■プロフィール

ケン坊

Author:ケン坊
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

2009年6月12日~

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
四国乗りつぶし 4日目(2)
いつもご覧頂きありがとうございます。
今日、カウンター設置から1000アクセス達成しました。
私が見たときにはすでに1001になっていましたので、1000はどなたが踏まれたんでしょう・・・?

さて郊外電車に乗った後は松山市駅前からこれに乗車しました。
0078.gif

この「坊ちゃん列車」は夏目漱石の小説『坊っちゃん』の中で、マッチ箱のような列車と表現されており、これを基に復元したそうです。
ただし、市内を走ることもあり蒸気機関車ではなく、ディーゼル機関車を使用しています。

まず松山市駅にはこのような形で到着しました。(写真は発車待ちのときのものです。到着時は撮れませんでした)
0079.gif

最初に機関車を切り離します。
0080.gif

どうするかと思いきやなんと手で機回しをします。
0082.gif

0081.gif

次は客車の機回しを何人かで行ないます。
0083.gif

0084.gif

次から次へと市内電車が来るため、他の列車の支障にならないようにこれらの作業がほんのわずかの時間で行なわれていました。
そして奥へ引っ込めて客扱いをします。ここで発車まで20分ほど停まっていました。
その間、このように市内電車との並びもあります。
次から次へと市内電車が来るため、なかなか編成を入れてゆっくりと写真を撮るのは難しかったです。
0085.gif

0085-2.gif

1Dayチケットを持っていると、この「坊ちゃん列車」には100円の追加料金で乗れるので、道後温泉まで乗ってみました。
車内はマッチ箱のように狭かったです。
0086.gif

道後温泉に到着です。
0087.gif

道後温泉まで乗った後は市内電車に乗り、先回りして撮影です。
次の松山市駅前からの「坊ちゃん列車」は2両で来ました。
0088.gif

それからしばらくして、先程、道後温泉まで乗っていった列車が戻ってきました。
0089.gif

この後は市内電車に乗り、松山駅前へと向かいます。
それにしてもこの「坊ちゃん列車」、なかなか面白かったです。

(つづく)
スポンサーサイト


2010年春以前 鉄道旅行 | 21:44:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。