡が誰が見てもはっきりと分かるように残っており、道路も所々、工事中でくねくねと曲がっていました。
また津波の被害で更地になっているところも多く見られました。
DSCN000488.gif

DSCN000489.gif

DSCN000539.gif

運転士さんの話によると、この辺りの更地が女川駅だったとか。
DSCN000495.gif

女川駅は津波で流されてしまったので、高台にある女川運動公園が終点となっています。
降りがけにスタフを見てびっくり。代行バスは古川営業所のバスのようで、到着したバスはこれから1時間40分かけて帰っていくようでした。。
えっ??って感じでした。
DSCN000559.gif

到着後は、今、バスで登って来た道を下まで降りてみます。道路は工事用車両が行き交っており、歩いている人はほとんど見かけませんでした。

これは警察署だったそうです。
DSCN000531.gif

DSCN000500.gif

DSCN000504.gif

他は何か全く分かりません。見るも無残なものばかりです。
DSCN000511.gif

すでに建て直したのか被害がなかったのか、1つだけ無傷になっているような建物がありました。何かの公社のようです。
DSCN000512.gif

DSCN000514.gif

DSCN000517.gif

DSCN000527.gif

DSCN000529.gif

広い更地です。
DSCN000532.gif

DSCN000533.gif

まだまだがれきの山が残っています。
DSCN000540.gif

これで30分ほど歩いてきました。この後はバス停がある高台の女川運動公園へと戻ります。外は暑く、もはや汗だくになっていました。
DSCN000547.gif

DSCN000550.gif

女川町の仮設庁舎です。
DSCN000553.gif

こちらは仮設住宅。実際には初めて見ました。
DSCN000562.gif

帰りは10時05分発の渡波行きの列車代行バスで来た道を戻ります。帰りは一番前の海側の座席に座ることができました。
高校生もいないのでバスは1台のみ。乗客は女川発車時点では10人もいませんでしたが、各駅で5人ずつくらい乗車。
ほとんどはショッピングセンターがある渡波の1つ手前、万石浦で降りて行きました。
DSCN000572.gif

浦宿付近からは海沿いにある線路と並行して走っていきます。こちらも見るも無残な状態です。
こうやって見ると、列車はかなり海に近いところを走っていたことが分かります。
DSCN000583.gif

DSCN000584.gif

DSCN000588.gif

DSCN000593.gif

終点の渡波へは10時29分に到着。石巻方面へはここで列車に乗り換えです。
DSCN000595.gif

行きは5分しか乗り換え時間がありませんでしたが、帰りは少し時間があって8分後の10時37分発の小牛田行きに乗り換えます。
DSCN000602.gif

石巻へは10時48分に到着。この後はB-1グランプリにも出た「石巻焼きそば」を食べるため移動です。

(つづく)
スポンサーサイト


2012年7月-9月 鉄道旅行 | 21:33:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。