■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
四国乗りつぶし 2日目(3)
奈半利からは土佐くろしお鉄道の阿佐線(ごめん・なはり線)に乗車します。
土佐くろしお鉄道と聞くと、高知県の窪川から宿毛の中村・宿毛線のイメージが強いのですが、それもそのはずで、まだ2002年に開業したばかりの新しい路線だそうです。30年以上前に着工したものの工事凍結などでかなりの時間を要して造られたようです。
予断ですが、開業前にこの車両が製造元の栃木県の富士重工業から3日かかりで甲種回送され、名古屋地区を休日の昼間に通っていったことから撮りに行った記憶があり、名前はその頃から知っていました。
034.gif

土佐くろしお鉄道のロゴマークです。
036.gif

この路線には至る所に高知県出身の漫画家やなせたかしがデザインしたイメージキャラクターが付けられています。奈半利駅のイメージキャラクターは「なは りこちゃん」となっています。
035.gif

奈半利から乗車した列車は途中の安芸から快速列車となるので、第3セクターも普通列車での完乗を目指している自分は安芸で下車し、安芸始発の普通列車に乗り換えました。
快速はそこそこ乗っていましたが、普通列車はガラガラでした。
沿線は大半が高架でしたが、そこから見える太平洋の景色はよかったです。

終点の後免駅です。この駅のイメージキャラクターは「ごめん えきおくん」です。
なお、阿佐線内から概ね1時間に1本、土讃線を経由して高知まで直通する快速列車もあります。
037.gif

なお、この後は後免からは土讃線で高知へ行くことはせず、折り返しの列車で1つ手前の「ごめん まちこさん」の後免町まで戻ります。
後免では謝っていましたが、後免町では「ありがとう」と言っています。
038.gif

後免町は土佐電気鉄道との乗り換え駅となっています。
039.gif

土佐電気鉄道は後免町(ごめん)から高知市中心部のはりまや橋を経由して伊野(いの)までのを結ぶ御免線と伊野線、はりまや橋で交差して東西を横断する桟橋線の3路線があります。
後免町と伊野を合わせて、「ごめんごめんいいのいいの」と洒落ています。
なお、総延長は25キロで、路面電車では広島電鉄に次いで2番目に長く路線を持っています。

なぜかこの御免線の後免町から文殊通が未乗となっていたので、この区間を乗りつぶしつつ高知市内へと向かいました。
土佐電鉄の主力車両、600型です。この塗装が標準塗装のようです。結構、この塗装、自分は気に入っています。
040.gif

先頭には方向幕の他にこのような方向板が使われています。
041.gif

御免線は併用軌道の区間と鉄道線の区間が入り混じっています。
文殊通まで来ると列車の本数も多くなり、次々にやってきます。
042.gif

そして高知市中心部のはりまや橋電停で下車します。もう辺りは薄暗くなってきました。
このはりまや橋電停があるはりまや交差点は四方からの路面電車が十字で交差していることもあり、かつては「東洋一の交差点」とも言われたほどだそうです。
今でも高知市内では交通量が一番多い交差点だそうです。
0043.gif

043.gif

ここから高知駅前までは800メートルほどなので歩いて駅前へと向かいます。
有名なはりまや橋です。
044.gif

と、ここでなんと岐阜から移籍した591号を発見!移籍してから2度目の再会でした。
この赤一色の車両は結構目立ちます。
045.gif

一旦ホテルへ荷物を置きに行き、夕飯を食べて、再び高知駅前の辺りを歩いていると、先程の591号を再度目撃!
せっかくなので、桟橋線の終点、桟橋通五丁目まで往復乗ることにしました。
046.gif

名鉄時代と変わらぬ車内です。帰り、桟橋通五丁目からは私1人の貸切でした。
047.gif

名鉄時代と特に目立って変わったところといえば、後ろよりの扉を左右どちらか1箇所が撤去されて、2扉車化されてたことでしょうか。
048.gif

往復した後はホテルへ戻り、翌日に備えました。

(つづく)
スポンサーサイト


2010年春以前 鉄道旅行 | 22:54:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。